僕の歩く道 第十話

「子供がいたら離婚しなかった夫婦がいたんだ・・・斎藤って言うんだけど。

いやいや、河原さんっていう人でしょ。

全国の斎藤さん夫妻に失礼ですよ、河原さん(苦笑)

でもねえ、河原さんとこの場合、子供のせいじゃないと。
どっちにしても離婚されてたと思います。
だから都古ちゃんにも逃げられわけで。

今は辛くてきついと思いますが、早めに見切りをつけた方が将来の為には良かったと思える日が必ず来ます(断言)

それにしても、じゃがいもが転がったせいで、都古ちゃんの中でも、人生が大きく転がったんだ。
スーパーに行くときは気をつけなくっちゃ。

旦那のせいで、とうとう不眠症になった都古ちゃん。
家を飛び出してからも、眠れない。
安心して眠れる場所を探して、絶対に会いたくないと思っていたお母さんのところに行こうとまでしましたが・・・
娘の話なんて何も聞こうとしないお母さん。


そんな都古ちゃんが三秒で爆睡した場所、それがテルの隣。


さてさて、大竹家。

テルはロードレースに出たい。

「出たい、出たい出たい。」

お兄ちゃんとりな 反対。

お母さんに甘えたかったりなちゃんと、テルのせいで嫌な思いをしてきたお兄ちゃん。
テルのことが一番のお母さん。

しかし、この家族は素晴らしいと思います。
なんだかんだ言いながらも、それぞれがみんなを思いやって生きてます。

りなちゃん、あっぱれです。
先生に話が出来て良かったね。

お兄ちゃんも、お母さんに自分が辛かったことを告白して、妹のことを思って話をして。

家族だからこそ、そうすぐに何かが変わるわけではないと思いますが、これからはりなちゃんもお母さんと心から話が出来るのではないかと思います。
お兄ちゃんも、テルに当たったりしちゃったけど、ちゃんと自分で謝れたし。
テルもお兄ちゃんの優しさを理解しているし、この家族が崩壊することはないんじゃないかな。

「お兄ちゃんが手を引いてくれた。ありがとう。」
テルにこう言われたら、これはもうレース応援してあげるしかないですよね、お兄ちゃん。

けどねえ、お兄ちゃんも本当は分かってると思ったけど、お兄ちゃんが苛められたのって、テルのせいじゃないんだよね。
苛めた人間や、先生の人間性の問題であって。


来週で最終回、早いなあ・・・
「マラソン」はまだ見てないんですが、最近剛君を見るとチョ・スンウを思い出し、チョ・スンウを見ると剛君を思い出します(笑)
でも、予告を見たら「裸足のギボン」シン・ヒョンジュンの映画を思い出しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月13日 00:49
河原も都古の母も
人からどう見られるかで幸せを確認できない人なんでしょうね。
そういう生き方って自分と一緒に住む家族の事を全く見てくれないのでしょうね。

今回は「親に対する甘え」が鍵になっていたようで。
本当は秀治も親に心配かけたかったのでしょうね。
甘えたかったのでしょうね。

でもねぇ、30過ぎたらそれも出来ないんですよねぇ(経験談)


最後のシーンはテルらしくないけど
テルらしくないからこそグッとくるものがありました。
都古にとってテルは安心できる場所だったように
テルにとっても都古は安心できる場所なんでしょうね。
2006年12月13日 15:38
都古に安心して眠れる場所があって、良かったですね(´∪`*)
それが輝明の側で、なんだか嬉しい気がします。

河原にも、もうそろそろ成長していただきたいものですね。
2回も嫁に逃げられたら、さすがに何か変わるといいのですが・・・。

>それにしても、じゃがいもが転がったせいで、都古ちゃんの中でも、人生が大きく転がったんだ。
>スーパーに行くときは気をつけなくっちゃ。
私の人生は何が転がった時に、大きく変わるのかなぁ?
いろいろ転がしてみるかっ(笑)
meihua
2006年12月13日 22:04
ikasama4さんへ

人からどう見られてるか、他人基準の幸せで、自分の幸せは量れないと思うのですが・・・それが幸せのカタチだと思い込んでる河原さんと、都古ちゃんのお母さん、自分達はいいかもしれないけど、一番身近な人の悲しみに気づくことも出来ない。うーん、切ないです。

>今回は「親に対する甘え」が鍵になっていたようで
そうですね。
お兄ちゃんもきっと甘えたかったんだと思います。
お嫁さんは怒鳴られて、とばっちりって感じでしたけど(苦笑)
お母さんに甘えられなくても、お嫁さんに少しくらい自分の気持ち吐き出してもいいんじゃないかな。その後、きちんと話し合えば。
meihua
2006年12月13日 22:08
にな様へ

>それが輝明の側で、なんだか嬉しい気がします。
ホント、見てるこっちが「ふふふっ・・・」って感じに嬉しかったです。

>河原にも、もうそろそろ成長していただきたいものですね
ですね~
彼の場合懲りないというか、気づけない。「俺の何が悪かったんだ!」とか言いそう・・・な気がします。
しかし、もう二度目だしいい加減自分の非に気づこうよ。

>いろいろ転がしてみるかっ(笑)
じゃあ、私も(笑)
転がしてるうちに、いいことがあるかも。

この記事へのトラックバック

  • 僕の歩く道 第10話

    Excerpt: 母はいつも輝明の事ばかりだった。 俺は子供の頃、輝明の事でいじめられていた。 学校の先生は輝明の事に対する不満を俺にぶつけていた。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-12-13 00:36
  • 僕の歩く道第十話

    Excerpt: 涙で、愛が見えない:ロード・バイクでテル(草薙剛)はミヤ Weblog: 日々雑用 racked: 2006-12-13 11:16
  • 『僕の歩く道』 10話

    Excerpt: 輝明(草彅剛)のことで、子供のころから複雑な思いをしていたのは、 りな(本仮屋ユイカ)だけではなかったんですね。 Weblog: ド素人日記 racked: 2006-12-13 15:00
  • 僕の歩く道 第十話

    Excerpt: ●キャスト 大竹輝明/草なぎ剛 松田都古/香里奈 大竹秀治/佐々木蔵之介 大竹真樹/森口瑤子 大竹幸太郎/須賀健太 大竹里江/長山藍子 大竹りな/本仮屋ユイカ 三浦広之/田中圭  .. Weblog: ちょっと変な話 racked: 2006-12-13 16:08
  • 僕の歩く道(10)

    Excerpt:  涙で、愛が見えない Weblog: ドラ☆カフェ racked: 2006-12-14 15:02
  • 本仮屋ユイカの魅力

    Excerpt: 本仮屋ユイカちゃん、新垣結衣に負けず劣らず注目されてますよね。 その存在を知った... Weblog: ミィの「今日の気になる話題」 racked: 2007-01-05 23:45