マチベン 第四回 「熟年コンビに脱帽!」


ずしーんときました。

今日は岸部さんとジュリーの哀愁漂う熟年コンビにしてやられましたね。

今日の依頼人は後藤田先生の高校時代の友人…
でもその新田さんに女を奪われ続け、あまつさえ弁護士生命を断たれそうになった恨みから、天地先生に担当を依頼をする後藤田先生。

その依頼とは末期癌でいつ意識障害を起こし暴れたり、心にもないことを言って、よくしてくれる担当の看護師さんに迷惑だってかけたくない。
つまり「自分が自分を失わずに生きたい。そのために死ぬ許可が欲しいと…」

しかし…神原は聞いてびっくり!天地に向かって「安楽死」は認められません。
天地は答える「あの人は生きたいから、死を望むの。死にたいからじゃない。」
法廷で倒れて救急車で運ばれる中、天地の手を握り締め「ごめん、ごめん…」と朦朧とした意識の中で呟き続ける新田。

新田に家族はいないはず、なんの心残りも。では彼は一体誰に謝っているのか。
実は新田には娘と名乗ってはいけない、昔捨てた女性の子供がいた。
そして実はその娘が担当看護師。
決して、彼女に知られてはいけない。
だから自分の意識がはっきりしてるうちに死ななければならないと…

天地は後藤田に言う。この事件はやはり後藤田先生じゃないと。
病院側の証人として、娘が後藤田の質問に答える。
「新田さんには最後まで生きて欲しい。看護師としてだけではなく、ひとりの人間として、私は本当の父親のように支えていくと。」
閉廷後彼女は言う。「新田さんが初めて病院に来た日から実の父親だと知っていました。」
そして父親の車イスを推して法廷を後にした。

その数日後…
病院の屋上。
「この無能弁護士。」「相変わらず自分勝手でわがままな奴だなあ。」「言っていいか?」「ああ。」「死にたくないよ。3年、いや1年でいいから生きたいよ。」
そしてその三日後新田さんはなくなりました。


いやー今日はこの熟年コンビに限りますね。
岸部さんの飄々としてるのに、あの存在感。
凄いですね~

ジュリーが法廷に立つところ見れるとも思わなかったんで、ちょっとサービスって感じでした。
カツゼツも良くて、あのいつもぬぼーってしてた後藤田先生からは想像できなかったです。

今日一番心に残ったシーンはやはり、病院の屋上で旧友に向かって、本当の自分の胸の内を吐露する岸部さんですね。娘ともっと一緒に生きたくなったのかも、娘のため、自分のために。

「人間には死ぬ時に二種類あるんだ、一つはごめん、ごめんって言って死ぬ奴と。もう一つはありがとう、ありがとうと言って死ぬ奴。俺はありがとうと言って死にたいな。」
そう言って、旧友に「ありがとう」「ありがとう」と誰に言ってるのか分からない様に、そういい続ける新田。そしてその気持ちをくんでいたであろう後藤田先生。
私も死ぬ時は絶対に「ありがとう」と言って死んでいきたい、そんな人生を送っていきたいと思いました。今日の台詞一等賞です。

今回のことで、天地先生はとうとう闘うことを決心したようですね。
そして神原もそれについてくるのでしょうか?
多分、なんだかんだ言ってほっとけないでしょう(笑)
来週、とうとう天地に手錠がかけられますが・・・・

どうでもいいことではあるのですが、個人的に・・・
池田政典は出てきてくれるんでしょうか?(切望)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年04月30日 11:16
>私も死ぬ時は絶対に「ありがとう」と言って死んでいきたい、
 そんな人生を送っていきたいと思いました。
そんな最期を迎えられたら、幸せですよね。
私が「ありがとう」と言える相手は誰かな???
残念ながら、まだめぐり合えていないです(>_<) 
meihua
2006年04月30日 11:30
になさんへ
>私が「ありがとう」と言える相手は誰かな???
えー、右に(下に)同じ(^。^;)
>残念ながら、まだめぐり合えていないです(>_<) 
えー、これまた右に(下に)同じ(^。^;)
とういうか、いるんだろうかって最近思います。。。

それでも「ありがとう」っていいながら死んでいけるように、自分の人生悔いなく生きてみたいものです。新田さんみたいに最後までわがままで(苦笑)
それが一人っきりの老人ホームでも(大汗)やばいなあ・・・

2006年05月01日 10:22
meihuaさん、こんにちは。
中居くんと、石田ひかりのドラマは「輝く季節(とき)の中で」だと思います。
こちらは確か医学生のお話だったような。
「きらきらひかる」は、深津絵里、鈴木京香、松雪泰子、小林聡美などが出演していた、監察医のお話です。
そういえば、どちらにも篠原涼子が出ていたような…。
思い出しました?
見ていなかったら、お勧めですよ。

この記事へのトラックバック

  • 『マチベン』 4話

    Excerpt: 今回の依頼人は、後藤田(沢田研二)の過去に関わる男、新田(岸部一徳)。 Weblog: ド素人日記 racked: 2006-04-30 11:08
  • マチベン 第4話

    Excerpt: 天地涼子が検察を辞めた理由-彼女はその始まりである場所に佇んでいた。 「天地先生」 後藤田が彼女に声をかけた。 彼は天地涼子を探していた。 「お願いしたい仕事があります。」 後藤田がこん.. Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-05-01 12:24