テーマ:映画

「放・遂」 エグザイル~絆~ 

公開待ってました~ジョニー・トー監督のノワールです!! 「エグザイル」って題名に全然ピンと来てなかったんですけど、原題の「放・遂」がスクリーンに映し出された瞬間、これだったのか~って感じでした。ずっと見たいな~と思ってた奴だったんです。それで期待度は更にUP 五人の男たちの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

僕は君のために蝶になる ジョニー・トー監督作品 (2007) 北京語

整体のおかげで腰の調子がすこぶる良くなり、映画館にまた通えるようになりました。その記念すべき第一弾作品がコレ(笑)ジョニー・トー監督のシリアス・ラブストーリー。いや、あの香港ノワールを描かせたら右に出るものはいない監督のラブって・・・どんな感じなのかな~という興味と、脚本がマギーチャン&レオンライ「ラブソング」のアイヴィーホ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「愛おしき隣人」ロイ・アンダーソン監督作品

長編デビュー作「スウェーディッシュ・ラブストーリー」が1970年ベルリン国際映画祭で4タイトルを受賞。前作「散歩する惑星」が2000年のカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞。今作が7年振り4作目の長編映画。この作品もカンヌ国際映画祭ある視点部門に正式出品し大絶賛されたそうです。またコマーシャルの世界でもカンヌ国際広告祭で8度の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I'M NOT THERE」 ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル

この映画、ケイトにしてやられました彼女の素晴らしさにもう口あんぐりです。まるでボブ・ディランが降臨したかような鋭く尖ったギリギリの精神状態でシニカルに魅せてくる彼女の演技に脱帽です。 ☆実際にどれだけ彼女がスゴイのか、是非その目で確かめてください{%トロフィ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

There Will Be Blood

長い、暗い、重たい・・・ まるで三十苦のようなキャッチコピーがとっても似合いそうなこの映画・・・ でもなんか笑えるんです(*`▽´*) 重厚なよく出来た人間ドラマだと思うのですが、それと同時に、とってもクレイジーな人間の醜い部分を面白く切り取って魅せた「ブラックコメディ」って印象を受けました。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

マイ・ブルーベリー・ナイツ ノラ・ジョーンズ&ジュード・ロウ

「恋する惑星」ハリウッド版です。初っ端の映像から一気にボルテージが上がりました。見る前から実はかなり期待していたのですが、その期待に見事に応えてくれたウォン・カーウァイ監督と、美術担当のウィリアム・チョン大先生(恋する惑星・欲望の翼・花様年華etc)日本に帰ってきていた良かったよ~と心の中でうれし涙でしたq(≧∇≦*)(*≧…
トラックバック:2
コメント:11

続きを読むread more

「PENELOPE」 Christina Ricci&James McAvoy

昔、昔、メイドの娘がご主人様の一人息子に恋をしました。身分の差から彼女の恋は実ることなく、恋しい人の結婚が決まった日、彼女は自ら井戸に身を投げてしまったのです。 そこで怒り狂った彼女の母親は恐ろしい魔女となり、この一家に呪いをかけました。 「もし、あんたら一家に女の子が生まれたら・・・その子は豚の鼻を持つことになるだろう…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「スウィーニー・トッド」 ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター

鳥肌モノで感動しました。私がジョニー大好き│(≧∇≦)~~*ってところも大きいのかもしれませんが・・・ジョニーなしのオープニング映像と音楽だけでも、期待が十二分に膨らみます。溶け出したチョコレートみたいにスライミーな朱色の液体が~次から次に滴り落ちていく様子が、グロテスクだけどなぜか悲しく、哀れで美し…
トラックバック:2
コメント:18

続きを読むread more

ライラの冒険 黄金の羅針盤 ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグ

イギリス人って本当にファンタジーものが好きなのね~とつくづく最近思います^^;先日イギリス人の友達と英国で大人気の「ゴールデン・コンパス」を観てきましたが・・・半分くらい寝てしまいました(苦笑) 面白くないわけではないのですが、こうイマイチ入り込めなかった。舞台設定&重要ワード(デーモン、ダスト、マジェストリアルe…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

The Darjeeling Limited 「ダージリン特急」 オーエン・ウエルソン

ストーリーが少し複雑だったんで、しかも字幕ナシだったんで、そんな私が感想を書いていいのだろうか?!とちょっと思いますが・・・書かずにはいられないほど素敵な映画でした。シニカルでどこか冷めた雰囲気と、そこに流れてくる人間の持つ体温の温かさ。この二つがメチャメチャうまいことミックスされてます。 けれどこの映画、ハッキリ言って好…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ELIZABETH THE GOLDEN AGE  ケイト・ブランシェット (滞在86日目)

「ゴールデン・エイジ」と銘打ったくらいですから、それはそれは華やかでドラマテックな歴史絵巻が待ち構えているものだと、勝手に想像して期待していたんですけど・・・ ええ、確かにこっちの批評を幾つか読んだ限りでダントツ多かったのが「史実を思いっきり無視しやがって~」これはイギリスの歴史をよく知らない私にはさほど気にならないだろう…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェット (滞在8日目)

イギリス人の家族と一緒に鑑賞したのですが、英語がパーフェクトに分かる彼らでさえ「理解するのが難しかった。」と言っていたので、少し複雑なストーリー展開だったと思います。それでもなぜか、知らぬ間にグイグイ惹きこまれる不思議な映画です。 トレイシー(ケイト・ブランシット)はシドニーのリトルサイゴンでレンタルビデオ屋のマネ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ラッシュアワー3 (滞在4日目)

イギリスに来て一本目の映画は「ラッシュアワー3」でした(笑) こっちにきて驚いたこと!!それはまず物価の高さ^^; 映画も日本と同じように高くて、日本ではサービスディかレイトショーでしか映画を見ていなかった私には軽くカルチャーショックです。 レイトショーは存在しないし(モーニングショーはあります)レディースディもありま…
トラックバック:2
コメント:14

続きを読むread more

私たちの幸せな時間 カン・ドンウォン&イ・ナヨン

この映画実は去年韓国で一度観ました。 私は字幕なしで旅先でよく映画を観ます。 役者さんの表情を頼りに、妄想想像力をめーいっぱい働かせまして(^▽^笑) そして一年後なんかに日本で公開されて観ると・・・ 「あれれっ?!なんか私が想像してたほうが面白かったぞ。」 真実を知ってがっかり・・・みたいなこともあります。 映…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オーシャンズ13

金曜日に「オーシャンズ12」をTVで観て、早速次の日映画館に行ってきました「オーシャンズ13」。 私はこのだるだる~とした、緊迫感があるようでないようなノリが妙に肌に馴染むんでこのシリーズ大好きなんですけど(苦笑) 予想や期待を特に裏切られることもなく、十分に楽しませていただきました。 出演者が豪華だと言われる…
トラックバック:4
コメント:8

続きを読むread more

トランスフォーマー 吹替版

吹替版の感想です♪ 字幕版に引き続き、本当に吹替版を観に行ってしまいました(苦笑) 玄田さんのナレーションで始まる吹替版。 カッコいいよ~。渋いよ~。相当はまってるよ~。 広大な宇宙空間に玄田さんの声がどこまでも響き渡るかのようで、思った以上に感動しました。 オープニングだけでもかなり大満足。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

リトル・チルドレン ケイト・ウィンスレット&ジェニファー・コネリー

『リトル・チルドレン』・・・大人になりきれない大人。 そう、それはズバリ私のことです(苦笑) とりたてて、何が不満というわけでもなく不幸でもない。 それがむしろ不幸のように思える。 何かが足りない。 私の人生に足りないものはなんなんだろう? 夫のおかげで暮らしには困っていない。 娘だって生まれた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

トランスフォーマー 字幕版 マイケル・ベイ監督作品

なんなんですか~この映画はq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p いいんですか~私こんなに喜んじゃって(≧∇≦)人(≧∇≦) 「今年で一体いくつなんよ、私。。。」そう自分に突っ込みいれながらも、めーいっぱい楽しませていただきました。 ありがとうマイケル・ベイ監督、そしてスピルバーク監督! そしてトランスフォーマーの生みの親タ…
トラックバック:12
コメント:17

続きを読むread more

ルネッサンス クリスチャン・ヴォルクマン監督作品

時は2054年 パリ。 科学は発展を、人々は退廃へのベクトルを歩み続けていた。 医療技術を中心とした世界的複合企業アヴァロンの若き優秀な研究員イローナが誘拐された。 アヴァロンの社長ダレンバックは警部カラスにイローナ救出を依頼する。 そしてカラスは世界を震撼させる驚愕の真実へと近づいていくのだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミーのおいしいレストラン(吹替版)

とっても面白かったですv(°∇^*)⌒☆ 先行上映の最終日に行ってきました。 期待したら裏切られると思って(←スイマセン、悲観的なタチで。)色々考えずに行ったところ・・・ とにかく予想以上によいお話で大満足o(^^o) (o^^o) (o^^)o これなら子供さんはもちろん、大人も十分に楽しめると思います。 …
トラックバック:10
コメント:10

続きを読むread more

アヒルと鴨のコインロッカー 濱田岳&瑛太~神様この話だけは見ないでほしい~

ボブ・ディランの「風に吹かれて」 僕が唯一歌える英語の曲だ。 引越しの片付けをしながら口ずさんでいた。 「ディランだろ。」 その声に振り返ると、彼が僕の後ろに突っ立ていた。 大きな黒い瞳で、僕をじっと見つめて。 彼は僕に「河崎」だとそう名乗った。 僕の隣人だった。 名前を呼び捨てにしてくれと、その方が親しい感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西遊記 ~意外にいけますB級映画~

あれれ~すごく面白いです。ストーリーだけ見るととっても単純なんですが。 生身のアクションシーンの出来にかなりオドロキ。 TVドラマの映画版って、別にTVでもいいじゃんと思うことがわりと多かったのですが・・・ これは確かに映画にしてみるべき!と納得。 立ち回りがよくできてて、アクションシーンが多いだけあるなあと思いました。…
トラックバック:4
コメント:4

続きを読むread more

選挙 「驚愕の真実!!これが日本の地方選挙だ」|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

①難しい公約など語る必要なし。 ②とにかく名前を覚えてもらえ。 ③スピーチ中三秒に一回は名前を入れるべし。 ④「妻」×→「家内」○と呼ぶこと!(演説会などでおやじギャクに使用のタメ) EX.「うちの家内はおっかない(°°;)\(- -;)」寒い、寒すぎる!Σ( ̄ロ ̄lll) ⑤妻は仕事を辞めて夫のサポートに回るべし! …
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

傷だらけの男たち ~我愛梁朝偉~広東語ver.

「傷だらけの男たち(先日VCD北京語verで鑑賞)」を映画館の大スクリーンで観てきました! 当たり前だけど、やっぱり大きな画面はいいですね。最高にいい男ふたりの魅力をMAXで感じとることができました。 アンドリュー・ラウ監督と言えば、ディカプリオ主演でリメイクされた「インファナル・アフェア」 そして、興行的には…
トラックバック:3
コメント:11

続きを読むread more

シュレック3

「どうだった」と聞かれたら、非常に答えに困る映画です。。。 決して面白くないわけじゃない♪ だけど、「面白かった」と心から断言できない。 ディズニー&童話の主人公らのパロディーなどなど お姫様たちのファイトシーンなんかも見てて笑えるし(フィオナ妊娠してるくせにいいんかい!…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

ダイハード4.0

ダイ・ハードシリーズ劇場初体験そういうわけでも超ドキドキしながら劇場に足を運んだのですが、まさかこれほどまでに満足させてくれるなんてヾ(>▽<)ゞ 最初から最後までハラハラし通し(≧◇≦)「あっ!!」とか「おおっ!!」とか、思わず声が何度も漏れそうになりました(苦笑)私だけかと思っていたら、…
トラックバック:11
コメント:6

続きを読むread more

ZODIAC ~ゾディアック~

彼の名はゾディアック。 アメリカで初めてマスコミを利用して世間を煽情した、連続殺人犯。 1969年の独立記念日(7月4日)に起こったダーリーン殺人事件から、物語はスタートします。 ドライブ中に襲撃された一組のカップル。 人気のない空き地に彼女が車を止めると、一人の男がダーリーンの車へと近づいてきます。 そし…
トラックバック:9
コメント:4

続きを読むread more

舞妓Haaaan!!! 

阿部さんを堪能させて頂きました(悦) スタジオパーク→さんまのまんま→舞妓haaaan特番→スタジオパークに戻る。 以上のように追いかけて、私的に準備万端整え映画館に行って参りました(笑) 阿部さんでお腹いっぱい、いっぱいになります(満) ご本人も仰ってますが、よくまあこれだけ出ずっぱりで・・・阿部さ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

サン・ジャックへの道

フランスのあるところに、とっても仲の悪い三人の兄弟がいました。 ある日、三人はそれぞれに黒い縁取りの手紙を受け取ります。 それは母親の突然の死を知らせるものでした。 三人は弁護士のところでとんでもない話を聞かされます。 母親の遺産は、彼らにではなく慈善団体に寄付されることになるというのです。 ただし、彼らにたった一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more