美しいこと 上・下 木原音瀬

画像



この前お友達に本とコミック(もちろんBLです^^;)どっちが好きですか~と聞かれて、どうやら私はコミック派らしいと納得していたのですが・・・
グッと胸を掴まれて、もうどうしようもなく感動するのは意外と小説のほうらしいと、さっき、ホントに今頃ですが木原音瀬さんの「美しいこと」を読み終わって思いました。


この恋愛小説は痛いです。恋愛の苦しさ、相手との気持ちの温度差(←恋愛で一番きついのは個人的に温度差ではないかと思うのですが・・・どうでしょう?)がとてもリアルです。男性同士って設定じゃなくても、多分泣けます。


傍から見れば絶対にアナタの方がありえなくイケテるんですけどという素敵男子:松岡君が、仕事も見栄えも冴えない(+優柔不断)彼:寛末さんにこれでもかと振り回されて、泣いてばかりいるお話です。どう考えても、君がこんな出来ない人に入れ込むなんて~世の中絶対間違ってるよ~(°◇°;) と思いつつも、この一途男子の健気さに涙ナシでは読破できません。


二人の出会い設定がまた面白くて、読み出した途端一気に物語の世界に引きずり込まれます。そして、二人の立場が逆転したころから、もうノンストップです。ここからひたすら切なくて、苦しくて、読んでるこっちの胸がかきむしられそうになるのでありました(;___;)


けれど不思議なことに、松岡君(素敵男子)を応援したいというような気持ちよりは、純粋にこの二人の恋愛軌跡を追いたくなりました。感情にどっぷりと重きを置いた物語なんだけど、どこか客観的な角度から切り取った「リアルな恋愛記録」という印象を受けました。木原さんの文章力にホント魅せられます。


私の拙い文章ではこの作品の魅力を十分にお伝えすることはできないのですが、今の感動を自分の記録に残しておきたくて、寝なきゃいけないのにブログを書いてしまいました^^;


最後にこの本を薦めてくれたお友達に心からの感謝を捧げます☆⌒(*^-°)v Thanks!!


画像



もう、あなたに期待なんてしたくないんだ。
もしかしたら、待ってさえいれば、いつかはあなたも僕のことを。
そんなことを何度も思って、そう自分に言い聞かせて、ずっとがんばってきたんだけど・・・


あなたはずるい人で、僕が逃げようとすれば追いかけてきて、だけどやっぱり逃げてしまう。
その度に、何度も僕は絶望して、あなたのことを忘れようとしたのに・・・


あなたに優しくされることが怖いんだ。
また、いつかあなたが僕から逃げてしまうんじゃないかって。
そうなったら、今度こそ僕は壊れてしまうから。


だから、もう二度を僕を不安にさせないで。
好きって言って、たくさん優しくして、そしてずっとそばにいて。
これから、ずっと・・・



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月31日 14:12
こんにちは。めちゃめちゃよかったでしょ?私もこれを読んだときの感動をどう文章にしていいかわからなくて結局感想書けていませんが、この雰囲気、絶対めいほあさん好みだと思いました。男同士でなかったとしても普通に恋愛小説としてのリアル感があって引き込まれますよね。木原さんの文体のせいか地味につづられているのに、二人の気持ちが揺れ動いていく展開にわくわくさせられるという…普通に面白かったです。これを読んだ直前に「言ノ葉ノ花」を聞いたせいで、おのでぃと神谷さんボイスで脳内再生されてました(^^)
めいほあ
2008年05月31日 20:28
あいさん こんばんは♪週末はいかがお過ごしですか?相変わらずのタカピロ三昧でしょうか?なんか、まだラブラブされてないんですよね?!彼は手ごわいですか?!

さてさて、これサイコーにつぼりました│(≧∇≦)~~*あいさんの読みどおり、私のストライクゾーンど真ん中くらいきました!そうそう、実はあいさんの感想を拝見しようとそちらにお邪魔したんですけど、見当たらなかったんです。なんかもう「感動した」ってその言葉しか出てこないって感じですよね。本当に次どうくるんじゃ~って気になって、気になって、勢いで読み進めました。
おのでぃと神谷さん~いいですね~。おのでぃ=松岡で、神谷さん=寛末ですよね?!
2008年05月31日 22:27
またまたお邪魔します。私信っぽくてすみません(汗)タカピロ手ごわいです…ってかカレー作って満足してしまい、言いつけられたお仕事忘れてしばかれました。ラブラブへの道は遠そう…涙。
「美しいこと」地味なのにさくさく読んじゃいますよね。ちょっとBL食傷気味のときに読んだのですが普通に面白かったです。
<おのでぃ=松岡で、神谷さん=寛末ですよね?!
確か逆で妄想したような…汗。あのときは言ノ葉ノ花の不器用なおのでぃが寛末だと思ったんです。でも普通に松岡=おのでぃですよね。昨日木原さんの新刊ゲットしてきて読んでいます。究極のオヤジ受けです。めいほあさん、おひとついかが~♪
めいほあ
2008年05月31日 23:40
あいさん 再びコメントありがとうございます♪
>私信っぽくてすみません(汗)
何を仰いますやら~私信どんだけでもwelcomeです~

さてさて・・・
>確か逆で妄想したような…汗。
あっ、でもそれもアリな気がします。二人とも上手いから、どっちを任せてもよさそうな。でも、切なさ極まってる感じで選ぶと神谷さん@松岡の方が、私を唸らしてくれそうな。キャラの性格的にも神谷さん@松岡が意外とはまるかも。優柔不断なおのでぃもよさそうです。

タカピロとまだラブラブじゃないとわ(°O° ;) でも、確かに私も手こずりました。家政婦パート楽しいんですけどね~。そこいいから、さくさく先に進ませてくれ~と何度も思ったことがあります。次はおつかい忘れずに!ラブラブ報告待ってます♪

PS. 究極オヤジ受け、気になってはいたのですが~。ちょっと立ち読んできます♪

この記事へのトラックバック