There Will Be Blood

画像
長い、暗い、重たい・・・
まるで三十苦のようなキャッチコピーがとっても似合いそうなこの映画・・・
でもなんか笑えるんです(*`▽´*)


重厚なよく出来た人間ドラマだと思うのですが、それと同時に、とってもクレイジーな人間の醜い部分を面白く切り取って魅せた「ブラックコメディって印象を受けました。


この映画を本気のシリアスドラマだと構えて観ると、かなり退屈に感じることも無きにしも非ずだと思うのですが、ブラックコメディだと思うと、ところどころで吹き出すのを止められなくなります。


中でも私が一番受けたのが、息子と決別する時に彼が息子に向かって何度も何度も言い放った。


“Bastard from basket” 


いや~お父さんホントうまいこと言いますよね( ̄▼ ̄)ノ_彡☆音の響きというか、語呂がよすぎて、またその台詞を口にする時の彼の表情が、「どこまで憎たらしいんだコイツ~」って感じに素晴らしすぎて、映画が終わってからもそのシーンを思い出してはお腹がよじれそうになりました。
まるで桃太郎が「桃から生まれた桃太郎」みたいに「バスケットから生まれたバスタード(この場合は私生児なんですかね。)」


主人公の暑苦しいダニエル君(笑)が出ずっぱりで、その二時間半の間ずっと「ほら、どうだ~俺様の度迫力のこの演技を見てみろや~」って画面から脅迫されてるかのような(笑)でも、実際彼の演技の凄まじさ(と言うか、あんたメチャメチャやりすぎやろ~と思うの・・・)に、怖いもの見たさで目が離せないと言うか・・・


画像

★常にオーバーアクションが最高なダニエル君♪


常軌を逸した登場人物ばかりに、私的には普通だったら胸焼けしそうなタイプの映画なんですけど、これはかなり楽しめました♪へヴィーなだけでなく、そこにとっても皮肉が利いててスパイシーでジューシーな感じ。


画像

★結構好きなタイプのいっちゃってるキャラPaul Dano君


物語のラスト、主人公が口にした台詞。
「I have finished」
これがまたとっても意味深です。

英語でこれだけを聞くと・・・

①今やってる事が終わった
②自分の人生が終わった

と二つの意味に取れるらしいです。

さてさて、彼の場合は果たしてどっちだったんでしょうね?!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年05月21日 21:21
めいほあさん、お帰りなさいませ!こちらではめちゃお久しぶりです。さすがこだわりどころが、イギリス帰り!ですね。「バスケットから生まれたバスタード」!!ゴミ箱からオスカーが顔を出している(え、違う?笑)ところを想像して笑っちゃった(^^)
私も久しぶりに何か映画が観たくなってきました。
2008年05月23日 20:49
お久しぶりです!お元気でしたか?
三重苦・・・でしたねぇ・・・。でも、不思議と長さでの苦痛は感じませんでした。だけど、暗い、重たいでは、やられました。なんかね、見終わった後、精神的にすごい凹みました・・・。

>「I have finished」
私もちょっと気になりました。私は、以前、イーライに受けた「辱めに対する決着」がついた=終わったと、受け取りました。

私的には、ダニエルより、ポール・ダノの演技のほうがすごいと思いました。完全にイッちゃってましたよね。見てて、鳥肌立ちましたもの・・・。

この映画を、スパイシーでジューシーと言ってのけためいほあさん、さすがです!
めいほあ
2008年05月24日 13:30
あいさん こんにちは♪
映画の、しかも観てなきゃ何を言ってるのかサッパリ分からないよ~って記事にまでコメントありがとうございました。凄く嬉しかったです。。。

私は実は洋画はあんまり好きではなかったんですが、最近突っ込みどころが分かってきて楽しくなってきました。これだから語学の勉強って止められませんね。すっかり語学オタクです(笑)

今度よろしかったら映画ご一緒しましょうね。

でもって、私は現在「リロード」ヘビロテ中です♪いや~最高ですよ~(≧∇≦)ノ彡☆
めいほあ
2008年05月24日 13:39
とろさん こんにちは♪
随分とご無沙汰してしまい本当にスイマセン。。。それにも関わらずコメントまでありがとうございました。もう、誰も私のブログなんて読んでくださってないと思ってました・・・

>見終わった後、精神的にすごい凹みました・・・
ああ、これ分かります。だって「救い」がまったくないような話でしたからねえ。まるでこれぞ「現実」みたいな(苦笑)でも、私は凹むのが嫌だったんで、これもしかして全編ギャグ?!とか勝手に妄想してみました。。。

>私は、以前、イーライに受けた「辱めに対する決着」がついた=終わったと、受け取りました。
なるほどです!かなり根に持ってましたからね~。

私も個人的にはポール・ダノ君のほうにやられました。すごいカッコ良かった(←こういう表現があってるかどうか謎ですが・・・)です★私も鳥肌立ちました。
実際、隣にいられたら困りものですが、遠くからそっと見ていたいタイプの狂人さん・・・好きです☆

この記事へのトラックバック