鉄コン筋クリート 蒼井優&二宮和也

画像

私は原作を全然知りません。蒼井優ちゃんもニノも特別好きなわけじゃないし、普段は声優さんがやってるアニメの方が好きです。だがしか~しこれは良かったです~。全然予想外!作品の色と、雰囲気、そしてシロの動きに、うま~く自然にのっかってる彼女の声。透明感があって、浮遊感があって、独特のテンポを持つシロ。聞き慣れた声優さんの声よりも、ナチュラルで捉えどころのない彼女の声が、不思議で懐かしいこのストーリーに合ってて、映画にいい具合に作用してたと思います。

二宮君もですね~、最初はへえ~これってニノの声なんだ~くらいだったんですけど・・・まあ無難に普通かな~と思ってました。シロに比べたらクロの台詞少なめだったし。しかし、二役目の声との使い分けを聞いたら、おみそれしました!って位に感動モノでした。いや~ごめんなさい(^口^;)))この映画の主役は、見事にこの映画の世界をホンモノにしてました。

だけど、主要キャラのほとんどを俳優さんでやらなくても良かったろうに・・・と思いました。ラストのクレジットで名前を見て、あ~この俳優さんだったんだと思った人も何人かいましたが、特に印象に残った人は少なかったですね。ほんのちょっとしか声をあてないと、全然アフレコの感覚掴めないまま出番終わった俳優さんもいたんじゃないかな~



STORY
「宝町」

そこには道徳を知らない、血を好む子供「クロとシロ」が住んでいた。

クロにはシロが、シロにはクロだけが家族。
クロの持たないものを、シロが持ってる。
二人で一人。

宝町で開発事業が計画されていた、自分達の町を守ろうと必死になるクロ。
町の行く末よりも、クロのことを心配して町を出ようと訴えるシロ。

組織の蛇は計画遂行のタメに目障りなネコの二人を抹殺しようとする。

クロはシロを、シロはクロを守り抜くことが出来るのか???




町の雰囲気がいいですね。壁の落書きの言葉や、ポスター、細かいところまで遊び心が効いてます。象のオブジェや寺なんかがタイやインドや、もうどこの国?!って感じでミックスされてて、なさそうでありそうなありそうでなさそうな昔懐かし宝町って感じです。町には橋がかかってるんですが、外の世界からその橋を渡って入り込んだら最後・・・もうもとの世界には戻れない^ ^;)みたいな不思議な感覚。まるで、千と千尋の物語。


ストーリーは「再開発計画から宝町を守れ!」組織と子供の抗争物。すごく単純な話です。
しかし、原作を知らないからでしょうか、人物相関図がイマイチ最初掴めませんでした。この人って重要なのか~必要なのか~と思いながら、通り過ぎました(笑)


クロとシロの繋がりを軸に、クロの精神再生物語であるこの映画。
シロの訳わかんないこと言ってるようで、実は物事の核心だけを言葉にしてるところとか、そういうエッセンスを拾っていくと、とても素敵なお話だと思います。ただの支離滅裂じゃないし、ちゃんとした答えがその先に用意されてるから、色々考えながらも楽しめました。しかもホント全然難しいこと言ってなくて、とってもシンプル。「ホントに大切なのは町なんかじゃない、キミと一緒にいるということ。」

『「愛」だけは何があっても忘れるな』

画像


この映画は「愛」の物語です



この記事へのコメント

2007年01月20日 10:33
こんにちは!
見に行ってこられたんですね~羨ましい(>_<)!
近隣の映画館では上映されていないのですよ(涙)
ううう~見たいー見たいー(T0T)
めいほあさんの記事読んで、ますますその思いが募りました~☆
めいほあ
2007年01月20日 17:12
こんにちは。
行ってきました~(^-^)V
そろそろ終わりそうだったんで、慌てて駆け込んできました(笑)サイクル短いんですよ、近所のシネコン。

>近隣の映画館では上映されていないのですよ(涙)
>ううう~見たいー見たいー(T0T)

ありますよね~、見たい映画が近くでやってない!私もずっとそんな感じでした(T0T)映画見るのに片道一時間半(←そこまでして行くなよ- -)二ヶ月前にやっと、マジ近所にシネコンが出来てから映画を苦労せず見れるようになりました。ありがたや、ありがたやです。

この記事へのトラックバック

  • 「鉄コン筋クリート」

    Excerpt:   海遊館ホールでの試写会で観てきました。   「鉄コン筋クリート」   登場人物などのキャラ作画は、 完全に好みが分かれるでしょうね~(^^;   しかし、 アニメーションの技.. Weblog: しんのすけの イッツマイライフ racked: 2007-01-22 00:47