NHK土曜ドラマ「ウォーカーズ」第三回 江口洋介

「サラリーマンだから。会社に戻らなくては。」
「会社は俺を必要としている。」
そう言った男達は、会社に自分の居場所がないことに気づく。


お遍路を続けたらという翔子(戸田菜穂)に、自分はサラリーマンだからと、徳久(江口洋介)は東京に戻った。
そして徳久は会社で二人の自分を見ることになる。

「一人はついこの前までの自分=上司に気に入られようと必死におべっかを使う同僚。

そしてもう一人は20年後の自分=役員になりたくて保身に走る、本部長。」

自分にライバル心を燃やす同僚は、連絡もくれずに自分の企画を作り変えた。

有給を取るように自分に言った本部長は、副社長が「この大事な時期に休暇を取るとは何事だ」そうご立腹だと自分を責めた。

そんな二人を、自分はサラリーマンなのに「悲しい人間」だと思った。


「立ち止まったら負けなんだ。」

サラリーマン社会で、上に行きたかったらそれは間違いではない。

じゃあ、どうする?

自分は「サラリーマン」を言い訳に、父親や寺から逃げてきた。翔子からも逃げてきた。
考えることを避けてきた。

「自分が一番欲するものは何なんだ?」


寺島(三浦友和)は、妻とケンカしお遍路を途中で止めて東京に戻った。
新しい勤務先であるデザイン会社に挨拶に行った。
そこで、自分と入れ替わりになる男性と話をした。

「仕事はない。判こを押すだけ。お飾りだ。

褒美だと思えばいい。今まで頑張ってきたご褒美。働かなくても給料が貰える。」

それは・・・自分には・・・


これから自分はどうしたらいいのか?会社にいても何も変わらない。
会社に30年いても何も残らなかった。この30年自分は何をしてきたのだろう。


会社、出世、社会 すべてを脱ぎ捨てて自分に残るものは一体何なのか?

二人の男は「社会から脱落」してみることにした。
そして、自分が一番欲するモノを探すお遍路の旅に戻った。

今度は気合が違う・・・

だから、きっと追いつける。

自分達の先を行った女達に。



「社会」という枠にしがみついていれば、そこで自分は何かを成し遂げた気分でいられた。
自分は何かを手にしたと思っていた。手にしたいと思っていた。
けれど、そこにあるものは「自分が一番欲するもの」なのか?だったのか?

すべてを捨て去って、生身の自分と向き合う時、そこに残っているものは何なのか?
「奥さんかもしれませんね。」
徳久の言葉に寺島が照れながらも、まんざらでない顔をした。
徳久は、翔子に無性に会いたくなった。

けれども、翔子との心の距離は離れてしまっているようだ。

先に歩いた何日間で、翔子は自分の心の声を聞き続けてきた。

「結婚なんて、違う人間同士が一緒になって上手く行くわけがないのだ。どうして徳久と結婚しようと思ったのか?」

これまで疑問にも思わなかったことが、次から次に頭をもたげてくる。
「自分と向き合いすぎたせいかもしれない。」

そして、益々「自分が一番欲するもの」が分からなくなった。


「一番欲するもの」
社会的立場を捨て去って、自分に残るものがどれだけあるのだろうか?
そうして最後に残るものが、その時に大切だと思うものが「自分の一番欲するもの」ではないだろうかと思った。
最後に残るもの=一番大切なもの=自分が欲するもの

社会を「脱落」することは怖い。
会社、もしくは何かしらの組織に属していれば、そこで自分は必要とされているように思う。
実際必要とされているのだとも思う。
しかし、自分の代わりは確かに存在する。
会社では、自分の代わりを狙っているものさえもいる。
そういったものから、自分を解放して真っ白になってみる。
そのために歩き出した徳久、寺島。
二人を本当に必要としている人は誰なのか?
二人が一番欲しているものは何なのか?
「目覚め」た二人はその答えをこれから見つける事が出来るのだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年11月26日 10:16
仕事での出世。成果。家族。

自分に残るものって何だろう?
何のために生きてきたんだろう?


難しいですね。

自分達より上の方々が迷うのですから
そう簡単に思い切れるものでも
分かる答えでもないですね。

ただ、それこそ
自分を成長させてくれるものなのかもしれません。

とは言ってみたものの、やっぱ現実は大変(笑)
meihua
2006年11月26日 20:55
>とは言ってみたものの、やっぱ現実は大変(笑)

頭でわかっていても、それを実行するって大変ですよね。
私は、全然出来てません(泣)
考えすぎてもダメだし、全く考えないのもダメみたい。

「成長」は「苦労」の後にあるものかもしれません。一方で、成長しなくてもいいから、苦労したくないなあとも思います。どっちが幸せなのかなあ・・・自分が幸せだと思えればそれでいいんでしょうね。

「幸せ」って何なんだろう?
こうして生きていられるだけで、「幸せ」だと思いますが。欲張るとキリがないなあ。。。

この記事へのトラックバック

  • ウォーカーズ 第3話 「目覚め」

    Excerpt: 父が危篤―――。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2006-11-26 02:20
  • 「ウォーカーズ 迷子の大人たち」第三回

    Excerpt:  さて、父親(市川左團次)危篤の知らせを受け、慌てて実家へと戻った徳久(江口洋介)。  寺には黒白の垂れ幕と花輪・・知り合いの坊さんが 「ええ御通夜やったわ・・」 「話がしたかった・・」徳久 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-27 16:47
  • 「ウォーカーズ 迷子の大人たち」第三回

    Excerpt:  さて、父親(市川左團次)危篤の知らせを受け、慌てて実家へと戻った徳久(江口洋介)。  寺には黒白の垂れ幕と花輪・・知り合いの坊さんが 「ええ御通夜やったわ・・」 「話がしたかった・・」徳久 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-11-27 16:47