アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ

タイトル 日 時
「放・遂」 エグザイル〜絆〜 
「放・遂」 エグザイル〜絆〜  公開待ってました〜ジョニー・トー監督のノワールです!! 「エグザイル」って題名に全然ピンと来てなかったんですけど、原題の「放・遂」がスクリーンに映し出された瞬間、これだったのか〜って感じでした。ずっと見たいな〜と思ってた奴だったんです。それで期待度は更にUP ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/18 23:20
僕は君のために蝶になる ジョニー・トー監督作品 (2007) 北京語
僕は君のために蝶になる ジョニー・トー監督作品 (2007) 北京語 整体のおかげで腰の調子がすこぶる良くなり、映画館にまた通えるようになりました。その記念すべき第一弾作品がコレ(笑)ジョニー・トー監督のシリアス・ラブストーリー。いや、あの香港ノワールを描かせたら右に出るものはいない監督のラブって・・・どんな感じなのかな〜という興味と、脚本がマギーチャン&レオンライ「ラブソング」のアイヴィーホーだというのですからこれはひとまず観てみなくては!! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/13 22:37
「愛おしき隣人」ロイ・アンダーソン監督作品
「愛おしき隣人」ロイ・アンダーソン監督作品 長編デビュー作「スウェーディッシュ・ラブストーリー」が1970年ベルリン国際映画祭で4タイトルを受賞。前作「散歩する惑星」が2000年のカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞。今作が7年振り4作目の長編映画。この作品もカンヌ国際映画祭ある視点部門に正式出品し大絶賛されたそうです。またコマーシャルの世界でもカンヌ国際広告祭で8度の受賞歴を持つ、スウェーデン巨匠、ロイ・アンダーソン。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/14 00:15
I went to the Japan Premiere of Indiana Jones
I went to the Japan Premiere of Indiana Jones I went to the Japan Premiere of Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull. I never imagined that I would be able to see Harrison Ford in my life. Actually my younger cousin was going to go to it but he was not in the mood today because... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2008/06/06 00:33
「I'M NOT THERE」 ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル
「I'M NOT THERE」 ケイト・ブランシェット、クリスチャン・ベイル この映画、ケイトにしてやられました彼女の素晴らしさにもう口あんぐりです。まるでボブ・ディランが降臨したかような鋭く尖ったギリギリの精神状態でシニカルに魅せてくる彼女の演技に脱帽です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/06/05 00:31
There Will Be Blood
There Will Be Blood 長い、暗い、重たい・・・ まるで三十苦のようなキャッチコピーがとっても似合いそうなこの映画・・・ でもなんか笑えるんです(*`▽´*) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/05/20 23:38
マイ・ブルーベリー・ナイツ ノラ・ジョーンズ&ジュード・ロウ
マイ・ブルーベリー・ナイツ ノラ・ジョーンズ&ジュード・ロウ 「恋する惑星」ハリウッド版です。初っ端の映像から一気にボルテージが上がりました。見る前から実はかなり期待していたのですが、その期待に見事に応えてくれたウォン・カーウァイ監督と、美術担当のウィリアム・チョン大先生(恋する惑星・欲望の翼・花様年華etc)日本に帰ってきていた良かったよ〜と心の中でうれし涙でしたq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 11

2008/03/31 01:56
「PENELOPE」 Christina Ricci&James McAvoy
「PENELOPE」 Christina Ricci&James McAvoy 昔、昔、メイドの娘がご主人様の一人息子に恋をしました。身分の差から彼女の恋は実ることなく、恋しい人の結婚が決まった日、彼女は自ら井戸に身を投げてしまったのです。 そこで怒り狂った彼女の母親は恐ろしい魔女となり、この一家に呪いをかけました。 「もし、あんたら一家に女の子が生まれたら・・・その子は豚の鼻を持つことになるだろう。」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/02/18 00:11
「スウィーニー・トッド」 ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター
「スウィーニー・トッド」 ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター 鳥肌モノで感動しました。私がジョニー大好き│(≧∇≦)~~*ってところも大きいのかもしれませんが・・・ジョニーなしのオープニング映像と音楽だけでも、期待が十二分に膨らみます。溶け出したチョコレートみたいにスライミーな朱色の液体が〜次から次に滴り落ちていく様子が、グロテスクだけどなぜか悲しく、哀れで美しい。ティムバートン監督お得意の大人向けブラックユーモア御伽噺。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 18

2008/02/04 05:33
ライラの冒険 黄金の羅針盤 ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグ
ライラの冒険 黄金の羅針盤 ニコール・キッドマン&ダニエル・クレイグ イギリス人って本当にファンタジーものが好きなのね〜とつくづく最近思います^^;先日イギリス人の友達と英国で大人気の「ゴールデン・コンパス」を観てきましたが・・・半分くらい寝てしまいました(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2008/01/28 06:42
The Darjeeling Limited 「ダージリン特急」 オーエン・ウエルソン
The Darjeeling Limited 「ダージリン特急」 オーエン・ウエルソン ストーリーが少し複雑だったんで、しかも字幕ナシだったんで、そんな私が感想を書いていいのだろうか?!とちょっと思いますが・・・書かずにはいられないほど素敵な映画でした。シニカルでどこか冷めた雰囲気と、そこに流れてくる人間の持つ体温の温かさ。この二つがメチャメチャうまいことミックスされてます。 けれどこの映画、ハッキリ言って好き嫌い分かれると思います。英語圏の人にとってもストーリーはファンタジックに難解なところがあるのではないかと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/12/10 18:11
ELIZABETH THE GOLDEN AGE  ケイト・ブランシェット (滞在86日目)
ELIZABETH THE GOLDEN AGE  ケイト・ブランシェット (滞在86日目) 「ゴールデン・エイジ」と銘打ったくらいですから、それはそれは華やかでドラマテックな歴史絵巻が待ち構えているものだと、勝手に想像して期待していたんですけど・・・ ええ、確かにこっちの批評を幾つか読んだ限りでダントツ多かったのが「史実を思いっきり無視しやがって〜」これはイギリスの歴史をよく知らない私にはさほど気にならないだろうと思ってたんですが・・・ この映画「歴史スペクタクルロマン」だと思って行くと、エライ目遭います^^; 史実がどうあれ、大英帝国が歴史的に最も華やかだった時代の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/11/19 03:37
「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェット (滞在8日目)
「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェット (滞在8日目) イギリス人の家族と一緒に鑑賞したのですが、英語がパーフェクトに分かる彼らでさえ「理解するのが難しかった。」と言っていたので、少し複雑なストーリー展開だったと思います。それでもなぜか、知らぬ間にグイグイ惹きこまれる不思議な映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/09/02 22:44
ラッシュアワー3 (滞在4日目)
ラッシュアワー3 (滞在4日目) イギリスに来て一本目の映画は「ラッシュアワー3」でした(笑) こっちにきて驚いたこと!!それはまず物価の高さ^^; 映画も日本と同じように高くて、日本ではサービスディかレイトショーでしか映画を見ていなかった私には軽くカルチャーショックです。 レイトショーは存在しないし(モーニングショーはあります)レディースディもありません。 これからは映画館で見る本数がかなり減ってしまいそう・・・ そして、映画館で何が一番驚いたかというと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 14

2007/08/29 17:40
私たちの幸せな時間 カン・ドンウォン&イ・ナヨン
私たちの幸せな時間 カン・ドンウォン&イ・ナヨン この映画実は去年韓国で一度観ました。 私は字幕なしで旅先でよく映画を観ます。 役者さんの表情を頼りに、妄想想像力をめーいっぱい働かせまして(^▽^笑) そして一年後なんかに日本で公開されて観ると・・・ 「あれれっ?!なんか私が想像してたほうが面白かったぞ。」 真実を知ってがっかり・・・みたいなこともあります。 映像が特に美しい映画だったりすると現実の台詞の生々しさで、映画全体の印象がガタッと崩れることなんかも。 けど、この映画は違いました。 がっかりするどころか二回目... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/17 22:04
オーシャンズ13
オーシャンズ13 金曜日に「オーシャンズ12」をTVで観て、早速次の日映画館に行ってきました「オーシャンズ13」。 私はこのだるだる〜とした、緊迫感があるようでないようなノリが妙に肌に馴染むんでこのシリーズ大好きなんですけど(苦笑) 予想や期待を特に裏切られることもなく、十分に楽しませていただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2007/08/12 21:49
トランスフォーマー 吹替版
トランスフォーマー 吹替版 吹替版の感想です♪ 字幕版に引き続き、本当に吹替版を観に行ってしまいました(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/08/10 03:42
リトル・チルドレン ケイト・ウィンスレット&ジェニファー・コネリー
リトル・チルドレン ケイト・ウィンスレット&ジェニファー・コネリー 『リトル・チルドレン』・・・大人になりきれない大人。 そう、それはズバリ私のことです(苦笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/08 23:39
トランスフォーマー 字幕版 マイケル・ベイ監督作品
トランスフォーマー 字幕版 マイケル・ベイ監督作品 なんなんですか〜この映画はq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p いいんですか〜私こんなに喜んじゃって(≧∇≦)人(≧∇≦) 「今年で一体いくつなんよ、私。。。」そう自分に突っ込みいれながらも、めーいっぱい楽しませていただきました。 ありがとうマイケル・ベイ監督、そしてスピルバーク監督! そしてトランスフォーマーの生みの親タカラさん! この地球のホント片田舎からですが、あなた方のロボットに対する真摯な姿勢に最大級の賛辞を贈らせてください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 12 / コメント 17

2007/08/07 21:14
ルネッサンス クリスチャン・ヴォルクマン監督作品
ルネッサンス クリスチャン・ヴォルクマン監督作品 時は2054年 パリ。 科学は発展を、人々は退廃へのベクトルを歩み続けていた。 医療技術を中心とした世界的複合企業アヴァロンの若き優秀な研究員イローナが誘拐された。 アヴァロンの社長ダレンバックは警部カラスにイローナ救出を依頼する。 そしてカラスは世界を震撼させる驚愕の真実へと近づいていくのだった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/30 23:58
レミーのおいしいレストラン(吹替版)
レミーのおいしいレストラン(吹替版) とっても面白かったですv(°∇^*)⌒☆ 先行上映の最終日に行ってきました。 期待したら裏切られると思って(←スイマセン、悲観的なタチで。)色々考えずに行ったところ・・・ とにかく予想以上によいお話で大満足o(^^o) (o^^o) (o^^)o これなら子供さんはもちろん、大人も十分に楽しめると思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 10 / コメント 10

2007/07/28 00:52
アヒルと鴨のコインロッカー 濱田岳&瑛太〜神様この話だけは見ないでほしい〜
アヒルと鴨のコインロッカー 濱田岳&瑛太〜神様この話だけは見ないでほしい〜 ボブ・ディランの「風に吹かれて」 僕が唯一歌える英語の曲だ。 引越しの片付けをしながら口ずさんでいた。 「ディランだろ。」 その声に振り返ると、彼が僕の後ろに突っ立ていた。 大きな黒い瞳で、僕をじっと見つめて。 彼は僕に「河崎」だとそう名乗った。 僕の隣人だった。 名前を呼び捨てにしてくれと、その方が親しい感じがしていいだろと言った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/22 00:20
西遊記 〜意外にいけますB級映画〜
あれれ〜すごく面白いです。ストーリーだけ見るととっても単純なんですが。 生身のアクションシーンの出来にかなりオドロキ。 TVドラマの映画版って、別にTVでもいいじゃんと思うことがわりと多かったのですが・・・ これは確かに映画にしてみるべき!と納得。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

2007/07/21 00:43
選挙 「驚愕の真実!!これが日本の地方選挙だ」|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||
選挙 「驚愕の真実!!これが日本の地方選挙だ」|||||/( ̄ロ ̄;)\||||||| @難しい公約など語る必要なし。 Aとにかく名前を覚えてもらえ。 Bスピーチ中三秒に一回は名前を入れるべし。 C「妻」×→「家内」○と呼ぶこと!(演説会などでおやじギャクに使用のタメ) EX.「うちの家内はおっかない(°°;)\(- -;)」寒い、寒すぎる!Σ( ̄ロ ̄lll) D妻は仕事を辞めて夫のサポートに回るべし! Q.妻「落選したらどうするんですか?」A.支持者「絶対落選しない覚悟で臨むということです。」Q.「いやだから、もしそれで落ちたらどうやって生活するんですか?」A... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2007/07/15 19:07
傷だらけの男たち 〜我愛梁朝偉〜広東語ver.
傷だらけの男たち 〜我愛梁朝偉〜広東語ver. 「傷だらけの男たち(先日VCD北京語verで鑑賞)」を映画館の大スクリーンで観てきました! 当たり前だけど、やっぱり大きな画面はいいですね。最高にいい男ふたりの魅力をMAXで感じとることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

2007/07/12 20:08
シュレック3
シュレック3 「どうだった」と聞かれたら、非常に答えに困る映画です。。。 決して面白くないわけじゃない♪ だけど、「面白かった」と心から断言できない。 ディズニー&童話の主人公らのパロディーなどなど お姫様たちのファイトシーンなんかも見てて笑えるし(フィオナ妊娠してるくせにいいんかい!!と突っ込みはしましたが・・・^^)ネコとドンキーのおもろいコンビはホント飽きないし。シュレックはいいことを言う。 確かに、言う。含蓄の深いお言葉が随所に散りばめられてた(ハズ) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2007/07/06 19:55
ダイハード4.0
ダイハード4.0 ダイ・ハードシリーズ劇場初体験そういうわけでも超ドキドキしながら劇場に足を運んだのですが、まさかこれほどまでに満足させてくれるなんてヾ(>▽<)ゞ 最初から最後までハラハラし通し(≧◇≦)「あっ!!」とか「おおっ!!」とか、思わず声が何度も漏れそうになりました(苦笑)私だけかと思っていたら、隣のお兄ちゃんも堪えきれずに声出してました(笑)手に汗握るとは、正にこのこと。う〜ん恐るべしブルース・ウィリス、50歳にしてあのアクション。彼のプロ根性は伊達じゃないですね。やるからにはトコ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 6

2007/07/02 01:34
ZODIAC 〜ゾディアック〜
ZODIAC 〜ゾディアック〜 彼の名はゾディアック。 アメリカで初めてマスコミを利用して世間を煽情した、連続殺人犯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

2007/07/01 10:50
舞妓Haaaan!!! 
舞妓Haaaan!!!  阿部さんを堪能させて頂きました(悦) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/22 18:54
サン・ジャックへの道
サン・ジャックへの道 フランスのあるところに、とっても仲の悪い三人の兄弟がいました。 ある日、三人はそれぞれに黒い縁取りの手紙を受け取ります。 それは母親の突然の死を知らせるものでした。 三人は弁護士のところでとんでもない話を聞かされます。 母親の遺産は、彼らにではなく慈善団体に寄付されることになるというのです。 ただし、彼らにたった一つだけ遺産を手にする最後のチャンスが残されていました。 その条件というのは・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/22 10:06
輝ける女たち 
輝ける女たち  「輝ける女たち」邦題通りの映画です。 きらきら自力で輝いている女たち。男たちはその光によって照らし出されている。 男たちの方がなんだかネガティブで前に進めてません。 私は同じ女性ですが、なんとなく情けない男たちの気持ちの方が理解しやすいというか^^; あんた達そんな女に囲まれて大変ね・・・ と、ちょっぴり同情してしまいました。 けど、そんな素敵な女性と人生を歩けて幸せね・・・ と、同時に羨ましくなりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/16 06:00
プレステージ
プレステージ 「この映画のラストは誰にも話さないで下さい。」 という監督のメッセージが最初にスクリーンに映し出されます。 ほほ〜っ、そんなに衝撃のラストが待っているのね?! とか思って見てたら〜〜〜 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 12

2007/06/11 01:47
ツォツィ 〜アカデミー賞 外国語映画部門受賞作〜
ツォツィ 〜アカデミー賞 外国語映画部門受賞作〜 音楽のいい映画にハズレなし!初っ端からサントラ購入を決めてしまったくらい音楽にやられました。 この映画はきっと面白いはず。 そして実際、お話も期待以上にいい映画でした。 ベタベタな展開やな〜と思いながらも、何故か話に引き込まれ、主人公の彼に無茶苦茶感情移入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/06/10 06:28
GOAL2 Living The Dream
GOAL2 Living The Dream ベタベタ万歳! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 5 / コメント 2

2007/06/04 01:53
雲水謡 THE KNOT チェン・クン&ビビアン・スー
雲水謡 THE KNOT チェン・クン&ビビアン・スー チェン・クンが相変わらず朴訥で可愛らしいです。 茶目っ気たっぷりなんだけど、一途な根は生真面目さんな役。 学生服姿にまだ全然違和感がない、どころか非常に愛らしい。 一体いくつになるまで、彼はこういう役がハマリ続けるのだろう・・・ 反対に歳を重ねた役に無理を感じる^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/03 02:25
生日快樂〜HAPPY BIRTHDAY〜ルイス・クー&ルネ・リュー
生日快樂〜HAPPY BIRTHDAY〜ルイス・クー&ルネ・リュー 最初から手にしなければ、失うこともないから。 あなたのことが好きだから、だから友達に戻りましょう。 ずっとそばにいられるように。 不安で、不安で仕方がない。 あなたが恋人のままでいると・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/31 05:05
傷だらけの男たち〜金城武非常可愛〜北京語ver.
傷だらけの男たち〜金城武非常可愛〜北京語ver. アンドリューラウ監督最新作!!監督らしいドラマテックノワールな世界。ちょっとだけお約束のブラッデッドアクションもありますが、比較的大人しめです。大軸のストーリーは至ってシンプル。ただ画面の切り替え方で惑わされるところがあったり、伏線がやや複雑な感じもしました。 けど最後にはすべての謎も綺麗にまとめられてます。 ドキドキハラハラしながら最後まで一気に見終わったんで、なかなか面白かったんだと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/05/27 04:00
かちこみドラゴンタイガーゲート (吹替版)
キャスト 小杉十郎太 飾 ドラゴン・ウォン(ドニー・イエン) 高橋広樹  飾 タイガー・ウォン(ニコラス・チェー)    川田紳司  飾 ターボ・セック (ショーン・ユー) 真鍋かをり 飾  ローザ      ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/26 00:06
Pirates of the Caribbean〜At World's End〜
Pirates of the Caribbean〜At World's End〜 ジョニーが〜ジョニーが〜あんまり活躍してないんです〜。 このシリーズ、ジョニーが出てなかったら私は間違いなく見てないと思います(苦笑) それでも1はかなり面白かった記憶が。だから2に期待しすぎて、ちょっと落とされて。 そういうわけで、3は最初から過剰な期待は抱かずに臨んだのですが・・・ 途中で、あろうことか10分くらい寝こけちゃいました。 あっ、勿論ジョニーの出番ではありませんけど。 自分でもびっくりしましたよ、ホント。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 19 / コメント 16

2007/05/25 04:00
恋愛睡眠のすすめ 〜the Science of sleep〜
恋愛睡眠のすすめ 〜the Science of sleep〜 両親が別れてから、父親と一緒にメキシコに住んでいたステファン(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、その父を癌で亡くし母の住むパリへとやってきた。 そして、アパートの向かいの部屋のステファニー(シャルロット・ゲンズブール)に恋をするのだが・・・ 臆病なステファンは夢の中でしかステファニーと恋を語ることができない。 そしていつの間にか、彼の中で「夢」と「現実」の境界線があやふやになっていくのだった・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 4

2007/05/22 04:47
The Queen
The Queen みなさん似てますよね〜。 それぞれの役になりきってる感じがとっても良かったです。 映画全体を通していい緊張感があって、見応えがありました。 オープンニングタイトルの女王のアップが凄く印象的。 この映画は絵描きさんが女王の肖像画を描いてたごとく「女王に捧げられた映画」なんでしょうね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/05/21 02:03
パッチギ!LOVE & PEACE
パッチギ!LOVE & PEACE 金曜ロードショーを見ていてもたってもいられなくなり、初日に行ってしまいました(笑) テイスト的には前作を踏襲してるものの、みんな大人になっちゃったんで、さすがにあそこまで暴れてません。壊れてません。 アンソンは割とまともな(?)子供思いないいアボジになってます。 個人的にはもっと暴れてる彼が見たかったけど^^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/05/20 01:44
ゲゲゲの鬼太郎    
ゲゲゲの鬼太郎     ウエンツasゲゲゲの鬼太郎 一言で表すと・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/09 21:20
スパイダーマン3 (吹替版) 
普段は字幕版を好んで見るのですが、吹替版の方が情報量多いのかな〜と思ってふと行ってみました。 結論から言うと、この映画に限っては・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 7

2007/05/06 17:34
SPIDER-MAN 3
SPIDER-MAN 3 テレビ放映時「1」は物語後半から、「2」に至っては前半でリタイアした「スパイダーマンシリーズ」 それでも劇場に足を運んだ最新作「3」 世界最速公開って、それだけで何か非常に魅力的(苦笑)限定モノとかに結構弱い^^; それと「ブラック」この設定に惹かれました。 いいですよね〜人の弱い心に巣くうねっとりした「黒」 スパイディーVSブラッキィー  その熱い戦いが全編通して描かれてるのかと思ったら・・・ 復讐と正義、恋と友情。笑いあり、涙あり。 2時間19分は確かに長い!!が、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/05/04 16:48
BABEL 
BABEL  「バベル」の塔。その昔、神の怒りに触れ言語を分たれた人間の末裔である私たち。 言葉が通じない世界の中で、人は心を繋げることが出来るのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 13 / コメント 8

2007/05/01 18:36
かちこみ!ドラゴンタイガーゲード〜龍虎門〜 
かちこみ!ドラゴンタイガーゲード〜龍虎門〜  香港で30年以上愛され続けているコミック「龍虎門」の映画化。 これぞ香港アクション映画! 原作らしき劇画がオープニングを駆け抜けて、赤く焦げた土と硝煙が微かに残る羅刹門跡、近未来のような香港の夜景。 この辺ですでに、かなり掴みはOKです。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/04/27 17:51
ハンニバルライジング 
ハンニバルライジング  レクター博士誕生の軌跡。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 15 / コメント 8

2007/04/25 02:45
サンシャイン2057    
サンシャイン2057     未曾有の衝撃を受けました。私の人生における初ホラーでした(苦笑) ダニーボイル監督作品も初だったんで、全然予想がつきませんでした。 ざっくりやられましたね〜。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/04/19 02:12
ブラックブック 
ブラックブック  「その愛は裏切りからはじまる。」 このあおり文句や予告編から、手に汗握る頭脳戦+悲恋モノを想像してたんですけど。 いい感じに裏切られました。 ものすご〜く分かりやすく楽しめる、でもって深いお話でした。 社会派メロ大河ドラマ ある女の一生 ってところですかね。(映画の中では半生ですが、ラスト後の彼女の人生が容易に想像できるんで^^) こういう題材を、誰にでも分かるように料理するのって大変だと思うんですよね。 難しいことを難しく言うのは簡単だけど、難しいことを平易に説明する方が骨... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/04/18 15:14
ブラッドダイアモンド レオナルド・ディカプリオ
ディパーティッドで返り咲いた(笑)私のレオ様好感度がほぼマックスまで回復しました ディカプリオは勿論ですが、みんなの熱演にホント拍手喝采です。テーマもかなり濃かったけど、そこがまた良かった。エンターテーメントと社会性メッセージの二つを見事にミックスしたなあと(見てて悲しすぎる場面は多かったけど^^;)感心しました。とりあえず褒めちぎって良いのでは?!と個人的に思います。いや〜これはたくさんの人に劇場で観て欲しい一本ですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

2007/04/12 14:56
ホリデー キャメロン・ディアス&ケイト・ウインスレット
SWEET(〃⌒ー⌒〃)∫゛SWEETER(//∇//)SWEETESTq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p てな感じに極甘です。 予想以上に甘かったです。。。 予告編を見た時は、キャメロン・ディアスがバリバリの仕事人だと思ったんで、あまりにもアッサリ恋に落ちてちょっとビックリ。 失恋直後のバカンスで、目の前にあんないい男(ジュード・ロウ)が現れたら、さもありなんですけど。。。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/04/11 00:40
スターフィッュホテル  佐藤浩市&木村多江
佐藤浩市asアリス 柄本明as灰色うさぎ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/05 23:03
デジャヴ  デンゼル・ワシントン
少し遅くなってしまいましたが、「デジャヴュ」観てきました。いや〜、相当面白かったです(≧ ≦)Ω 最初から、最後までハラハラし通し(*゜ロ°)ノミ 映画館が貸切(お客さんは私一人・・・)だったんで、前に乗り出しながら、驚きの合いの手を入れながら(苦笑)十二分に堪能して参りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/04/03 23:18
愛されるために、ここにいる
ジャン・クロード、50歳。職業、執政官。裁判所からの命令に従い、他人の生活に死刑宣告を下す。 先日は、家賃6000ユーロあまりを滞納した不幸なマダムに、家財の差し押さえを宣告。 「どうしたらいいんですか?」恋人に出て行かれたばかりで、一人暮らしらしいマダムは、途方にくれた。今にも泣き出しそうだ。 けれど、彼にはどうすることも出来ない。人に好かれる仕事じゃない。彼は、自分の職務を忠実に遂行しているに過ぎない。 行く先々で出くわす人の痛みと苦しみが彼の心を、長年の間にじわりじわり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/29 16:17
蟲師 オダギリジョー
母親をがけ崩れで亡くしたヨキは蟲師ヌイ(江角マキコ)に拾われた。 銀色に、鈍く、美しく光る髪で、潰れた片目を覆うヌイ。 人に害をなす蟲を退治して生きていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2007/03/27 19:13
龍が如く〜劇場版〜 
北村一輝主演 ヤクザ映画 ときて通り過ぎる訳にはいきません。つか、そんなことは許されません!中身がどうあれ、これは外せません。そういう覚悟で行ってきましたが^^;確かに、そういう覚悟が必要でしたね(苦笑) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/26 00:35
エレクション 黒社会1
久しぶりに香港映画をスクリーンで観れて、それだけでもかなり満足なんですが(^▽^喜)梁家輝迷な私的には、なかなかツボを押さえた良い映画でした。ルイス(古天楽)好きには、もっと美味しい映画だったのかも。。。実はルイスを初めてカッコいいと、これ観て思いました。出番はそんなに多くないけど、一癖も、二癖もあるおじさん達に囲まれながらも、鈍く、鋭く光ってました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/03/23 23:11
僕は妹に恋をする 
にゃんこさんところのブログを読ませて頂いて、怖いもの見たさな気持ちを抑えきれずに行ってしまいました。いや、もうそれは・・・にゃんこさんが止めるのを振り切る必要は、やはりなかった映画でした。作風は全然違いますが、去年のワースト1.「7月24日通りのクリスマス」に並ぶくらいの個人的ダメダシしたい作品でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/03/22 20:26
アンフェア the movie
これ以上引っ張るんですか?!つか、いいんですか?!この引きで^^: TVスペシャル版で、一番もやもやしたところがまた流されました。 一応映画ラストで、続編あるなしにかかわらず「ええ、そうなの?」と観客で判断できるだけの材料を提示してくれますが。 その背景は未だ謎・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 6

2007/03/17 19:26
フラガール
今更ですけど、映画館で観てきました!ぎりぎりスクリーンで見れて、本当に良かったです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

2007/03/02 18:17
どろろ続編 「2」「3」安っぽい魔物はどう変わる?
どろろ続編製作が発表されました。やっぱりって感じですが・・・ まさか「2」「3」とパート3までやってくれるとは予想外。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/24 00:32
ドリームガールズ 
ド迫力です。歌が心を揺さぶるって、正にこういうことなんだなあと体感できる映画。スクリーンを通してなのに、魂のシャウトがこちら側までガンガンに伝わってきます。 個人的にミュージカル映画はスキじゃないんですけど、これにはやられました。 恐れ入りましたです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

2007/02/22 18:06
こまねこ
なんてなんて可愛らしいんですの〜 「にゃにゃにゃ〜」ってこられたら、思わず心の中で「にゃにゃにゃ〜。」と返してしまいました^^;そして家に帰り着く頃は「にゃにゃにゃ語」に洗脳されてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/20 17:16
ダーウィンの悪夢 le Cauchemar de Darwin
これが悪夢であってくれればいいのに・・・ そう思わずにはいられない、悪夢よりも恐ろしい現実のお話です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/02/20 01:00
バブルへGO〜タイムマシンはドラム式〜阿部寛☆広末涼子
見終わってしばらくしてから、なんだか一人ふふふふっと密かに笑いたくなるような映画です。どかん!o(>▽ と笑うような映画ではなかったな〜。 この映画を愛でるポイントは以下 @広末やっぱり可愛い〜と再確認する A「あの頃は良かったな〜。」バブル時代を追憶する。 Bとりあえず、何でもいいからコメディーが見たい。 ちなみにBの場合は、少し物足りなさを感じるかもしれません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/02/16 00:29
あなたを忘れない
もっとベタベタなストーリーと演出かと思ってました。 実際、そういう演出と配役も多かったけど。(゜▽゜)\(−−;) オープニング風が吹くシーンとそこにのっかってくる音楽で「あれっ、もしかしたら・・・」とちょっと期待((o(^-^)o)) 主人公が音楽を好きなだけに、使われてる音楽(個人的に主題歌除く)が良かったと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2007/02/13 21:05
墨攻 (Battle of Wits) アンディ・ラウ、アン・ソンギ、王志文&范冰冰
春秋戦国時代の中国。戦乱の世において、自ら攻撃することは決してせず、平和を守るためにだけ戦う集団「墨家」 秦の始皇帝により中国が統一されると、忽然とその姿を消してしまった謎の集団。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

2007/02/05 22:36
どろろ 妻夫木聡×柴咲コウ
妻夫木君がぞくぞくって感じに綺麗です〜。柴咲コウちゃんはっちゃけて可愛いし〜。このコンビはいいですね。 ビジュアル的に文句ないし、親分子分の設定がまたほのぼの 去年の夏に予告を見て以来、ずっと楽しみにしてたんですけど。 その時から柴咲コウちゃんは、コレはまるかも〜と思ってましたが、今まで見た中で一番素敵なコウちゃんでした ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 8

2007/01/30 01:07
それでもボクはやってない  加瀬亮、瀬戸朝香、役所広司
笑えないですありえないです背筋が凍ります 先日、「刑期を終えて出所した人が実は無実で、真犯人が別に捕まった!」という新聞記事を読みました。これってどういうこと〜???そう素朴に疑問に思いました。けど、その背景まで記事にはなってません。これまでも冤罪事件の話を聞くたびに、こんなことがどうして起こるのだろう?大体罪を犯してもない人が、どうして裁判を受けて有罪になるんだろう?何のための裁判制度なんだろう?と漠然と不思議には思ってましたが・・・ この映画を観て、したくないけど、超納得。... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

2007/01/26 01:08
マリーアントワネット  〜キルスティン・ダンスト〜
目の保養、目の保養。きらびやかな衣装と、華麗なる宮廷絵巻。。音楽もカッコいいし、マリーがケーキみたいにチャーミングでビューティフル。噂にたがわず、と〜ってもゴージャスな映画でした。 本物のベルサイユ宮殿でロケ、そして画面の随所にきらめくシャンパンと宝石スイーツ。 マリーの衣装がくるくる目まぐるしく変わるんですけど、どれも可愛いし素敵。特に最初に着てたスカイブルーのドレスは、彼女の青い瞳の色と凄くよく合ってて、惚れ惚れと見とれちゃいました。ピンクのドレスも割と多かったと思うので... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 4

2007/01/25 01:11
彼女を信じないでください 『キム・ハヌル&カン・ドンヲン』
笑って、笑って、そしてほろり&ハッピーエンド。 韓国ラブ・コメの王道を行きます。 でも、そんじょそこらのコメディとは出来が違います。 キム・ハヌルはそのコメディエンヌとしての才能と、天性の愛くるしさを小動物のようにまき散らし、さじ加減を間違えればただうるさくなりそうなところを、それは、それはもうありえいないくらいの可愛らしさでキミならOKって感じです。 そしてカン・ドンヲンも、これほどなさけない男子を、これまたよくぞここまでという風に、思いきりよく演じきってます。オマヌケにも... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/01/24 02:12
ディパーテッド レオナルド・ディカプリオ&マッド・デイモン
香港映画「インファナルアフェア」のハリウッド・リメイク版です。ボストンの裏社会を舞台に、マフィアに潜入した警察のスパイと、警察に潜入したマフィアのスパイとの火花散る攻防戦。絶対に香港バージョンの方がいいだろうなあ〜と予想はしてましたが、やっぱり本家を超えることはなかったような。(←私の中で) 香港版はホント「終わった瞬間にまた見たくなる映画」でしたが、ハリウッド版は「あー綺麗に終わらせたな。」(←結構無理やりかも^^;)という感想で、二回は見なくてもいいわ〜と思いました。けど、それは... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

2007/01/23 11:12
ラッキーナンバー7 ジョシュ・ハートネット&ブルース・ウィリス
ダダ♪ダダッ♪タッ♪ターラタター♪♪^^あのメロディーが、なかなか頭から離れず、気づくと口ずさんでる今日この頃(^▽^;)))衝撃的ラストというわけには、そこまでいくかどうかは人それぞれだと。でも、「謎」も勿論気になるけど、キャストは豪華だし、テンポもいいんで、始まってすぐから物語にしっかり引き込まれちゃいました。私は、ホラー映画みたいに、ドキドキ・ゾクゾク感をめーいっぱい楽しんできました。せっかく劇場まで行ったんだから、騙される楽しみって言うか、その醍醐味を味合わなきゃ、勿体無いまあ、元々騙... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 11 / コメント 4

2007/01/20 19:35
鉄コン筋クリート 蒼井優&二宮和也
私は原作を全然知りません。蒼井優ちゃんもニノも特別好きなわけじゃないし、普段は声優さんがやってるアニメの方が好きです。だがしか〜しこれは良かったです〜。全然予想外!作品の色と、雰囲気、そしてシロの動きに、うま〜く自然にのっかってる彼女の声。透明感があって、浮遊感があって、独特のテンポを持つシロ。聞き慣れた声優さんの声よりも、ナチュラルで捉えどころのない彼女の声が、不思議で懐かしいこのストーリーに合ってて、映画にいい具合に作用してたと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2007/01/20 01:21
大奥 〜仲間由紀絵&西島秀俊〜
この映画は、ずばり西島君(仲間由紀絵ちゃんでも可)を堪能するためのものでしょう。 無茶苦茶悪かったわけでは決してないのですが、無理やり話を2時間に拡大したような感じ。もう少しコンパクトにまとめてくれれば、悪い題材ではなかったと思うので、残念。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/01/19 02:52
Little Miss Sunshine 〜リトル・ミス・サンシャイン〜
2006年夏後半、超大作が並ぶ中、アメリカで口コミにより大ヒットした「リトル・ミス・サンシャイン」 サンダス映画祭でも大評判になったこの作品。ハートフルでソウルフル。愛すべき「負け組み一家」の物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 4

2007/01/17 01:03
愛の流刑地 豊川悦史&寺島しのぶ
全編通して、豊川さんと寺島さんに魂ごと持っていかれちゃいました。 この映画は賛否両論あるだろうと寺島さんは仰ってましたが、私は思いっきり「賛同」派です。愛憎ドロドロラブストーリーというよりも、裁判のシーンが軸となって物語が進行していく、犯罪ミステリー仕立ての人間ドラマです。どうして二人はここまで堕ちてしまったのか?その種明かしがすすんでいく過程が見ごたえ十分!!それぞれの人物の内面を、奥の奥からえぐりとっているような心理描写が続きます。短いシーンでも、そこには計算つくされたメッセージが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 11 / コメント 2

2007/01/16 01:24
シャーロットの贈り物
「私はブタが大好きです。」 あるハム会社のTVコマーシャル。 なんで、なんでブタが好きなのに?最後ハムにしちゃうの〜〜〜 なんで、なんで、そんな嬉しそうな顔してお姉さん、そんな怖いこと言っちゃうの〜〜〜 ブダが好きで、なんで、なんでそんな殺生ができるんですか〜〜〜 その答えをくれたのは、うちの母でした。 母曰く。 「この『ブタ』は『豚肉』のことでしょうが・・・」 あー、そうですね。 ブダじゃなくて、豚肉。日本語って紛らわしい(^。^;) 映画の中でも、小ブタのウイルバ... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/01/09 23:28
人生は、奇跡の詩(うた) ロベルト・ベニーニ&ニコレッタ・ブラスキ
アカデミー賞に輝いた「ライフ・イズ・ビューティフル」の監督・脚本・主演ロベルト・ベニーニと、プライベートでも彼のパートナーであり、この映画のプロデューサーでもあるニコレッタ・ブラスキ。邦題の通り、まさに「奇跡のラブストーリー」原題は「LA TIGRE E LA NEVE=虎と雪」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/04 02:43
好奇害死猫〜Curiosity Kills The Cat〜カリーナ・ラウ&胡軍&寥凡
重慶の高級マンションに住む千羽(カリーナラウ)は夫である鄭重(胡軍)と息子の三人暮らし。父親の経営する会社で鄭重に一目惚れした彼女は、鄭重と結婚し、愛する夫と子供、そして薔薇に囲まれ平和に暮らしていた。息子の誕生日、引越しの荷物を積んだトラックがマンションの前に止まった。 マンションの警備員(寥凡)が荷物を下ろす手伝いをしている。若く美しい梁(宋佳)が同じマンションにネイルサロンを開くと言うのだ。梁は千羽の息子に、自分が手にしていた熊のぬいぐるみをプレゼントした。 その日から、マンシ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/02 02:20
藍宇 Lan Yu       〜リュウ・イエ 胡軍〜
2000年のリュウ・イエ 若いですね〜。 全くすれてない、初々しい少年役がはまってます。 「山の郵便配達」のイメージがちょっと重なりました。 内容はもう驚きの天と地の差ですが(苦笑) お相手の胡軍 すかしたイヤミな自己中有銭人が、これまたよく似合ってます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/18 00:19
王の男  カム・ウソン・イ・ジュンギ・チョン・ジニョン
口コミで広がり、韓国で1200万人(国民の4人に1人)が観た大・大・ヒット作。 韓国のアンケート調査でも、今年作品性の高い映画堂々第一位に輝きました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/12/17 01:56
犬神家の一族 
スケキヨ君が御自身のイメージをマスコットキャラで刷新しちゃったみたいに(?)どろっどろっ、暗黒色のお話は影をひそめてしまったようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/12/16 22:58
パプリカ  林原めぐみ 古谷徹
夢の中を自由自在に妖精のように飛び回る夢探偵パプリカ。 患者の依頼を受け、夢の中で患者が抱えている問題を見つけ、精神不安の原因を探る。  精神不安患者の治療を目的として開発されたDCミニ。何者かによって盗難、悪用される。使い方によっては人類を破滅させるだけの威力を持つ。 夢の世界が、現実世界を凌駕し始めた。一体誰が何の目的のためにDCミニを盗んだのか?パプリカは世界を、そして自分を救えるのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/16 00:45
NANA2
自分をうまく伝えられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/14 00:18
Mr.ソクラテス キム・レウォン
予告編見ても、ああまたチンピラ映画なのね。とか思いつつ、時間が丁度空いたので観てしまいました。 キム・レウォン系の愛くるしそうな(?)顔はイマイチ馴染めないのですが、この作品はとにかく面白かったです。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/10 21:14
DIVERGENCE〜運命の交差点〜 郭富城・鄭伊健・呉彦祖
アーロン、イーキン、ニッキー、そしてその他の出演者、 みんな、みんな精神不安定 失踪した恋人を10年待ち続ける刑事 老孫(郭富城) 理想と現実の狭間で壊れてしまったエリート弁護士(鄭伊健) 実はちょっとセンチメンタルな殺し屋(呉彦祖) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 19:35
ホリデー イ・ソンジェ&チェ・ミンス
1988年 10月。 ソウルオリンピックが開かれた年。 前大統領を狙った凶悪テロ事件がソウルで起こった。 そう報じられた。 犯人グループはソウルで、人質をとり立てこもった。 首謀者は「保安観察法〜拘留期間が普通の法律よりも長く定められた韓国の公法〜」で懲役7年、観察10年の有罪判決を受けたカンヒョク(イ・ソンジェ) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 07:03
とかげの可愛い嘘    チョ・スンウ&カン・ヘジョン
黄色いレインコートに赤い靴。くりくりお目めの可愛い女の子 晴れた日でも、黄色いレインコートを着て、ポケットにはいつもトカゲさんが。 「私に触ったら、良くないことが起こるの。私、呪われてるの。」 転校先でクラスメートに向かって、そう言ったアリちゃん。 友達は怖がって、アリに近づこうとはしません。 そんな中、一人だけ彼女の隣にいたいと思う男の子がいました。 いつまでも、いつまでも、彼女のそばにいたいと思う男の子がいました・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

2006/11/27 00:41
Sad Movie  チョン・ウソン シン・ミナ 〜ある意味悲しい映画〜
映画館の劇場。 観客は私一人。 「貸し切り」でした。 初体験w(@。@)w ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/11/18 04:00
「トンマッコルへようこそ」 チョン・ジェヨン、シン・ハギュン&カン・ヘジョン
2005年韓国で公開され、口コミで人気が広がり800万人が観た映画だそうです。 素晴らしい映画でした。期待以上に笑って、泣きました。 笑えるところでは、結構おしゃべりに夢中だったご婦人方も、物語が一変しだしてから黙り込んで泣いてらっしゃいました。色々あって、ぎすぎすした生活の中で忘れてる温かい気持ちを思い出させてくれるようなファンタジー映画です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2006/11/11 00:44
百万長者の初恋    ヒョン・ビン
「初雪が降るまでは・・・」 恋をしてドキドキしたり、ショックを受けたりするだけで命の危険にさらされる「ガラスの心臓」。 いつ命を落とすかも分からない。 好きな人のそばにいたい。 でもそれさえも許されない。 だからせめて、彼にさよならを言いたい、自分自身で。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/10 01:25
人間に恋した死神 A
ライトの自宅まで会いに行った。 警戒心むき出しの彼に、自分のデスノートを触ってもらう。 そして、私も彼の死神を見た。 無理やりだけど、家に上がらせてもらう。 どうやって調べたって彼が尋ねた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/07 02:38
人間に恋した死神 @ 〜ネタ・バレですから注意して下さい〜
あの日、学校から帰ると世界は一変していた。 私はあの日死んでいるはずだった。 何故私一人生き残ってしまったのか? 金のために私の家族を殺した犯人。 私は犯人の顔をはっきりと見た。警察でも証言した。 けれど、証拠不十分としてその若い男は釈放されてしまった。 悔しかった。この世に「正義」なんて、ドコニモナイ。 そこに彼は現れたのだ。 彼はまさしく私の「神」 「キラ」は私の家族を殺した犯人を裁いてくれた。 その日から、彼だけが私の生きる証になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/04 20:49
DEATH NOTE〜the Last name〜 人間に恋をした死神
私は高度な謎解きなんかは向いてないタイプです。 だから一回で見て、「あーなるほど」と着いていける位で丁度いい。 その点この映画は、分かりやすいし、ストーリーの流れも良くて、死神の対比もよろしかった(その死神が付いた人間の運命なんかも) それに、さりげない付箋が綺麗につながってるところなんかは見てて気持ちよかった。 2時間20分、次から次に事件が起こって、全然長く感じませんでした。 とにかくテンポが良くて面白かった☆☆☆☆☆ ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 3 / コメント 4

2006/11/03 21:32
涙そうそう 〜涙した人はごめんなさい〜
長澤まさみちゃんは可愛いです。 可愛くて、あれだけ性格が良かった日には! 私がにーにーでもそりゃあ惚れるでしょう。 容姿端麗+頭脳明晰+純真爛漫  女の子に捧げられるだけの褒め言葉をあげたいくらいです(笑) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/02 01:02
地下鉄に乗って 
堤真一素敵でした。 久しぶりにちゃんと「映画らしい作りの日本映画」を観たような気がします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/11/02 00:09
家門の危機〜大変な結婚2〜 シン・ヒョンジュン
白虎組のBOSS(シン・ヒョンジュン)は昔の恋人を事故で亡くして以来、なかなか他の女性を好きになれないでいた。田舎の母親はそんな彼を心配して弟達二人に、ソウルの長男のところへ行き、自分の還暦の祝いまでになんとか嫁を探すように命じる。 そんな中ボスは昔の恋人にそっくりな女性(実は暴力団摘発の検事さん)と出会う。 「お仕事は?」 「社会福祉団体を・・・・」(ボス大嘘の名刺を渡す) 「私は公務員を・・・」(まあ、こっちは嘘ではないな) お互いの正体を知らないまま、急速に燃え上がる二人... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/26 00:24
靴に恋する人魚 ビビアンスー&ダンカン・チョウ
生まれつき足が不自由だった少女ドド。寝る前の両親が読んでくれる童話が一番の楽しみでした。 「人魚姫は両足とその美しい声を引き換えに、魔法使いに声をとられてしまったけど、私はどうなるのかなあ・・・」 手術のおかげで歩けるようになったのはいいけれど、いつの日か魔法使いがやってくるのではと気が気ではありませんでした。 しかし、いつしか少女は大人になり、ドドは誰よりも靴が似合う美しい娘へと成長したのでした。 彼女は靴を買うのに夢中になり、気に入った靴はすべてその場で買い集めました。靴を買うこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/23 20:54
家門の復活〜大変な結婚3〜 シン・ヒョンジュン・キム・スミ 
笑いました! シン・ヒョンジュンのコメディー最高です! シリーズ三作目だそうですが、そんなことは全然知らずに見てしまいました。 知ってた方が、更に面白かったとは思いますが、この作品だけ見ても十分に笑えます。 シン・ヒョンジュンが素晴らしい。 そしてオモニがまた素敵! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 23:17
ふたつの恋と砂時計 (原題「あしながおじさん」)   ハ・ジウォン、ヨン・ジョンフン&ヒョン・ビン
ハ・ジウォン、ヨン・ジョンフン主演『あしながおじさん』 原作はみなさんご存知のジーン・ウェブスターの同名小説です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/10/18 02:04
いかさま師〜War of Flower〜 チョ・スンウ&キム・ヘス   チェ・ドンフン監督
スゴイ人気でした。上映スケジュールを見たら、なんでこんなに「War of Flower」がいっぱいなの?それは宮崎アニメ以上のものがあったのではないかと・・・ 韓国の旧盆に合わせて公開された映画の中では一番の興行記録だったそうで。 最初は見る気なんか全然なかったのですが、そんなに面白いのか?!と思って観てしまいました(笑)飛行機の時間に間に合うか?!(ソウル滞在の最終日)とちょっと焦りながら、それでも観てしまいました。 どうしようもなくつまらなかったら、途中で出ようと思っていたのですが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/16 02:28
女帝〜エンペラー 原題「夜宴」チャン・ツイィー&葛優&周迅
最初から期待を持ってはいけなかったのかもです・・・ これって「芸術映画?」みたいな??? そう思って見直すと、少しは違ってくるのかしら??? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

2006/10/13 13:30
私たちの幸せな時間 カン・ドンヲン&イ・ナヨン〜COEX MEGA BOXにて〜
えー、これは私の超・超個人的な意見ですが・・・ 「朝イチに見る映画ではないなあ・・・」 見たら一日きつかった。。。 うーん、悪くないし、みんな泣いてた(私もモチロン泣いてしまった)けど、出来たら夕方くらいに観て、もう一回覚悟を持ってしっかりと細かい部分を確認してきたかった映画かなあ。 朝イチに見てしまうと、気持がなかなか切り替えられない私にはちょっと辛い絵だったかと。 日本でもう一回見ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/10/13 01:59
スケバン刑事 コードネーム=麻宮サキ 〜斉藤由貴&松浦亜弥〜 YO-YO GIRL COP  
不法入国の母がスパイ容疑でアメリカ当局に拘束された。 母親を救いたければ「潜入刑事」になれ!これは取引だ。 少女(松浦亜弥)はひるまない。 「あいつは私がこの世で一番憎んでいる人間だ」 それでも、日本にたった一人で強制送還された少女には、他に何もなかった。 そして少女は「四代目 麻宮サキ」を襲名した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/03 00:52
イル・マーレ〜The Lake House〜(ハリウッド版)&時越愛 〜il mare〜(韓国版)
今日やっと「ハリウッド版 イル・マーレ」を観てきました。 主演の二人がハリウッドで唯一好きな(笑)女優&俳優さん。 そして題材が、2001年に観て超感動した韓国映画「時超愛 il mare」 こうくると、かなり期待してしまいます・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/27 22:52
太陽 〜The Sun〜 「昭和天皇 ヒロヒト」 イッセー尾形
「天皇 ヒロヒト この役を演じることの出来る日本人がイッセー尾形以外にいるだろうか!」 凄いです!もう脱帽です! さすがイッセーさん! 期待を裏切るどころか、ここまで演るか! 魅せてくれました! その卓越した演技力で「人間としての天皇」をあますところなく、私達に見せてくれました。 勿論、フィクションなんでしょうが、まるでドキュメンタリーを見てるかのような錯覚に陥らせてくれたほどです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/09/25 22:51
〜雨音にきみを想う〜 原題「摯愛」 ディラン・クォ 郭品超 
最近自分好みの映画に当たらないので、日本公開がもう少し先の映画ばかりをチェックしてます(苦笑) それで今更なんですけど、見つけました! 「雨音にきみを想う」邦題ゴロが綺麗でいい感じです。 この秋公開らしいですね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/22 00:10
私たちの幸せな時間  カン・ドンウォン&イ・ナヨン最新作
試写会には、チョン・ウソンを始め有名どころの俳優さんも集まって、評判も上々だったとのこと。大体試写会に有名俳優さん達が連なっていくこと自体が珍しいそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/09/21 02:19
シュガー&スパイス 風味絶佳 柳楽優弥&沢尻エリカ
最近好きな沢尻さん。。。前から興味のあった柳楽君。。。 チェン・ボーリンまで出てるというし、その上夏木マリさん。 細かいキャストまで言えば大泉洋に佐藤さん(笑) レディースディで¥1000だったんで、思い切って行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/09/21 00:30
PIRATES OF CARIBBEAN パイレーツオブカリビアン/デッドマンズ・チェスト
遅ればせながら、やーっと観にいってきました。 すご〜く期待してたせいでしょうか・・・ このシーンいらんやろう〜やら。 困ったときの未開の文明人かい! とかなんとか、かなり突っ込みどころが多くて、何だか・・・ でもやっぱりジョニー・ディップはカッコよかった! ジャック・スパロウ船長はかなりお笑い系に走ってましたし、物語自体がコメディ・アクション・モンスター映画かい!って感じでしたけどね。 なんだかんだいいながら、2時間40分観てしまったんで、やっぱり面白かったのかなあと思いま... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/20 23:11
グエムル 「漢江(ハンガン)の怪物」の鑑賞法 ソン・ガンホ&ピョン・ヒボン
これはですねえ、「怪獣映画」として期待して見てはいけないんですねえ・・・ 怪獣が登場する「韓国家族愛・絆・物語」という前提 で見始めて、たとえ腑に落ちないところがあっても、ソン・ガンホとピョン・ヒボンの相変わらず安定した素晴らしい演技力を、ほほーっと感心しながら、そういった角度から見ると、何とかしのげます(苦笑) 実際、主役親子のやりとりなんか見ると、本当にいいんですよ。 これは宣伝の仕方として、小学生が夏休みに親子で見る「怪獣&家族愛」映画で持ってきたらもっと成績は良かったのではな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/09/20 02:23
ウインターソング 「如果・愛」(原題) サントラ イベントでの金城君の日本語・・・
映画スターを目指すと孫納(ジョウ・シュン)と映画監督を目指す香港からの留学生・林見東(金城武)は1995年の北京で出逢う。 二人はお互いの夢を語り合いながら、いつの間にか相手を深く思うようになるのだが・・・ 10年後二人は映画スターとして、ある映画で共演を果たすことになる。 その監督(張学友)が現在の孫納の恋人。 孫納を失って以来、ずっとこのチャンスを待ち焦がれていた過去の男・・・ 10年間の想いは何処に向かっていくのか? ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/09/16 04:14
吸血刑事 ナ・ドヨル キム・スロ&チョ・ヨジョン
Story 2006年、ルーマニア/トランシルバニアの古城。空には雷が鳴り響く嵐の夜。棺おけの中でドラキュラ伯は深い眠りについていた。 そんな古城に一匹の蚊が忍び込んできた。 そして、ドラキュラの首を刺した。 ドラキュラの血を吸った蚊の両目は赤く鈍く輝き、吸血蚊へと変化を遂げた。 ドラキュラの攻撃から逃れて、ペンシルバニアより 航空機の窓に引っ付いてソウルにやってきた吸血蚊。ソウルの道路で起こった衝突事故現場、激怒した刑事ナ・ドヨルの首に容赦なくその針を刺した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/31 02:29
ダンサーの純情 ムン・グニョン&パク・コニョン
中国から出稼ぎのために、またお姉さんの身代わりとして「偽装結婚」。 ソウルでダンスを学びたいという19歳の少女。 そのお相手は、元韓国ダンスチャンピオンのナンス。 今は色々あって、なげやりな生活を送っていた。 友達からもちかけられたこの偽装結婚に渋々OKを出したのだが。 そんな二人は警察の偽装結婚摘発警官に目をつけられ。 偽りの共同生活の中から、少しずつ相手のことを知っていくにつれて・・・ ダンスと共に、二人の距離も・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/28 00:28
ジャスミンの花開く「茉莉花開」 チャン・ツイィー 注意)感動した人はパスして下さい!
いやー、見終わってびっくり!気持ちいいくらいの驚き!なんでこれに出たのかなあ章小姐? 劇本は一体どうなってるんじゃ?どういう感想を持てと言われますの〜? 二役、三役って役者さんにとったら、挑戦してみたいジャンルなのかなあ・・・ いや、これは章小姐を堪能する映画なんでしょう(多分) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/19 02:19
You are my sunshine・ユア・マイ・サンシャイン(君は僕の運命) チョン・ドヨン
実話をもとに作られた、人をどこまでも純粋に想う素朴で暖かな男性と、不幸の中で生き続けてきた女性が、真実の愛に辿りつくまでの「ヒューマン・ラブストーリー」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/18 17:43
夜宴 ジョウ・シュン(周迅)&チャン・ツイイー
※チャン・ツイイー 五代十国時代の「中国古装(時代劇)電影」らしいです・・・ 監督はfeng(日本漢字で探せませんでした・・・)xiao gang (フォン・シャオ・ガン)という中国大陸でとても有名な監督さんです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/08/07 02:34
恋愛中的宝貝 ジョウ・シュン(周迅)&陳坤(チェン・クン)
ある日、ビデオ・テープを偶然街角で拾ってしまう宝貝(ジョウ・シュン)。そのビデオには劉志という青年が自分の人生の空しさについて語っていた。そんな劉志に恋をしてしまう宝貝。彼に妻がいるにもかかわらず家まで押しかけ、そのビデオを妻に見せてしまう宝貝。 劉志は勿論、家から追い出されてしまう。行く先のない劉志、熱心に追いかけてくる宝貝。そんな彼女に困り果てる劉志は彼女に冷たくするのだが・・・ 彼女のいかつい従兄弟に「彼女を泣かせるな!」と殴られて。とりあえず仕方なく宝貝といることに・・・ ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/05 20:52
風の伝説〜イ・ソンジェ&パク・ソルミ〜
文句なくイ・ソンジェ好きにはたまらない、彼出ずっぱりの「やるせなさ、艶っぽさに色気、男気、切なさ、愛らしさ」と全てを兼ね備えた一本です! 特にダンス・シーンはよくこれだけ頑張ったよなあと、心から拍手を贈りたくなりました。 エンドロールでダンス特訓のシーンが流れて、滑ったり、転んだりと凄く大変そうでした(汗) 「韓国版・Shall we Dance」って聞いてましたけど、私は日本版を実は見たことがない(稀少?)ので何ともいえませんが、確かに映画の半分、いや2/3は踊ってるんじゃないか〜 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/04 02:53
緑茶 趙薇(ビッキー・チャオ)&姜文(ジアン・ウエン)〜Green Tea〜 
北京を舞台に繰り広げられる、職業も生い立ちも謎に包まれた男女の不可思議(不思議)な恋物語です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2006/08/02 00:48
「玉観音」ニコラス・チェー & ビッキー・チャオ(趙薇)
南徳(雲南省:麻薬密売の最前線)で警察学校を一番で卒業し、自分の職務に魅入られ、条件のよい結婚よりも仕事を選ぶ「安心」(ビッキー・チャオ)婚約者の「鉄軍」はエリート記者。 そんな彼は月一で片道八時間列車に乗り、彼女を訪ねる遠距離恋愛が続いていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/29 23:25
「情人結」 〜A TIME TO LOVE〜   陸毅(ルー・イー)&趙薇(ビッキー・チャオ)
「中国現代羅密歐輿采麗葉的愛情故事」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/23 01:35
DAISY デイジー アナザー・バージョン  「パクウィ(チョン・ウソン)の視点より」
孤高の暗殺者パクウィ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/07/18 20:55
DAISY 「予告編」 韓国版と日本版の違い・・・&イ・ソンジェ
「愛は、枯れない」これは日本版のうたい文句ですね。 日本版と韓国版そう大して使われてる映画の部分は変わらないんですけど、 決定的に違うのは、韓国版の方が映画そのものに忠実な宣伝で、 でもってアクションシーンの比重が日本版より多いです。 日本版はそこに叙情的な、優しさが加えられてるってとこでしょうか。 それは韓国版のポスターを見れば一目瞭然ですかね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 5

2006/04/30 00:56
連理の枝「隠しだまに(ρ.-)」
普通のべたべたな悲恋ものだと…途中まではただ、チョ・ハンソンだけを追ってたんですけど。そんな私に大後悔!あんな隠れ玉が、しかも2度も! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/04/18 01:01
「長恨歌」鄭秀文(サミー・チェン)、梁家輝 (トニー・レオン)
ある撮影現場・・・ 高校生のサミーが親友の女子高生に連れられてきた。そこで偶然出逢った女性アイドルを撮り続けているカメラマンのトニーレオン。 彼女に一目で惹かれてしまったトニーは彼女をモデルにスカウト。 よくある話で、実は親友の方がスターになりたかったから、サミーは辞退し続けた。 けど、サミーの母親に連れられて仕方なく・・・ そこから彼女の人生が変わっていく。 ミスコンに出る羽目になって、そこで当時の軍隊のお偉いさんに見初められ。 時は1948年の上海。歴史が大きく唸る時代に、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/15 19:29
タイフーン「チャン・ドン・ゴン激し、切なし、ド迫力!」
チャン・ドン・ゴン様と呼ばせて頂かせてもよろしいでしょうか… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/09 23:55
オオカミの誘惑 ◆◇◆◇◆◇◆◇「チョ・ハンソン&カン・ドンウォン」に魅せられて。。。
平凡だけど純真というか、天然かわいい女子校生が、いきなり二人のイケてる男子二人にもてもて!一人のかわいい男子は「お姉ちゃん」と会った途端に呼び甘え。もう一方はもててきたけど、ちょっと横柄〜命令的〜なんだけど、純愛一直線に(笑)一見普通な三角関係…でも、実は… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/04/09 23:30
プライドと偏見 ☆彡☆彡☆彡☆彡
再映で時間が丁度あったんで観てきました。いやー凄い邦題だと実は思ってたんですけど…原題そのままだったんですね。まあ、内容もそのままでヾ(^_^; ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/06 23:21
県庁の星∵・∴・★ 佐々木蔵之介が好きです!
なんかさ… いやーハズレではないし、織田裕二も柴咲コウも悪くない。蔵ちゃんも相変わらずな役どころで(笑)… 蔵ちゃんってどうして、ああいう役どころばっかりなの?ああいう普通ぽいの観てると、やっぱり舞台で悪役観てみたいと最近富に思う。 蔵ちゃんの「熱闘飛龍小学校」や「白血球ライダー」の悪どころ最高だったんだよねえ・・・ 蔵ちゃんファンクラブに95年の「俺達は志士じゃない」のときに300円で入ってれば良かったと、今ものすごーく後悔してます。 蔵ちゃんって勝手に呼んでますけど、かっこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/04/05 22:49
「プロミス」真田広之&ニコラス・チェー、チャン・ドンゴン
いい男揃い踏みですか?! 余り期待しないで観たんですけど、最後でニコラスにやられましたね。。。 そこから、ぐぐーっと映画に入り込みました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 7

2006/04/01 00:31
ウォーターズ 小栗旬「このあおり文句って・・・」
「俺達を指名してくれ!」ってチラシのあおりなんですが・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/28 02:02
金城武「ターンレフト・ターンライト。向左走,向右走」
金城武とジジ・リョンの「香港的御伽噺風ロマンチックコメディー」ですかね。 何で、舞台が台北なのに広東語何やねん!!! と突っ込みを入れたくなりましたが、 何で台北が舞台なのかは、ラストでしっかり分かります。 が、しかしこれっていいんかいと、これ観て怒る人はおらんのかい!!! とまた言いたくもなりましたが、映画ですからね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/02/18 15:48
「僕の恋、彼の秘密(十七歳的天空)」 "Seventeen,s Sky"
いやー良かった(^-^)v長いこと待った甲斐がありました!「僕の恋、彼の秘密。」主人公の純朴田舎少年「愛は一種の信仰である。」が愛読書。初恋もまだ。そんな彼が台北に出てきて、恋した相手が一夜限りがモットーのプレイボーイ花花公子。余りに二人の絡みが少ないし、進展が・・・ちょっと焦れったい感じもありましたが、いい男の子二人の楽し、切なし、嬉し「恋物語」は観た後も爽やかです。 周りの三人がちょっと煩かった気もするが、ヨシトシヨウ。 いい感じのラブ・コメディー(とまでは言ってはならんか?) ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2006/02/05 01:05
「映画「単騎、千里を走る」」について
「映画「単騎、千里を走る」」について 良かった〜 私も本当に腑に落ちない事だらけで、泣いてる人には悪かったけど、全然感動どころか、これはありえんと思い昨日帰って来ました。 特に私は中国人と仕事したり、向こうの現実も知っているから余計感動出来なかったかと思っていたら、普通に観てもありえないんですね。 有難うとこんにちわ位、高倉健も中国語使えよ・・・ それにこれ観たお年を召した方が、あれを現実と思って雲南省行ったら、みぐるみはがされて帰ってきますね(^−^;)確実に。。。 これならまだ「... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/02/04 06:15
THE 有頂天ホテル 満席ですよ!
劇場側が「有頂天」になりますよね。この映画・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 01:22
「僕の恋、彼の秘密」 & 真田広之 「プロミス」
待ってました〜!!! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/30 00:09
僕の恋、彼の秘密 どうでした?
「十七歳の天空」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/12 23:06

トップへ | みんなの「映画」ブログ

Meihua's English Diary 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる