Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 僕は君のために蝶になる ジョニー・トー監督作品 (2007) 北京語

<<   作成日時 : 2008/11/13 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

画像



整体のおかげで腰の調子がすこぶる良くなり、映画館にまた通えるようになりました。その記念すべき第一弾作品がコレ(笑)ジョニー・トー監督のシリアス・ラブストーリー。いや、あの香港ノワールを描かせたら右に出るものはいない監督のラブって・・・どんな感じなのかな〜という興味と、脚本がマギーチャン&レオンライ「ラブソング」のアイヴィーホーだというのですからこれはひとまず観てみなくては!!

で、結論から言うと・・・

私みたいな興味本位で行った人はある意味楽しめるけど、純粋にストーリーやヴィック(仔仔)目当てに行こうものなら、ちょっとがっかりするかも(苦笑)あっ、でも李冰冰ファンなら十分に見ごたえある映画に仕上がっていると思います。


ストーリーはとっても簡単。
ちょっとした口論の果てに、彼氏(仔仔)をバイク事故で亡くしてしまったエンジャ(李冰冰)は不眠と精神不安から精神科医の元に通い続けて丸三年。そろそろ精神安定剤or睡眠薬を止めてみませんか?!これ以上飲んじゃうと、薬を増量するはめになりますよ。とお医者さんに言われます。で、素直に医者の言うことを聞いてみると・・・なんと薬を止めたその日から彼の幽霊が彼女の前に姿を現し始めるのでした!
「你是不是真的喜歓我嗎?君は本当に僕のこと好きだったの?(最後の嗎があったかどうかは私もちょっと記憶が曖昧なんですけど・・・中国語文法はすっかり忘れてしまいました・・・)」
死ぬ直前に君にぶつけた質問の答えを貰えない限り、僕は成仏出来ないんだ!


う〜ん、面白くないわけではないのですが、それはジョニー・トー監督がラブストーリーを撮ったらこんな感じなんだ〜っていう自分的納得感が主な気がしました。これが知らない監督さんの作品で同じものを見せられたら、あんまり有難みがないような。

リー・ビンビンは相変わらず上手いです。と言うか、激しい演技がメチャメチャはまってます。で、私の最終結論としては

「どうせゴースト出すんだったら、いっそホラー映画にしたら良かったのに。」です(笑)

いや、そのほうが彼女の持ち味というか、鬼気迫る演技が作品にしっくりきたんじゃないかな。いくら幽霊が出てくる映画と言っても、ラブストーリーにあそこまでの迫力を出されるとちょっとひきます(^^;)

仔仔はこれが映画初出演だそうですが、多分彼を堪能するつもりで行くと思いっきり肩透かしをくらうのではないでしょうか!?私が『マジック・キッチン』で味わった「ジェリーをもっと出せ〜〜〜」ってあの感じですかね。『マジック・キッチン』の場合はコメディでサミー可愛いし、アンディ出てるんで個人的にはOK作品ですが・・・

余談ですが、この映画に限らず私がこれまでに観た中国の作品で、死んだ人が「蝶」になる話しがたまにあったんで、この前中国人の友達に「中国では人が死んだら蝶になると信じられているの?」と素直に訊いたところ、それはご存知の方はモチロン超ご存知でしょうが「梁山泊と祝英台(漢字に自信ないんですけど・・・)」の話が元らしいですね。

昔の中国では女性が学問をするなんてもってのほかだったんですが、それでも学問がしたい一心で男装し学問所に入った祝英台(←ハッ、これって実は「花君」の大元だったりします?!)は寮で同室になった梁山泊に恋をします。お互いに好意を持つのですが、彼女は女だと言うことが打ち明けられないまま、彼は男に恋した自分に悩み続けて一年が過ぎ、結局二人とも結ばれることなく死んでしまいます。物語のラスト、二人は蝶になり幸せそうに空に舞い上がったそうです。

画像


最後になりましたが、シュー役のウォン・ヤウナン君が私的この映画唯一の拾い物でした(笑)
やんちゃ系のかわいい青年好きの方にはオススメです。彼の憎めない加減が絶妙でした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜〜〜。
いっぱいアップされてた〜(笑)
ごめんね・・・お邪魔してなくて〜(^^;)

めいほあさんのレビュー読んでたら、私は結構好きな作品かも〜と思ったけど、どうだろ?
勿論、公開ないし><;
ヴィックも李冰冰ちゃんも好きなの。

中国の蝶って、そういう意味があったのかぁ・・・
知らなかったです。
学びたかった女性って悲惨だったのね。。。


マリー
2008/12/16 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
僕は君のために蝶になる ジョニー・トー監督作品 (2007) 北京語 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる