Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ELIZABETH THE GOLDEN AGE  ケイト・ブランシェット (滞在86日目)

<<   作成日時 : 2007/11/19 03:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 8

画像



「ゴールデン・エイジ」と銘打ったくらいですから、それはそれは華やかでドラマテックな歴史絵巻が待ち構えているものだと、勝手に想像して期待していたんですけど・・・
ええ、確かにこっちの批評を幾つか読んだ限りでダントツ多かったのが「史実を思いっきり無視しやがって〜」これはイギリスの歴史をよく知らない私にはさほど気にならないだろうと思ってたんですが・・・
この映画「歴史スペクタクルロマン」だと思って行くと、エライ目遭います^^;
史実がどうあれ、大英帝国が歴史的に最も華やかだった時代の雰囲気と、政治の駆け引きなどの緊迫感を味わえると思っていたらアラ、びっくり。ゴールデンじゃなくて「グルーミーエイジ」でした。この映画ってケイトには悪いんですが・・・


孤独な女王様の中途半端な初恋物語


何が中途半端って、もう脚本もキャラ設定も歴史も衣装もCGも音楽も何もかもすべてがいまヒトツ。


スペインとの争いを軸に、一族の裏切りやら、側近たちとの駆け引きやらをじっくり描きつつ、恋も取り入れてくれたらもう少し女王様に感情移入できたと思うのですが。恋を中心に持ってくるには、政治がうるさすぎたし、スペインとの海上戦も見せ場なのかどうなのか、よく分からないような割とお粗末なCGで・・・もう、すべてがなんだかな〜で終わってしまい残念でした。


画像

ケイトは確かに凛としていて、毅然とした女王様。
史実によれば6言語を操り、とても聡明だったが、その反面とても傲慢で感情の起伏が激しかったと言うエリザベスを好演してると思いますが・・・ケイトだからこそ出せる迫力が、突き抜けるものが今回はなかったように思えました。
というか・・・ポスターみたく「女戦士」だったら絶対カッコよかったと思うのです、「女王様」と呼ぶには品がなさすぎ。


この前観た「クイーン」の現代版女王陛下(Helen Mirren)の方が、「女王様」の気品に溢れていた気がします。ケイトの女王様はオーラが弱かった。そういう、弱い女王陛下を描きたかったのかとも思いますが、やっぱり「女王」というからには、そこそこの威厳を見せて欲しかったです。


画像

★女王様が恋に堕ちた Clive Owen


画像

★女王様の「妹」で「恋敵」 Abbie Cornish


観てる時は確かにそこそこ楽しめるけど、見終わった後に何も残らない。なんか大河な昼ドラにメチャお金かけました〜って感じです。


これだったら、多少ぶっ飛んでても、ストーリー性無視の方向でも、その分衣装に音楽にと見事に楽しませてくれた「マリーアントワネット」のほうが個人的には好きです。


こっちの映画館は聴覚障害者のためにサブタイトルでの上映回があって、映画を字幕なしで聴き取れるわけない私にも大変ありがたいのです。最近特に忙しくて、映画を見に行く時間も全然取れなかったんですけど、これからはやっぱり少しずつでも映画館に足を運びたいと思います。勿論サブタイトルありで(苦笑)
学生証が出来たんで学割が利くようになったんです!それでも£5.5(約1400円)ですが・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エリザベス/ゴールデン・エイジ
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オ... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2008/02/19 09:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
そうですか〜・・・
予告で観て、ケイトの迫力に圧倒されてたのですが〜「内容はないよう」なのね。。。あ〜〜すいません、くだらんシャレで(爆)
初恋物語なのですかぁ。
ちょっと思ってたのと違うわ。
来年公開されたら確かめなきゃ。←結局観るのね(笑)

あっ!クライブは濃すぎて苦手なんですけど〜コスチュームものだと あんまり濃く見えない!びっくり〜
マリー
2007/11/24 12:58
マリーさんへ こちらにもコメントありがとうございます♪

私も予告だけ観ていた時は、すごくスケールの大きな映画だと思ってメチャ期待していたのですが・・・

>「内容はないよう」なのね。。。あ〜〜すいません、くだらんシャレで(爆)
いや、まさにこんな感じですから。けど、もしかしたら私が英語パーフェクトじゃないんで、そう感じだだけかもしれません。
日本での公開は来年なんですね。公開されたら是非ご覧になられてください。そしてマリーさんの感想をお聞かせください。

>あっ!クライブは濃すぎて苦手なんですけど〜コスチュームものだと あんまり濃く見えない!びっくり〜
爆笑です!濃いものと濃いものが混ざると、その濃さは中和されるのでしょうか(笑)
ちなみに、私も彼は濃すぎて苦手です。
めいほあ
2007/11/25 23:39
え〜っ・・・「内容はないよう」なんですね(笑)ちょっとマリーさんのをパクッて見ました↑
私も予告で見た限りでは、壮大な歴史スペクタクルロマンだと、思ってましたよ!そっかぁ・・・違うようなのね・・・。

>「女王様」と呼ぶには品がなさすぎ
まだ、映画見てないけど、これはわかる気がします!品もないし華もないよねぇ・・・。
とろ
2007/12/03 20:30
とろさん こんばんは。こちらこそコメントのお返事が遅くなってしまって、本当にスイマセン。
>え〜っ・・・「内容はないよう」なんですね(笑)ちょっとマリーさんのをパクッて見ました
←爆笑です。。。でも、正にそんな感じです。実は私は「1」観ないで、「2」観ちゃった人間だったんですけど・・・イギリス人の友達から「1」はまだ面白いからと勧められて、先週DVDで鑑賞しました。そして、思ったことが・・・
「どうして監督は2を作ってしまったんだ〜?!」でした(笑)
「1」 で止めておけばよかったものを。。。
めいほあ
2007/12/09 07:15
こんにちは〜〜
やっと公開になったので〜観てきました〜
内容はないよう〜(まだ言ってるよ 爆)の先入観で観にいったら〜あはは・・・面白かったです。
というのも1は多分観てない。(これもはっきりワカラナイ)英国の歴史に詳しくない。ケイトの演技が好き。バルボッサ(名前違うから〜笑)が出てる。コスチュームものにめっちゃ弱い。
以上の条件で〜かなり楽しめました。
なんといっても豪華絢爛〜衣装が見ごたえあるし〜♪それを見てるだけで、しあわせ〜〜でした。
女王の威厳というより、「もろい」、「あやうい」女王を見せたかったのでしょうね。。。
その点は凄くよかったです。
それにしても〜〜〜クライブは卑怯な男?あんな思わせぶりってあり?それとも本当は好きだったの?そこがイマイチつかめなかった。

濃い+濃い=普通 の公式を確認いたしました。全然濃くなかった〜クライブ。びっくり!!(爆)
マリー
2008/02/18 18:59
マリーさん コメントありがとうございます。楽しまれたとのコト何よりでございます。
多分、私の期待がもっと豪華絢爛、もっと歴史スペクタクルだったから失望が大きかったと思います。私は弱い女王様はあんまり見たくなかったから(笑)

クライブ嫌なヤツでしたよね〜。あれは思わせぶりすぎです!!けど、やっぱり少しはスキだったんではないでしょうか?

>濃い+濃い=普通 の公式を確認いたしました。全然濃くなかった〜クライブ。びっくり!!(爆)←この公式に爆笑です!!
めいほあ
2008/02/19 05:27
めいほあさ〜ん、また遊びに来て下さってありがとうです♪
今日はコチラにお邪魔します!

やっぱり・・・ちょっと中途半端な感じがしましたね〜
イギリスでは随分不評なご様子。
私も恋愛を中心にせずに、メアリー女王やスペインとの絡みをもっと観たかったです。
これはこれでいいか・・・と思うのですが、どうしても腑に落ちない気分がしちゃうんですよねぇ〜
でも!!私はケイトが大好きなので、彼女の豪華衣装や甲冑姿に圧倒されました。
神々しい感じもしちゃいました〜♪
由香
2008/02/19 09:22
由香さん こんばんは。こちらこそ、またコメントをありがとうございました。それなのに、お返事が遅くなってスイマセン。

由香さんはケイトが大好きなんですね〜。私も彼女の演技はかなり好きなほうなんですが、歴史スペクタクルに過度の期待してしまったせいでしょうか、どうしてもすべてが中途半端に感じられて残念でした。個人的には前作のほうが好きです。イギリスの評価は本当に低いですよ〜。私はレビューはあんまり信じないほうなんでが、これに関しては結構他のイギリス人さんたちの意見に納得してしまったところが大きかったです。
めいほあ
2008/02/25 05:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
ELIZABETH THE GOLDEN AGE  ケイト・ブランシェット (滞在86日目) Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる