Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェット (滞在8日目)

<<   作成日時 : 2007/09/02 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像



イギリス人の家族と一緒に鑑賞したのですが、英語がパーフェクトに分かる彼らでさえ「理解するのが難しかった。」と言っていたので、少し複雑なストーリー展開だったと思います。それでもなぜか、知らぬ間にグイグイ惹きこまれる不思議な映画です。


トレイシー(ケイト・ブランシット)はシドニーのリトルサイゴンでレンタルビデオ屋のマネージャーとして働いている。店のオーナーからレンタル屋の隣にインターネットゲームの店を出して、ビジネスパートナーにならないかと誘われる。
銀行にローンの相談に行くトレイシーだが、麻薬中毒だったという過去のせいで銀行からの融資を断られてしまう。


トレイシーのボーイフレンドは輝かしい過去から一転、今では昔のトレイシーと同じようにドラッグ中毒になっていた。なんとか彼から麻薬を断ち切りたいトレイシーだか、ボーイフレンドは次第にドラッグの深みにはまっていく。


そんな時、昔のボーイフレンドが彼女の前に姿を現した。バンクーバーから帰ってきたと言うジョニーは昔トレイシーを麻薬の道に引きずり込んだ張本人だった。
ドラッグディーラーから足を洗い、今では株のディーラーになったというジョニーだったが・・・



ケイトの演技がとても繊細で見事です。
劇中、彼女の発するピリピリとした常に張り詰めた空気。
ドラッグに溺れていく今の恋人と、ドラッグディーラーである昔の恋人の間で揺れ動く心。
彼女の表情すべてに惹きつけられます。


画像

☆その存在自体がクールでカッコいいケイト・ブランシェット


どの登場人物の演技もとても迫力があって素晴らしいのですが、個人的に魅入られたのはケイトの元彼ジョニー役のヴェトナム人の彼!顔がそう整っていると言うわけではないのですが、なんか妖しいフェロモンがフラフラ〜っと無意識に吸い寄せられそうになります


画像

☆観ているうちにどんどん素敵に見えてくる愛しの彼(笑)


映画全体の雰囲気はまさにインディペンデント。だからでしょうか、ストーリーがとても身近でリアルなものに感じられます。


この映画の舞台はシドニーですが、この映画の凄いところは、例え舞台が世界中のどの都市に移ったとしてもストーリーが何の違和感もなく受け入れられることだろうと思います。
香港でも、中国でも、台湾でも、東京でも、パリでも、ロンドンでも。
どこにでも普通に転がっているような、ちょっと怖い話です。



ちなみにリトルフィッシュとは「大きな川の中で、自分たちよりも大きな魚に呑み込まれてしまわないように必死で逃げ惑う可哀想な小さな魚たち」という意味らしいです。


小さな魚である弱者の前に立ちはだかるすべてのプレッシャー。それはドラッグであったり、お金や家族、社会的問題などなど。小さな魚が生きていくにはあまりにも無常で大きすぎる世界。そこで必死に生きようとしている彼らの姿は、とても痛々しく、同時にそのギリギリの生き方が刹那的に美しく見えました。


2006年のオーストラリア映画際で上映されたそうですが、是非一般に劇場公開してもらいたい映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
めいほあさん、こんばんは♪
英国でも映画ライフを満喫されているんですね!趣味と英語の勉強が兼ねられてバッチリですね〜〜うらやましいです。生きた英語を学ぶには映画やテレビってうってつけですよね。
あいも字幕なしで楽しめるようになりたいです♪(BLCDじゃなくて英語の朗読CD聴けよって感じですね、笑)
あい
2007/09/03 00:17
あいさん こんばんは♪
>英国でも映画ライフを満喫されているんですね!
今までは自分の部屋のTV画面が超小さかったんでDVDで映画を見ようとか全然思わなかったんですが、この家のTVが割りと大きいんでDVDで映画を見るのが楽しみになってきました(笑)

>趣味と英語の勉強が兼ねられてバッチリですね〜〜うらやましいです。
今のところ、ほっとんど勉強になってるようには思えませんが・・・汗)
いつになったら聞き取れるようになるんだろう?!つか、なれるのか・・・自分???

>BLCDじゃなくて英語の朗読CD聴けよって感じですね、笑
very very mee too!です(笑)
めいほあ
2007/09/03 05:17
こんにちは〜〜♪
今日も美味しくいただきましたか?(笑)

これは、なかなか深そうなストーリーですね。
ケイトが撮っている・・・と書いてあったもので〜筋が少し書いてありましたが〜こういう内容とは・・。
私の好みです!
こちらで公開はあるのでしょうか?
あったら是非観たいです。
めいほあさんを虜にした彼も確認しなきゃ。(この写真1枚でも、妖しいオーラ放ってますよ 笑)

ヒアリング・・・どの国の言葉も、聞き取ることが基本ですよね。
ムズカシイ・・・ムズカシイ・・・ぶつぶつ。
マリー
2007/09/03 20:58
マリーさん コメントありがとうございます。

>今日も美味しくいただきましたか?(笑)
当然了!でございます(笑)

>これは、なかなか深そうなストーリーですね。←ですね〜。ちょっと難しかったです。でも、多分一言でまとめると「ドラッグは人間を絶対に幸せにしない!!」ってメッセージ映画だったのかなあと思いました。

>こういう内容とは・・。
>私の好みです!
だと思いました(笑)映画の感想をUPしながらマリーさんのこと考えてましたもの。。。

>めいほあさんを虜にした彼も確認しなきゃ。(この写真1枚でも、妖しいオーラ放ってますよ 笑)
やっぱり妖しいですか〜?!そこがたまらんので、マリーさんにも是非確認して欲しいので、日本でも一般公開して欲しいです。

>ヒアリング・・・どの国の言葉も、聞き取ることが基本ですよね。
まったくです・・・

>ムズカシイ・・・ムズカシイ・・・ぶつぶつ。
特に中国語はムズカシイ・・・と私は思います。ヒヤリングで一番手こずったのは中国語のような気が・・・加油!麻里女士〜(勝手に中国語当ててみました。)
めいほあ
2007/09/05 02:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
「リトルフィッシュ」 ケイト・ブランシェット (滞在8日目) Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる