Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 傷だらけの男たち 〜我愛梁朝偉〜広東語ver.

<<   作成日時 : 2007/07/12 20:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 11

画像



「傷だらけの男たち(先日VCD北京語verで鑑賞)」を映画館の大スクリーンで観てきました!
当たり前だけど、やっぱり大きな画面はいいですね。最高にいい男ふたりの魅力をMAXで感じとることができました。


アンドリュー・ラウ監督と言えば、ディカプリオ主演でリメイクされた「インファナル・アフェア」
そして、興行的にはパッとしなかったけれど、私的に激しくツボにはいった「デイジー」(チョン・ウソン『私の頭の中の消しゴム』チョン・ジヒョン『猟奇的な彼女)が記憶に新しいところですが。
ノワール世界に生きる男たちを切なく、激しく、美しく描く、私の大好きな監督さんの一人です。
ただ、よう人が死んでしまうのが、それだけが残念なんですけど(苦笑)


さてさて、このトニー素晴らしいですq(≧∇≦*)(*≧∇≦)p
素晴らしすぎですo(^^o) (o^^o) (o^^)o
一回目鑑賞の時は、「殺人の謎解き」&「彼女の死の謎」を金城君寄りの視点で見ていたので、ついつい金城君サイドに目が奪われてしまい、トニーをないがしろ(笑)にしていたみたいです。


ああ、ごめんよトニー。私は本当に見る目がないわ。
あんなに素敵なあなたに目がいかなかったなんて。
でも金城君がこれまた良すぎなのです良すぎてですね、二人いっぺんに私の脳内では処理できないみたいです。
あ〜多分、いい男に慣れてないから(爆)
深〜い影を背負った、アンニュイで実は切れ者いい男二人を同時に鑑賞させてくれるなんて、もうそれだけで最高に贅沢な映画です。


プラスお話も面白い。痺れます。
割と単純な話なんだけど、そこかしこに話の伏線が散らばっていて、それらが掻き集められていく過程にかなりドキドキしました。
見せ方がうまいんでしょうね。


でも正直、一回目はストーリーについていくのが結構しんどかったです。
エピソードが突然交錯して、あれっ?!今はいつのお話?!何が行われているの?というところがたまにございまして。
それでも、分からないところは飛ばしても(飛ばすな私^^;)その部分を差し引いても、どっぷり映画の世界にはまりました。


そして二回目の今回は、お話全体が頭の中で一応繋がっていたので、目が行く先はトニーと金城君の細かい表情や仕草。
クールに穏やかに日常を装いながら、その内に秘めた狂気を見事に体現しているトニー。
感情を押し殺そうとするその姿に、ぞくぞくするほどの色気を感じました。



この映画を観たらと〜っても香港に行きたくなりますいつも行きたいけど(笑)
まるで香港のPVです。
普段使いの路地裏やビクトリアピークのさり気ない風景までもが、とても絵になってます。
フィルムの一コマ、一コマをプリントして絵葉書に出来そうな感じでした。
シュージンレイが撮っていた写真も、非常に雰囲気があって良かったですね。
「デイジー」を見たときにも感じたんですが、ラウ監督は景色の切り取り方が非常に巧みです。
スクリーンの中に映る風景が、一番クールに美しく見えるアングルに違いないと思わされます。
そして、自分の目で実際に見たくなる。確認しに行きたくなる。


本当に何度でも繰り返し見たくなる映画です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
傷だらけの男たち
レオナルド・ディカプリオ主演でリメイクが決定しているこの作品。それなら多分悲しい結末だな・・・ (レオ君は悲劇がお好き)【story】かつては上司と部下の関係だったベテラン刑事のヘイ(トニー・レオン)とポン(金城武)。しかしポンは、恋人が自ら命を絶った事で生活が一転し、刑事を辞職し酒に溺れて私立探偵に成り下がっていた。一方ヘイは、億万長者のチャウの娘スーザン(シュー・ジンレイ)と結婚して幸せの絶頂だった。だがある日、チャウが何者かに惨殺される。一見金品目当ての強盗殺人事件として解決するように見え... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/07/13 09:09
傷だらけの男たち /傷城 /Confession of Pain
                                                          {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} ...続きを見る
我想一個人映画美的女人blog
2007/07/13 20:25
『傷だらけの男たち』
       この痛みに、生きてきた。             生きることが、痛みだった。                 傷ついた二人に 愛を呼び起こした、殺人事件。&nbsp;&nbsp;『傷だらけの男たち』監督・製作・撮影監督・・・アンドリュー・ラウ監督・脚... ...続きを見る
purebreath★マリーの映画館
2007/09/05 21:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ああ・・・そそられます・・・(笑)
めいほあさんの文章が〜私を誘惑します〜〜♪

映画も観たいし、香港も行ってみたくなるじゃありませんか〜 ><
まだ、行ったことないんですよ〜〜
PVのようですか〜?

>ラウ監督は景色の切り取り方が非常に巧みです。

そんな感じがしますね〜
いくつかしか、観たことはないですが〜私もそう思います〜。

映画はDVDになってからなので〜
観たら(いつ?苦笑)また来ますね〜〜
それまで待っててもらえますぅ〜?(笑)

マリー
2007/07/12 21:41
マリーさん コメントありがとうございます♪
>めいほあさんの文章が〜私を誘惑します〜〜♪
とんでもないです。私の方こそ、マリーさんのブログでいつもそそられてます♪特にアンディの映画評を読むと、ついついまた観たくなる。そして先日「ファイターズブルース」を引っ張り出して観てしまった私です(笑)

>映画も観たいし、香港も行ってみたくなるじゃありませんか〜 ><
ふふふっ。香港いいですよ〜。私の大好きな街のひとつです!今度ヨーロッパ行くのにわざわざ香港経由で行く私ですもん。直行便が高いからだけだけど^^;

>それまで待っててもらえますぅ〜?(笑)
もちろんです〜^○^ご覧になられたら、いつでもよいので感想をきかせてくださいね。
めいほあ
2007/07/13 02:03
こちらにも参上します^^・
『インファナル〜』って程ではなかったけれど、なかなか切ない話で痺れました。
やっぱりトニー・レオンが渋いですよね。哀愁と狂気が入り混じった表情が上手かったなぁ〜と思います。
金城君は本物のお酒を飲みながら演技に挑戦したそうですね。どおりで酩酊具合がリアルだったわけだ(笑)
またまたレオ君でリメイクだそうですね。
あまり期待はしないけど、レオ君の映画なら楽しみだし観たいなぁ〜
由香
2007/07/13 09:15
めいほあさま、ご心配おかけしました。もうと、言われるかもしれませんが復活しました。温かいコメントありがとうございました。

この映画気にはなってたんだけど、なんか「音楽が映像にあってない」とかちょっとイマイチっぽい口コミを読んだりしたので、見るのどうしようかなぁと、思ってたのですが・・・痺れるんですか?見てみようかな。しかもレオ様でリメイク決定なら気になるし・・・
とろ
2007/07/13 11:02
由香さん こんにちは♪こちらにもコメント&TBありがとうございます。
>哀愁と狂気が入り混じった表情が上手かったなぁ〜と思います。
本当にその通りですよね〜。トニーから一瞬たりとも目が離せませんでした。
そして金城君もスゴク可愛かったです。
アルコールはそうらしいですね。初めて聞いたときはちょっとびっくりしました。
レオ様でリメイクにこれまたびっくりだったんですけど^^;やっぱり見てしまうと思います。どっちかな〜やっぱりトニーの方でしょうか?!
めいほあ
2007/07/13 16:32
とろさま こんにちは♪
コメントありがとうございます。回復されたみたいで本当に良かったです。

>「音楽が映像にあってない」
おやっ?!そうだったかな〜???私は割りと好きだったような。エンディングロールで浜崎あゆみの声が聞こえてきた瞬間、香港から日本に引き戻されたのは残念でしたが・・・^^;香港映画の音楽の使い方って、たしかにアメリカンとか見慣れた奴とは違うかもしれませんね。

「インファナル」ほどではありませんが、じわじわと痺れてくる映画だと私は思います。トニーと金城君の演技だけでも一見の価値ありです。リメイク前によかったら、まず本家をオススメします♪もし余裕があればごらんになって感想聞かせてくださいね。
めいほあ
2007/07/13 16:45
めいほあさま、こんばんは!
先週見てきましたよ!(ブログUPは先になりそうですが・・・)
めいほあさんの「痺れます」っていうの、まさにその通り!って思いました。金城くんもよかったですが、トニー・レオン最高でした!「グッジョブ!!」って言ってあげたい。
>ぞくぞくするほどの色気を感じました
そうですね、私も、感じました!まさに痺れました。
エンディングのあゆはナシですよね・・・前もって知っていたとはいえ、「はぁ?」って思いました。雰囲気ぶち壊しですよ!

私も、香港に行きたくなりました!10年ぐらい前に、年末年始を香港で迎えたのですが、大通りのイルミネーションとか「あぁ、こんな感じだった!」とか、ちょっとうれしかったです。実は、今年の1月にも香港行ってきました・・・マカオも行きましたよ。もう、まさにこの映画の舞台ですよね。。(^^)ゞ
とろ
2007/07/24 20:06
とろさま こんばんは♪ご覧になられたんですね〜。しかも『痺れた』とのご感想♪自分のことのように嬉しいです〜(^^)
>トニー・レオン最高でした!「グッジョブ!!」←もう、どんだけでも言ってやって下さいO(≧∇≦)O

>エンディングのあゆはナシですよね・・・
あははっ。やっぱり〜私だけじゃなかったようですね。普通はクレジット終わるまで席立たないんですけど・・・これだけは(苦笑)そそくさと劇場を出てしまいましたよ^^;余韻がぱあ〜。中国語Vr.の方が絶対に良かったのに。

>私も、香港に行きたくなりました!
今年の一月に行かれたばかりなのに^^;それくらい良かったと言うことですね(笑)クリスマスの香港羨ましいです〜♪私はまだその時期行ったことがありませんが、次はその時期を狙います!そして映画の舞台を回ってきます。
めいほあ
2007/07/24 22:30
めいほあさ〜ん 観ました!観てきました!
公開初日一番で〜いつもガラガラのミニシアター(「ホテルルワンダ」時は満員でしたが)ですが結構人が入っていて〜次の回は凄い行列でびっくり!さすがトニー&金城さん&インファ・チーム!ってカンジです。
で、映画はめちゃめちゃ好きでした!予想通り!(笑)
ストーリーもこちらやいろんなトコで目にしていたので〜私にしては珍しく、混乱することなく、ほとんど騙されず(笑)追ってゆけました。2人の男のそれぞれの傷つき方がリアルに描かれていて〜グイグイ引きこまれました、
トニーさん、さすがの演技。抑えた中に時折見せる怪しいまなざし。哀しみをたたえて・・・素敵。。。
金城さんは〜うん!コレを待っていたの〜って心の中で拍手。私がおちた「神様もうすこしだけ」を彷彿とさせる表情で〜 嬉しかったです。
マリー
2007/09/05 12:25
つづきです・・・
そして映像がやはり美しかったです。
めいほあさんがおっしゃる通りでした〜
一瞬で、“香港行きたい病”にかかりました(爆)
↑での、めいほあさん発言
>映画の舞台を回ってきます。
ついてゆきたい・・・
早く、レビューをアップしなければ〜
書いたらTBさせてくださいね〜♪
マリー
2007/09/05 12:27
マリーさん こんばんは!
熱っ〜〜〜いコメント&TBありがとうございました!

>で、映画はめちゃめちゃ好きでした!予想通り!

>2人の男のそれぞれの傷つき方がリアルに描かれていて〜グイグイ引きこまれました
>トニーさん、さすがの演技。抑えた中に時折見せる怪しいまなざし。哀しみをたたえて・・・素敵。。。
>金城さんは〜うん!コレを待っていたの〜って心の中で拍手。私がおちた「神様もうすこしだけ」を彷彿とさせる表情で〜 嬉しかったですつづきです・・・
そして映像がやはり美しかったです。

マリーさんのこのコメントこそ素晴らしいです。
二人ともホント甲乙つけがたいくらいにどっちも良くて、それぞれの切なさと痛みの表情に私もすっかりやられてしまいました。


>めいほあさんがおっしゃる通りでした〜
>一瞬で、“香港行きたい病”にかかりました(爆)
ふふふふふっ。でしょ、でしょ〜。これって香港観光局協賛?!とか思っちゃいましたモン。
>ついてゆきたい・・・
じゃあ来年、ご一緒します?!
イギリスから帰るときに香港経由で寄り道していくつもりです(笑)
meihua
2007/09/06 18:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
傷だらけの男たち 〜我愛梁朝偉〜広東語ver. Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる