Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ツォツィ 〜アカデミー賞 外国語映画部門受賞作〜

<<   作成日時 : 2007/06/10 06:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像




音楽のいい映画にハズレなし!初っ端からサントラ購入を決めてしまったくらい音楽にやられました。
この映画はきっと面白いはず。
そして実際、お話も期待以上にいい映画でした。
ベタベタな展開やな〜と思いながらも、何故か話に引き込まれ、主人公の彼に無茶苦茶感情移入。



画像




南アフリカ。
高層ビルがそびえ立つ大都会。
すぐそばには混沌としたスラム街。
世の中の光と影。
そこに存在する激しい貧富の差。
生きる為には他人を殺すことも厭わない。
学もない、仕事もない。他に出来ることなどない。




画像




愛を知らないまま大人になった少年。
その少年が拾った赤ん坊。
攻撃でしか自分を守ることが出来ない。そんな弱い人間。
だけど、一度覚えた感情は彼の心を脆く、そして強く変えた。




人の痛みに無頓着でいられるのは、決して強いからではない。
人に傷つけられる前に、相手を傷つけなくては。
やられる前にやれ。
怖いから、誰も信用できない。
だから暴力に訴える。
他の方法を誰も教えてくれなかったから。




物語の始めは暴力的なシーンが割りと続きます。
お金のためにあっさりと人を殺すし、人を撃つ。
あまりにも淡白なところが反対にとてもリアルに感じられて、この辺物凄く怖かったです。


どうして金のために人を殺したのか?
ツォツィ(主人公)の仲間で、一人だけ学のある青年が、彼らの暴力的なやり方に意見します。人が人として生きるために大切なことは「品位」であり、人から「尊敬」されることだ。そしてボコボコにされてしまうんですが・・・でも最後にはこれがちゃんと実を結ぶので大丈夫。


愛も知らない、教育を受けることも出来ずに、ただ生きる為だけに必死になってる彼らの姿がとても痛々しく感じられました。


だけど、そんな悪循環から抜け出すために必要なことは、決して暴力ではない。
人間を人間らしく生かせるのは「他者への愛」である。
この映画はそう語りかけてきます。


画像



赤ん坊を通して、主人公の青年は自分の過去を振り返りつつ、子供の頃に自分が手にすることが出来なかった愛情という存在を知ります。
彼は自分が得られなかった愛情を赤ん坊に注ぐことで、自分の過去を取り戻してるかのようにも見えました。
自分こそが誰かに強く愛して欲しかった。


常に心が悲鳴を上げているかのような、彼の尖ったひたすらに真っ直ぐな、だけど何も見えていないような暗い瞳。
その彼が、人を思いやる術を身につけていくことによって、瞳に迷いの色が浮かび始め、そして優しさを帯びていく。
誰かのために、何かをしてあげたくなる。


アフリカの苦しい現状をただ暗く描くだけじゃなく、かなりドラマティックに仕上げられた、それでいて心の奥に重低音で響く映画。
「暗いかも・・・」と思って敬遠されている方がいらしたら、そんなことはないんで是非見てください!と超オススメな一本です。


http://www.tsotsi-movie.com/(日本公式サイト)


(ここだけラストのネタバレ入ってます。)
ラストシーン、結構周りの皆さんも泣いてらっしゃいましたが、私もうるうる。
というより、頼む、頼むから、撃たないで〜〜〜
泣く前に、もうお願いと不安な気持ちが大きすぎて、終わった時にやっとホッとして、それから泣けてきました。それくらいのめり込んだ映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
少年保護デー/ツォツィ (05・南ア=英)
4月17日は「少年保護デー」。 ...続きを見る
毎日が映画記念日
2007/06/10 13:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この記事のあらすじ読んでるだけでも泣けてきました〜。ツォツィたちの犯罪の日々は許せないほどひどいものだけど、ほかにどうしようもない・・・ほんとに切ないです。
暴力でしか人と接することができないのは、赤ちゃんに飲ませるおっぱいほしさに、若いママに銃を突きつけるシーンが象徴的でしたよね。そんなことしなくても、頼めばおっぱいもらえるだろうに・・・と思って、愛も善意も知らないツォツィがほんとに悲しかったです。
最後はほんとにハラハラしました。別バージョンもあったとか・・・。でも、現代的で普遍的なテーマをもった、いいラストだったのではと思います。

ぴむ
2007/06/10 13:26
人殺しは絶対にダメだし、撃ってももちろんダメです。だけど、この映画を観ているうちに「じゃあ彼らにどうやって生きていけと言うんだ私?!」と自分の常識がグラッと崩れそうになりました。ほかにどうしようもない、切なくて、苦しくて胸が潰れそうでした。
だから、彼が人の優しさに触れて、温かい血の通った人間へと変わっていく姿が嬉しくてたまりませんでした。
この映画良かったです〜。ぴむさんところで教えてもらって本当に良かった。
ラスト別バージョンがあったんですか?!このお話でバッドエンドは絶対に嫌なんで、このラストでよかったです。
meihua
2007/06/11 00:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツォツィ 〜アカデミー賞 外国語映画部門受賞作〜 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる