Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 生日快樂〜HAPPY BIRTHDAY〜ルイス・クー&ルネ・リュー

<<   作成日時 : 2007/05/31 05:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


最初から手にしなければ、失うこともないから。
あなたのことが好きだから、だから友達に戻りましょう。
ずっとそばにいられるように。
不安で、不安で仕方がない。
あなたが恋人のままでいると・・・

一年に一度だけ。
私の誕生日だけは何があっても忘れないで。
ずっと、ずっと覚えていて。



小米(劉若英)と小南(古天樂)の10年を描いたラブストーリーです。
と言っても、小南には何の決定権も選択権もない!
ひたすら女子に都合のいいつくりになってます。
ルイスがインタビューで「これまでの作品で一番難しい役だった。」と難しい顔して語った気持ちが何となく分かるような^^;
だって、この男子人間じゃないもん(笑)
そんな役に命を吹き込むのは、ホント大変だったろうと思いました。


大学時代に知り合った二人は恋に落ちるのですが、小南がモテモテのせいで小米はいつも不安。しかも小南がアメリカ留学することになり、彼女の不安は頂点に達します。
で、自分から別れを切り出す。
彼女は子供の頃に母親に捨てられたというトラウマがあり、そんな思いを二度としたくないと思ってたわけです。

まあ、ここまでの気持ちの流れはとりあえず理解しよう。。。


だがしか〜し

彼女もまたモテモテ(笑)
けど、心の中では一途に小南を思い続けてます。

小南はと言えば、小米と別れてからは女をとっかえひっかえ。
誰にも本気になれないというお約束。
こちらも小米のことが一番。
毎年彼女の誕生日には何があろうと忘れずに「誕生日おめでとう」コールorメール


画像

☆全ては彼女のために・・・


彼女が日本に留学すれば、香港に残された彼女の父親の面倒を見て、日本へ出張すれば彼女の元へお泊り。
他に恋人がいるのに、それを小米も知っているのに、危うくなる二人^^;

けど小南が一緒に香港に帰ろうと言えば・・・
「今は帰れないの。もう遅いの。」と叫んじゃう小米。

日本での勉強がその時は小南よりも大切だったらしい。。。


いきなり日本に飽きて、香港へ帰る小米。
空港にはモチロン父と小南の姿が・・・
だけど小南の帰るところは現在の恋人と住む家。

友人達には「あんた達どうなってんの?」と突っ込まれる小米。

見てるこっちもそう思うわ。。。


「私たちはこれでいいの。」


画像

☆どうしても、自分の殻から抜け出せない・・・


でも、やっぱり本当はいいとは思っていないんですね。
ラスト近くで、彼が結婚すると聞いて大爆発する小米(苦笑)
「私たちのこれまでの時間ってなんだったの?あなたの口から他の人と結婚を聞かされるなんて、なんて屈辱なのよ〜〜〜

この結婚には「実は・・・」が一応隠されてはいるのですが。。。

あんたいい加減にしなさい!!
と小南に替わって怒ってあげたくなりました。。。



設定やストーリー展開がお約束だからダメという訳じゃない。むしろそういうのは好物です。
想いあう二人が、他からの邪魔や運命に翻弄されたり、相手のために身を引くとかはツボです。けどこの女子は心に傷を持つとはいえ、相手よりも自分のことを考え続けたことになる。だから切ないと言われてもピンとこない。自作自受(自業自得)じゃん^^;と思ってしまうのだ。


彼が彼女と付き合いながら、他の女に手を出しまくったとか、いつまでたってもいい加減な奴だとか・・・
彼に非があるのなら、彼女の行動にもまだ情状酌量の余地有りなのですがね。。。トラウマを全面理由にするには、その傷もあんまり深くは描かれてないし。。。
彼女があそこまでこだわる気持ちにも、それに付き合う彼の気持ちにも共感できなかったなあ。。。
男子の気持ちがもっとダイレクトに伝わってくれば印象もかなり変わったとは思うけど。
あんたはそれでいいのかい?一生彼女に振り回されて、それでも本望なのね^^;


画像



映像は綺麗なんですけどね〜。
小米のアンバランスな心象風景を物語っているかのような、淡〜くぼかされた光のイメージ。
そこだけは結構いいなと思いました。いや、ホントそこだけ^^;


原作者であり主演の劉若英。
彼女の思い入れがあまりに強すぎて、ひとりよがりの物語になってしまった気が・・・
彼女のインタビューを聞いて、なんとなくそう思いました。
言いたいことはよく理解できるし、確かに誰にでも経験ありそうな話なんだけど、それを映画の中で美しく昇華させることは出来なかったみたいです。なんか生々しいんだなあ。。。とってもリアルなんです。。。


私はダメでしたが、中国のサイトでは褒めちぎられてます。
ハッ!!この映画が理解できないのは私の恋愛レベルが低いからだったりして?!
ヤバイな〜


http://www.happybirthdaymovie.hk/(香港公式サイト)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
生日快樂〜HAPPY BIRTHDAY〜ルイス・クー&ルネ・リュー Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる