Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ブラッドダイアモンド レオナルド・ディカプリオ

<<   作成日時 : 2007/04/12 14:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 4

画像


ディパーティッドで返り咲いた(笑)私のレオ様好感度がほぼマックスまで回復しました
ディカプリオは勿論ですが、みんなの熱演にホント拍手喝采です。テーマもかなり濃かったけど、そこがまた良かった。エンターテーメントと社会性メッセージの二つを見事にミックスしたなあと(見てて悲しすぎる場面は多かったけど^^;)感心しました。とりあえず褒めちぎって良いのでは?!と個人的に思います。いや〜これはたくさんの人に劇場で観て欲しい一本ですね。

画像


アフリカで白人として生まれて、過酷な人生を歩んできた傭兵上がりの密売人ダニー(レオナルド・ディカプリオ)
いつかは、この地獄のような生活から抜け出したい。
その為には、金が必要なんだ。

そこで彼が目をつけたのが・・・
刑務所で知り合ったソロモン(ジャイモン・フンスー)が隠したピンクダイアモンド。


画像


家族を反政府ゲリラに襲われて、その行方を捜すソロモン。
ただまっすぐに、家族のことだけを心配して生きている元漁師。

ダニーは、あの手この手の卑怯なやり口でソロモンを脅し宥め、ダイヤモンドで自由を手に入れようとします。

そしてそこに絡んでくるのが、ジャーナリストのマンディ(ジェニファーコネリー)
ダイアモンドの密売が引き起こしている、アフリカの内乱の真実を世間に公表するためにダニーに近づきます。


画像


赤土の大地で生き抜くためには、マンディの言うようなキレイごとは聞いてられない。

ダニーはマンディとソロモンのまっすぐさを、最初こそ馬鹿にするものの、段々と彼らと行動を共にするうちに、嘘のない強さに惹かれて行きます。
ソロモンとマンディの生き方に触れて、ダニーの心は揺らぎます。




心を閉ざして生きてきた彼の心が変化していく様を、ディカプリオがとても繊細に、緻密に表現しています。


ストーリー、物凄く濃い目です。
ダイアモンドを巡り、欧米資本主義社会がアフリカ大陸を内乱と動乱の渦に落とし続けている負のメカニズム。
自分達の都合だけで、ダイヤ一つのために何十、何百万人の現地の人々に犠牲を強いる。
遠い安全圏から、ただダイヤの値段を吊り上げ、利益を生むことしか考えていない。
いや〜「ダーウインの悪夢」ハリウッド版を見た気がします。
物語前半は特に辛かったです。子供たちがゲリラ兵士にされる辺りの描写には胸がつぶれそうでした。それ以外でも、目を背けたくなる場面がホント多かった。


こういう物語にありがちなスィートビターな恋物語。
ダニーとマンディ
普段なら、別にいらんやろ〜とか思ってしまうんですが^^;
「恋愛」の扱いが軽いと言うか、お約束みたいな感じがして。
しかし、この映画の場合あってくれて良かった!!と素直に思いました。
少しずつお互いを知りながら、互いの心に一歩一歩近づいていく、不器用で情熱的な二人の想いをひしひしと感じてから、映画に入りやすくなりました。

マンディがいてくれたからこそ、ダニーに感情移入できた私です。
正直ダニーのしてきたことは決して許されることじゃない、だからホントは同情の余地なしなんだろうけど。。。
それでも、ダニーにはダニーの事情があり、心の底で苦しみもがいていた(ハズ^^;)
もう、この辺でダニーを楽にしてやってくれ〜!不幸の連鎖から救い出してやって〜!
ラストに向けて祈りにも似た気持ちで涙してました。
ダニーも自分で分かっているんですよね、自分のやってきたことの意味を。
だからこその彼のラストだと思いました。


ラスト近く、マンディは無事に本国に帰り着き、ダニーからの電話を受けます。
遠い国では人々がダイヤの為に、不条理な死に直面しているというのに、友人達とカフェで優雅にお茶するマンディ。
マンディの世界が、私たちの代表なんだな〜と思い、これまた痛かったです。


何も出来ない。
ダニーも最初はそう言いましたけど・・・
知ることは出来ます。
知ることこそが、始まりの第一歩。
「無知こそが最大の罪」と映画の中にも台詞がありましたし。


この映画を見て、世界にはこんなことがあるんだときっと多くの人が知ることになったと思います。
自分達の世界は繋がっている、決して遠い国の無関係な出来事とは言い切れない現実。
そのことを知るだけで、何かが違ってくるはずだと思います。
自分達がどれだけ恵まれているかとか、そんな簡単なところからでもいいんじゃないかと。


マンディはジャーナリストとして、ダイア密売の黒幕を暴きます。
けれど、マンディのスタートも「小さな一つの真実」からだったはず・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブラッド・ダイヤモンド
レオナルド・ディカプリオが、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされたこの映画。公開日が待ち遠しかったよぉ〜【story】ダイヤモンドの価値は『4つのC』で決まると言われている―『color・色』『cut・カット』『clarity・透明度』『carat・カラット』しかし、実は5つめのC『conflict・争い』が存在する。。。狂気と混乱が支配する内戦下のアフリカを舞台に、巨大なピンク・ダイヤモンドを巡って3人の男女の運命が交錯する―ダイヤの密売人ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)は、現... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/04/12 18:08
ブラッド・ダイヤモンド
原題 BLOOD DIAMOND 製作年度 2006年 上映時間 143分 監督 エドワード・ズウィック 出演 レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・コネリー/ジャイモン・フンスー/アーノルド・ヴォスルー ...続きを見る
to Heart
2007/04/12 19:25
映画「ブラッド・ダイヤモンド」
原題:Blood Diamond 100カラットのピンク・ダイヤモンド、社会派ドラマのつもりで観たが少々様子が違っていた・・父と息子の強い絆、男同士そして男と女の友情みたいな感動・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/04/14 18:36
ブラッド・ダイヤモンド☆自由・家族・真実、3つの願い。
ひとつのダイヤ3つの願い、そして100カラットの感動(MOVX京都にて鑑賞。)自由 FREEDOM ダニー・アーチャーダイヤ・・・・それは、現実から脱出するための“チケット” 1999年、内戦が続くアフリカのシエラレオネ共和国で、ダニー・アーチャー(レオナルド・ディカプリオ)はダイヤの密輸業者として生計を立てていた。自分の仕事で、多くの犠牲者が出ても、そんなことを気にかけていない男かっては傭兵だった彼はタフで、武器の扱いにも慣れている。だから今まで数々の修羅場も乗り越えて、この土地で人生を生き... ...続きを見る
銅版画制作の日々
2007/04/14 23:28
「ブラッド・ダイヤモンド」見ごたえ充分、世界の真実も見えてくる
「ブラッド・ダイヤモンド」★★★★☆見ごたえアリ、オススメ! レオナルド・ディカプリオ、ジェニファー・コネリー主演 エドワード・ズウィック監督、2006年アメリカ ...続きを見る
soramove
2007/04/19 00:19
[映画] 『ブラッド・ダイアモンド』を観る。
「夢みたいな映画だったね。」一緒に映画を観に行った人が帰り際に僕にこう言った。普段僕達は「サッカー選手を夢見ている」「ディズニーランドは正に夢のような世界だね」の様に「夢」をプラス要因として扱い、捉えている。しかし、この場合は「夢」のもっと本質的な部分、 ...続きを見る
First Penguin : ファース...
2007/04/21 21:34
『ブラッド・ダイヤモンド』  (30本目)
本日、やっと観に行きました『ブラッド・ダイヤモンド』! ...続きを見る
とろのひとりごと
2007/04/29 16:26
映画「ブラッド・ダイヤモンド」
映画「ブラッド・ダイヤモンド」に関するトラックバックを募集しています。 ...続きを見る
映画専用トラックバックセンター
2007/05/08 23:16
映画「ブラッド・ダイヤモンド」
2007年34本目の劇場鑑賞です。「戦火の勇気」「ラスト サムライ」のエドワード・ズウィック監督作品。内戦の続くアフリカ奥地を舞台に、隠された巨大なピンク・ダイヤモンドをめぐって3人の男女の運命が交錯する社会派アドベンチャー・スリラー。ダイヤモンド業界の暗部に... ...続きを見る
しょうちゃんの映画ブログ
2007/05/08 23:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
今感想を読ませて頂きながら、ダニーの事を思って涙が出そうになりました。
彼はいけない道を歩いてきましたが、その孤独や苦悩を考えると。。。辛くなります。最後の穏やかな表情には胸が締めつけられます。
ダニーは難しい役だったと思いますが、レオが見事なキャラクターを作り上げていたんでしょうね。
レオ君ファンとして本当に嬉しかった映画でした。
でも内容はかなりヘビーで衝撃を受けました。
世の中には知らない事が沢山ありますが、無知でいることはいけない事ですね。
由香
2007/04/12 18:15
由香さん こんばんは。
ダニーのことを思うと涙出ますよね〜(T△T)私だけじゃないですよね〜。今でも泣けそうです。

実際、ダニーに気持ちが入らないと、映画にここまで入り込めなかったと思います。それほど重要な役柄をレオ様がお見事に演じてらっしゃいました。

>内容はかなりヘビーで衝撃を受けました。
確かに、ここまでとは予想できませんでした。ハリウッド大作で、レオ様主役でこの内容!ちょっとどころじゃなく衝撃でした。

>世の中には知らない事が沢山ありますが、無知でいることはいけない事ですね
ですね〜。もう、その一言に尽きると思います。
めいほあ
2007/04/12 21:00
こんにちは!
本日、観てきました!観に行ってよかったです。レオ様、ほんといい演技してましたね。『ディパーテッド』も良かったけど、この映画のレオ様はすごく良かった!ラストでマンディに電話するシーンなんて思わずうっとなりました。
この映画を観て、アフリカで何が起こっているのかというのを目の当たりにし、すごく衝撃を受けました・・・

とろ
2007/04/25 19:16
とろさんへ

おおっ、行かれたのですね〜。観に行って良かったとのことで何よりです。
ラストシーンのレオ様の演技はホント素晴らしかった。なんか憑いてる?!くらいの神々しさがありました。
内容はかなり衝撃的だったかもしれませんが、だからこそ、一人でも多くの人に観て欲しい映画ですね。
めいほあ
2007/04/25 20:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブラッドダイアモンド レオナルド・ディカプリオ Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる