Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 墨攻 (Battle of Wits) アンディ・ラウ、アン・ソンギ、王志文&范冰冰

<<   作成日時 : 2007/02/05 22:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

画像




春秋戦国時代の中国。戦乱の世において、自ら攻撃することは決してせず、平和を守るためにだけ戦う集団「墨家」
秦の始皇帝により中国が統一されると、忽然とその姿を消してしまった謎の集団。

趙に攻められた梁の王は、墨家に救援を依頼する。
そこに現れたのはたった一人の男。
10万の敵に、たった一人で挑むと言う。


「夜宴」「無限 プロミス」「英雄 HERO」と『中国巨匠超大作映画(投入した巨大資本を外国で回収することを必須とする^^;)』ここまで私の中ではハズレばかり〜。
けど今回は、きっと違うはず。

「夜宴」「HERO」と同じカテゴリーだとすれば、この映画の方が断然良い。「墨攻 」は、話も分かりやすいし、俳優さんも役にはまってる。下手に芸術映画に走らず、史実を元に徹底的に本物にこだわった作風。歴史超大作として観客が楽しめる要素は絶対にあるはず。
けれども、私の中では残念ながらダメでした。
あまりにもリアルすぎて^^;

中国本土の評判が気になってインターネットで調べてみました。
興行成績の割りに、観客の感想は二分。
『脚本がしっかりしていて、人物の言動に一貫性があり、気持ちの変化なども合理的で説明がつく。
これまでの「国産大作」とは一線を画す。』とある批評家さんが書いてらっしゃいましたが。
これには私も納得です。
一番評判がよろしくないのが「革離を助ける奴隷」&「気球」(←これはないよな〜確かに)
春秋戦国時代に「黒人」の奴隷がいたんかい?!
とかなり批判を受けてます。私も、ちょっとオドロキでした。
黒人のように見えますが、実は一応「パキスタンとヨーロッパのミックスド」という設定らしいです。
監督の意図としては、アンディの衣装とココ以外ほとんど史実に忠実に描いたこの作品の中に「フィクション」の部分をわざと置いたとのこと。
いや、別に敢えてそこに置かんでも良かったろうにと思いますが・・・

戦いの場面の残酷さ、戦時下の人の心の移ろいや、その他諸々とっても現実的で見てて痛いです。
「戦争は人を決して幸せにしない。」
戦乱のせいで不幸になっていく人々。とにかくひたすらに辛い、悲しい場面が続きます。
それこそがリアリティ。(←瀬崎さん風に)
世の中『理想』で、『綺麗ごと』で生き抜いてはいけないと言われてるようです。
まあ、実際そうだとも思うんですけど。。。
権力者の愚かさと因果応報。愛する人が簡単に命を落とす現実。(←イラク戦争まんまの話です。)
中国だろうが、日本だろうが、韓国だろうが、世界中どこにおいても、残念ながら現代まで普遍に続いてしまっている悲しい現実。
『そこをもう一度考えよう!!!』というお話なんでしょうけどね。

拷問シーンや、戦闘シーンなど正視に堪えかねます。戦争に対して激しい怒りが沸いて来て、けどそこで権力に抗えず、何も出来ない自分の無力さを痛感して、なんとも言えない気持ちになります。
そういったわけで、私にはこの映画はきつかった。

強いメッセージが込められた映画だとは十分に理解できます。。。
戦闘シーンも大迫力で、アクション映画にありがちなデフォルメも一切なし(気球以外)。
あくまで本格派。。。
そこまで分かっていても、ダメです〜。。。
すいません。。。

けれどアンディ、あなたはメチャメチャ素敵でした

アンディが好き!とか、アン・ソンギが観たい!俳優さん目当てで行くなら、みんなやっぱりカッコいいと思います。
アンディは言うことないし、王志文は相変わらずいやらし〜い演技がはまってて、ラストのほくそ笑みなんて「さすが王志文」

画像


ファン・ビンビン(范冰冰)綺麗です〜。水もしたたるいい女。けど、役的にはお飾りと言われても仕方ないかな〜。

画像


画像


まあ、なんだかんだ言って私がこの映画にはまれなかった最大の理由は・・・



アンディの声が吹き替え。←「墨家革離と申します。」と「逸悦〜」と叫んでいる時以外。。。つまり大声出してる時だけアンディの地声。。。



ありえん・・・(−▽ー;))))



でもって、ファン・ビンビンまで声が違ったような。
あんなに高い声じゃないと思うんですよね〜。どちらかと言うと、落ち着いた大人女性ボイスですから。
どういうことですの〜。
吹きかえるならアン・ソンギでしょう・・・
分からん・・・
これが最大の謎でございます。

http://www.bokkou.jp/ 墨攻公式サイト 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『墨攻』
               10万の敵に                  たった1人で挑む。                    使命は「戦わずして、守ること」&nbsp;&nbsp;『墨攻』2006年 中国・日本・香港・韓国監督・脚本・プロデューサー・・・... ...続きを見る
purebreath★マリーの映画館
2007/07/31 11:46
【映画】墨攻
「墨攻」は戦国時代の中国を舞台とした酒見賢一の歴史小説およびそれらを原作とした森秀樹の歴史漫画およびそれらを原作とした日中韓合作の映画作品。「墨攻」という単語は、酒見が「墨守」という言葉から作り出した造語である。 ということで酒見賢一の小説と森秀樹の歴史漫画と比べて映画版を見てみました。漫画版は原作に、よりオリジナルストーリーを加えた大作となっていてファンも多い作品です。また原作となった小説版のほうでは大作ではないものの墨子の思想を守り抜こうとする主人公「革離」とそれを取り巻... ...続きを見る
GARDEN Blog
2008/05/31 21:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは♪
なんと!!ファン・ビンビンの可愛らしい声が吹替えですか?!
アンディ・ラウも吹替えとは。北京語喋れないんでしょうか?そんなわけないよね。『LOVERS』でちゃんと喋ってたし(ですよね?)
アン・ソンギは中国公開版では吹替えだそうですよ。(^^;
みはいる・B
2007/02/06 01:31
みはいるさんもご覧になったんですか?
アンディはちょっと調べてみましたが、やっぱりそうみたいです。アンディの北京語、他の香港俳優さん達と比べても全然いけてると私は思うんですが・・・ファン小姐の地声は、記事にも追加しましたが、元々どちらかというと低めで、可愛らしいというよりも落ち着いた感じです。顔によく合ってると思います。勿論役によって使い分けたりするとは思いますが。この作品については謎です。ただ、映画の逸悦の声が、大陸声優さんぽかったんですよね〜。妙に甲高い声。。。
アン・ソンギは明らかに発音が違ってましたね。でも、スゴイ頑張ってたと思います。中国では吹き替えですかぁ。頑張ったのに・・・
「LOVERS」吹き替え疑惑はあったんですよ。実際どうなったかは分かりませんが。でも「墨攻」に比べると、台詞の量が物凄く少なかったと思うので、もしかしたら本人のまんまいったかもです。
めいほあ
2007/02/06 04:13
こんばんは!
見てきました「墨攻」☆
>ほとんど史実に忠実に描いたこの作品の中に「フィクション」の部分をわざと置いたとのこと。
・そうなんですか(笑)でも、ほんと史実にこだわっているからこそ、この二点は浮いちゃっているように感じました(^^;)気球とか、映像的にすごくてもあり得ん〜(>_<)!って気持ちのほうが大きくて(涙)
「それが、オリジナリティ(←瀬崎さん風)」ですかね(^^;)??
マキサ
2007/02/08 21:26
マキサさん こんにちは!

>気球とか、映像的にすごくてもあり得ん〜(>_<)!って気持ちのほうが大きくて(涙)
はははっ・・・確かに、その気持ちは万国共通みたいですね。私はアンディの吹き替えが一番のありえんでした(涙)

>「それが、オリジナリティ(←瀬崎さん風)」ですかね(^^;)??
なるほど、そうだったんだ!目茶受けました。アンフェアが早く観たいです。
めいほあ
2007/02/09 13:57
こんにちは〜〜
こんな私でも(笑)最初は真剣に墨家の思想とは〜とか考えていたんですが〜
アンディにおとされ・・・そんなこと(爆)どうでもよくなって〜〜〜結局一月経たない間に6回観にいきました。。。てへへ・・・です。
でもね、でもね、どうしても納得出来ないのが、やはりアンディの吹替えです。
彼ってそんなに普通語(北京語?)へたくそですか?今回、DVD特典で実際に彼が喋ってるシーンがあったけど〜いいカンジだったわぁ♪
ビンビンちゃんの声、地声とのあまりの差にのけぞり〜〜ですよね。。。

前のレビューですが(何度も書いたうちの1つ)TBさせてね〜
マリー
2007/07/31 11:40
マリーさん コメント&TBありがとうございます♪

>こんな私でも(笑)最初は真剣に墨家の思想とは〜とか考えていたんですが〜
アンディにおとされ・・・
( T ▽ T )ノ_彡☆もう助けて〜マリーさん(爆)私を笑い死にさせるおつもりですか〜
そうかあ、マリーさんはこれでアンディに落とされたんでしたね。

>どうしても納得出来ないのが、やはりアンディの吹替えです。
私も納得できません。でもねえ、多分基準が厳格なんだと思います。ネイティブと変わらないくらいじゃないと、ダメだしくらうんじゃないかと個人的に思ってます。エッこの人でも吹替え?!とビックリすることが多い。何を基準にしてるのか外国人の私にはイマイチよく分かりません。ビンビンちゃんもやっぱり吹替えだったんですね〜。これが一番オドロキですよ。だって彼女、普通に北京語喋れるじゃん。
アンディも香港明星さんにしたら、北京語上手い方だし。今度知り合いの中国の人に聞いておきます!

>前のレビューですが(何度も書いたうちの1つ)TBさせてね〜
そんな一つと仰らずに、いくつでもTBしてやってください(笑)
めいほあ
2007/07/31 14:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
墨攻 (Battle of Wits) アンディ・ラウ、アン・ソンギ、王志文&范冰冰 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる