Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS ドリームガールズ 

<<   作成日時 : 2007/02/22 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 6

画像


ド迫力です。歌が心を揺さぶるって、正にこういうことなんだなあと体感できる映画。スクリーンを通してなのに、魂のシャウトがこちら側までガンガンに伝わってきます。
個人的にミュージカル映画はスキじゃないんですけど、これにはやられました。
恐れ入りましたです。

シュープリームスを世に送り出したベリーコーディーJr.。彼をモデルとしたブロードウェィミュージカルの映画化作品。映画が始まって一時間くらい、これでもか!っていうくらいに音楽の洪水。その迫力に飲み込まれそうになります。椅子に座っているのが我慢できなくなるくらい、カッコいいナンバーがノンストップで続きます。話はおいといて^^;音楽を楽しむだけに行っても、全然損ナシ!って映画です。


ある劇場の公開オーディションに参加した女性3人組ボーカルグループ「ドリーメッツ」。観客の圧倒的支持を得るものの、何故か優勝を逃してしまう・・・彼女達に目をつけたカーティス・テイラーJr.が裏で手を回したのだ。そしてドリーメッツを、人気スタージェームス・アーリーのバックコーラスとして売り込む。ここからカーティスとドリーメッツ、音楽界への挑戦が始まった。

ドリーメッツのリードボーカル・エフィはカーティスと恋人同士となり、公私共彼に全てを託していた。長い下積み生活を終え、やっとドリーメッツが「ドリームガールズ」と名前を変えデビューすることが決まった。だが、カーティスはリードボーカルをディーナに変更することを提案。ディーナの美貌で彼の「ドリームガールズ」を売り出すことに決めたのだ。

「自分達は何があってもファミリーだ。」こうすれば絶対に成功する、だから分かってくれ。エフィを説得するカーティス。そして、彼らは音楽シーンで大成功を収めるのだが、成功の第一歩は転落の第一歩だったのだ・・・



ミュージックシーンでアメリカンドリームを掴もうとしたある仲間達の栄光と挫折、そして再生の物語


彼女達がミュージックシーンを駆け上がるまでは、かなりドキドキして興奮しちゃいました。
ほとんど途切れることのない音楽、どっしりしたジェットコースターに乗ってるかのような重厚な疾走感がストーリーを盛り上げます。
しか〜し、エフィがリードボーカルを交代させられる辺りから、いやこれが現実でしょうよ^^;と思いながらも、なんか納得いかない生々しいお話しにちょっとげんなり。
カーティスは元々、ミュージックシーンで成り上がってやるつもり満々の、いやーな男だったんですけど、エフィを捨ててディーナに鞍替えするんです。
「何があっても俺たちはファミリー」なんて、よくもまあそんな白々しいことを・・・

歌と男をいっぺんに失くしてしまったエフィ。金と名声、全てを手にしたと思っていたディーナ。
エフィはドリームガールズを追い出された後、やっぱり自分には歌しかないと気づき、もう一度這い上がろうとし、ディーナは夫の本当の姿に気づき、自分がエフィにした仕打ちについて後悔します。物語後半、楽曲は更にヒートアップ。
ディーナが自分は夫の操り人形に過ぎなかったことに気づいて歌うナンバーは、ビヨンセの独壇場です。それまでの個性を押し殺す歌い方とは全く違った、自分の内面を感情で歌い上げるその力強さ、彼女の歌への想いに圧倒されます。ディーナの目覚めって感じです。

ラストシーン、知らぬ間に涙がこみ上げてきました。
ラストショーのその現場に、まるで自分が立ち会ってるかのような錯覚。

あの時代の音楽が好きな人にはたまらない映画ですね。
踊りだしたくなりますのでご用心。。。

画像


☆エディ・マーフィの歌声があんなに色っぽいとは知りませんでした。
サントラ間違いなく買いです

http://www.dreamgirls-movie.jp/top.html 公式サイト

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ドリームガールズ
第79回アカデミー賞最多6部門8ノミネート*助演男優賞 : エディ・マーフィ*助演女優賞 : ジェ二ファー・ハドソン*美術賞    *衣装デザイン賞    *録音賞*歌曲賞 : リッスン、ラブ・ユー・アイ・ドゥ、ペイシェンス【story】1962年、デトロイト。音楽で成功する夢を追いかけるエフィー(ジェ二ファー・ハドソン)、ローレル(アニカ・ノ二・ローズ)、ディーナ(ビヨンセ・ノウルズ)は、『ドリーメッツ』というトリオを組んで新人オーディションに参加していた。彼女たちに目を付けたのがカーティス・... ...続きを見る
★YUKAの気ままな有閑日記★
2007/02/23 08:36
ドリームガールズ
栄光と挫折を凝縮させた出色のミュージカル♪ ...続きを見る
Akira's VOICE
2007/02/24 11:11
映画「ドリームガールズ」
原題:Dreamgirls 「プライメッツ」から「ダイアナ・ロス&ザ・シュープリームス」、彼女達の足跡が、メリーゴーラウンドのようにハイテンションでソウルフルに解散まで持続する・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/02/24 13:02
エディ・マーフィがショックで途中帰宅?!
先日の第79回アカデミー賞授賞式で助演男優賞にノミネートされていた 『ドリームガールズ』のエディ・マーフィが授賞式の途中で帰宅していたらしいです ...続きを見る
お気楽らくてん映画生活
2007/02/28 21:37
『Dreamgirls/ドリームガールズ』&『The Departed/ディパーテッド』
そういうえば先週、『Dreamgirls』と『The Departed』を見ました。 カンタスの機内で。 ...続きを見る
空と音
2007/03/31 05:22
ドリームガールズ(DREAMGIRLS)
ドリームガールズ(DREAMGIRLS)を観てきました。実は、昨日のゴスペルの後も見に行ったので、ドリームガールズ(DREAMGIRLS)を観るのは2回目です。映画館で同じ映画を2日続けて見るのは初めて。ドリームガールズ(DREAMGIRLS)が良かったのももちろんですが、 ...続きを見る
Dog*Walkキャバグロでゴー!
2007/05/04 14:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんわ。見てこられたんですね☆
ストーリーは予測付いちゃうところもあるんだけれど、それでもあの見ごたえ!満足感!!
最初から最後まで、彼女達の歌に圧倒されまくりでした(>_<)☆
マキサ
2007/02/22 23:05
そうなんですよ〜。
踊り出してしまいそう^^;
座って見てるの勿体無いですよね。もう一度、ライブ感覚で見たい!気がします。
にゃんこ
2007/02/23 00:38
マキサさんへ

この映画、ストーリーより何より歌です!みんなの歌声に、ノックアウト。行って良かった〜と素直に思います。いや〜本当に圧倒されまくりの素敵な映画でした。
meihua
2007/02/23 07:01
にゃんこ様へ
コメントありがとうございます。にゃんこさんも行かれたんですね。映画館なのに、足でカウント、両手でリズムとってしまいました^^;怪しい人だ〜。。。本当にライブ感覚でもう一度見たい映画です。
meihua
2007/02/23 07:17
こんにちは!
本当に歌の洪水でしたね!
私も椅子に座っているのが苦痛でした。。。立って拍手したい衝動が何度もおきた映画はめずらしいです。ジェニファーは勿論のこと、出演者たちの歌とパフォーマンスに圧倒されっぱなしでした!
もう一回観に行きたいな〜
由香
2007/02/23 08:40
由香さん こんばんは!
いや〜、みんな同じ気持ちだったんですね。なんだか「ミュージカル映画」というよりフィルムコンサートならぬ「フィルムライブショー」
本当に、もう一回観に行きたい映画です。
めいほあ
2007/02/23 23:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドリームガールズ  Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる