Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼女を信じないでください 『キム・ハヌル&カン・ドンヲン』

<<   作成日時 : 2007/01/24 02:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


笑って、笑って、そしてほろり&ハッピーエンド。
韓国ラブ・コメの王道を行きます。
でも、そんじょそこらのコメディとは出来が違います。
キム・ハヌルはそのコメディエンヌとしての才能と、天性の愛くるしさを小動物のようにまき散らし、さじ加減を間違えればただうるさくなりそうなところを、それは、それはもうありえいないくらいの可愛らしさでキミならOKって感じです。
そしてカン・ドンヲンも、これほどなさけない男子を、これまたよくぞここまでという風に、思いきりよく演じきってます。オマヌケにもほどがあります。この役なら別にカン・ドンヲンでなくても良かろうに・・・彼の捨て身の演技に拍手を贈りたくなるほど。
周りのキャラも、アボジをはじめみんないい味だしてます。



詐欺師のヨンジュ(キム・ハヌル)は乗り合わせた電車で、チェ・ヒチョル(カン・ドンヲン)がスリからすられた指輪を取り返します。

画像


彼に指輪を返そうとヒチョルの実家を訪ねると、次から次に偶然が重なり、なんと「ヒチョルの婚約者」ということになってしまいました。

画像


釜山の恋人の元を訪ねていたヒチョルは、プロポーズをしよとしたその時、指輪をなくしたことに気づき大慌て。そんな時、父親から激しい剣幕で携帯に電話がかかってきます。
「今すぐ、帰ってこい
実家に帰れば、いつぞや電車で向かい合わせた女性が、自分の子供を身ごもっているなんて言うから・・・
「彼女を信じないでください!」


画像


そう訴えるものの、彼女は詐欺師。彼女の嘘に田舎育ちの純朴な青年に勝ち目はゼロ。
指輪を取り戻してやったせいで、電車の中に忘れたバッグ。そのバックを取り返さない限り、ヒチョルの家に居座るというヨンジュ。
あの手この手で、ヨンジュを追い出そうとするヒチョルですが、反対に世間から「ヒドイ男」とレッテルを貼られ・・・
田舎のヒチョルの家族はヨンジュにとても暖かく、彼女はいつまでもヒチョル家にいたいような気持ちになります。そしていつしかヒチョルのことをも・・・



お決まりのドタバタ劇と人の心の温かさをベースに、主人公二人が最後は恋に落ちる。
何も目新しいものはありません。
なのに、何故か泣けてくる。
「同い年の家庭教師」よりも更にパワーアップしたキム・ハヌルにとにかく脱帽です。
あっという間の2時間、テンポがよくて見始めたらやめられない!って感じです。

画像



公式サイト http://www.kanoshin.com/top.php
               ↑
上映は終わってますが、DVDでレンタルも出来ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画『彼女を信じないでください』
原題:Too Beautiful to Lie コメディと思って観たのに思いっきり泣かされてしまう。田舎町で展開するハートフルな心を癒す出来事の数々がラブストーリーを成熟させていく・・・。 ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/01/24 12:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
彼女を信じないでください 『キム・ハヌル&カン・ドンヲン』 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる