Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS Mr.ソクラテス キム・レウォン

<<   作成日時 : 2006/12/10 21:14   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


予告編見ても、ああまたチンピラ映画なのね。とか思いつつ、時間が丁度空いたので観てしまいました。
キム・レウォン系の愛くるしそうな(?)顔はイマイチ馴染めないのですが、この作品はとにかく面白かったです。

最初から最後まで話が途切れることなく、飽きさせることなく展開して、劇場ではラストまで何度も笑いが起こってました。

確かにこの映画観たら、「ひまわり」(キム・レウォン最新作 ただ今韓国で大好評公開中)に期待してしまうかな


最低最悪のチンピラ。
高校中退。勉強は大嫌いなグ・ドンヒョク(キム・レウォン)
そんな彼を組織の為、警察に侵入させることに!
先生をつけて山奥の廃校に拉致監禁。
警察官採用試験を目指しもう特訓が始まります。
先生の厳しい〜愛のむちに耐え、なんと刑事になっちゃいました。
運と度胸でスゴ腕刑事として生き直そうとするけれど、所詮は組織の犬。
「悪法もまた法なり」 by ソクラテス
その言葉どおり、法を逆手に取った組織のやり方にドンヒョクは自由を奪われますが・・・


チンピラが猛勉強して警察官になるという話が、奇天烈でまず最高 
警察になってからの話かと思ったら(インファイナルアフェアみたいに)
警官になるまでの先生と生徒の格闘が、もう笑えて最高。
ある意味、刑事になるまでがこの映画の最大の見せ場かも。
警官になってから、ちょっと話の勢いがスローダウンしてる感じ。

大人しく勉強するようなドンヒョクじゃないんで、学校から逃げ出そうとしたり、一対一の授業もきちんと受けようとしない・・・

逃げ出そうとすれば、軽い(?)体罰

画像


勉強をさぼれば、課外授業


画像


ドンヒョクを線路に手錠で縛り、問題を出す先生(爆)
制限時間は1分

「10時50分に、10キロメートル手前の駅を出た電車は何時にこの駅に着くか?」

「正解しないと胴体と手が離れ離れになります。」ひえ

ひえ〜
人間死ぬ気になれば、勉強くらい容易いものかもしれませんね。


インファイナルアフェアとマイボスマイヒーロー(韓国映画)を足して、笑い色を強めたような作品かなあ。
最近見た中では「タッチャ(いかさま師)」みたいな感じで、やくざコメディー系としては、文句無くよく出来てました。

無駄なエピソードやシーンが全然なかった。
スマートなのに、骨太って感じ。
深く考えずに、この映画のノリに乗れると、無茶楽しめます。
飄々としたドンヒョクのふてぶてしさが可愛く見えてきたらOKです。

けど、お話は泥臭いというか、土埃舞う映画です(笑)
垢抜けてない主人公達の映画ですから、その辺は覚悟して下さい

オトコ臭い映画です。
恋愛はかすりもせず、全く絡みません。

「アク」だけど「純粋」なドンヒョク
そんな彼だからこそ、何色にでも染まれる可能性があったわけで・・・
「純粋」だから「善」にもなれる。
本当に自分が欲しいものが見つかれば、そこに正直に向かっていく。
自分に正直に生きることが出来る。
新しく人生を作ることも出来る。
ベクトルの向きが変わっただけで、彼の本質は何一つ変わってはいないけど。


ドンヒョクの先生や、敵役の弁護士さんなど、周りの俳優さんがこれまた良かったんで、映画自体に厚みが出てたんだと思います。
やっぱり役者さんみんながはまってる作品は見ごたえがありますね。

公式サイト http://www.cinemart.co.jp/socrates/
☆韓国版は残念ながら、もうサイトが閉じられてます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
あの頃は周辺人、疾風怒濤の時代
265「Mr.ソクラテス」(韓国)  超&s良青年のク・ドンヒョク。ある日謎のシンジケートに突然拉致され、見知らぬ廃校に連れて行かれる。そこで強要されたもの。それは警察官採用試験に合格するための受験勉強だった。組織が派遣した先生≠ニ呼ばれる男の元、命がけの勉強をさせられるドンヒョク。そして熾烈な受験戦争を勝ち抜き見事警官に採用される。彼は交通巡査を経て凶悪犯罪担当の刑事となる。しかし、彼を刑事にしたことには、組織のある目的があった。 ...続きを見る
CINECHANの映画感想
2006/12/12 23:51

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mr.ソクラテス キム・レウォン Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる