Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS パプリカ  林原めぐみ 古谷徹

<<   作成日時 : 2006/12/16 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


夢の中を自由自在に妖精のように飛び回る夢探偵パプリカ
患者の依頼を受け、夢の中で患者が抱えている問題を見つけ、精神不安の原因を探る。
 精神不安患者の治療を目的として開発されたDCミニ。何者かによって盗難、悪用される。使い方によっては人類を破滅させるだけの威力を持つ。
夢の世界が、現実世界を凌駕し始めた。一体誰が何の目的のためにDCミニを盗んだのか?パプリカは世界を、そして自分を救えるのか?


「パプリカ」を観終わって最初に思ったこと・・・
エヴァンゲリオンの「人類補完計画」+ビバップ Session#23「ブレイン・スクラッチ」+ 甲殻機動隊の雰囲気
そこに「千と千尋・・・」的な妖怪ワールドをスパイスとして入れ込んだ感じ。

まったく原作も、内容も知らずに観ました。
ちょっと、恐る恐る観た感じです(笑)
実は、生々しくて、おどろおどろしいアニメを想像してました。
確かにそういうシーンもありましたが、目を背けたくなる程ではなかったです。

カラフルなデコレーションで目くらましにあいそうですが、登場人物が割りと少なめで、話自体はシンプルにまとめられているので、話の筋は理解し易かったと思います。
ただし、話がSFだけにとどまらず、そこに人間関係(恋愛・嫉妬・虚栄)も盛り込まれているのですが、登場人物の心理描写が患者さん以外ほとんど見られず、恋愛関係などは唐突な感じが否めません。事件の黒幕が、犯行に至った理由も分からなくはないのですが、描き方が浅くて不満が残るところではあります。
声優さんの演技が良かっただけに、残念です。

大作アニメって、結構声優さんじゃない芸能人を使ってることが多いと思うのですが、私は個人的にアニメは声優さんにやって欲しいなあ。
まあ、アニメにあんまり興味がなくても、知ってる芸能人がやってたら観にいこうかなあと思う人がいるのも現実でしょうが。


晩秋に良く似合うカラーの不思議な華やかさのある作品でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パプリカ観たかったのですが新潟では観れない。元々、筒井康隆さんの大ファン。原作はとても面白いもので
読んでてパプリカは当時、全盛!?だった藤原紀香さんを
イメ−ジしていました。アニメはどんな感じだったのでしょう? 原作は筒井さんらしくエロチックな要素もありましたが(一部でパプリカは男に都合の良い女性像だと批判もありました。)
タカシ
2007/01/03 08:05
試写会レポートで、「ちょっと目を覆いたくなるようなシーンがありました。」という女性のコメントを見たのですが、私が今まで読んだ筒井さんの小説と比べたら全然大人しめでした。私はこの作品は読んでないので、原作と比較することは出来ませんが、藤原さん・・・確かに言われてみればパプリカって感じがしますね。エロチックというよりは、人の心の醜さを増幅させた気味の悪い場面はありましたが、そこまで突っ込んだ描写はなくて、台詞で補ってるという感じがしました。

>(一部でパプリカは男に都合の良い女性像だと批判もありました。)
なるほど、確かにそうですね。
映画では、その辺は抑えられていたと思いますが。
筒井さんの本って、結構そういう話あるかも・・・
meihua
2007/01/03 12:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
パプリカ  林原めぐみ 古谷徹 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる