Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS Sad Movie  チョン・ウソン シン・ミナ 〜ある意味悲しい映画〜

<<   作成日時 : 2006/11/18 04:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

画像


映画館の劇場。
観客は私一人。
「貸し切り」でした。
初体験w(@。@)w


平日といっても金曜日の18:00。
いくら田舎でも、ありえんやろ〜。

でも、ラストまで見て思いました。
いくらチョン・ウソンが大好きな私でも、今回は正直言って「チョン・ウソンが出てなかったら、出ててもちょっとダメだった。」
という感じです。

それでもラスト20分くらいまでは感情入れて何とかついていってたのですが、
 ラストが大事な映画のはずが、ラストが一番「あれっ?」
4つのストーリーを同時進行させてまとめる。これって物凄く大変な作業だと思いますけど。
一つ、一つの「ストーリー」に説得力がなかったなあ。
物語の中に入り込めるような「厚み」が足りなかったような。
いまいち感情移入できなかった。

着ぐるみちゃん(シン・ミナ)と絵描きさんの物語。
可愛いし、切なくて、この4つの中では一番ストーリー性もあったし、
7人の小人達なんかの設定も生きてて良かったと思う。
なのに「最後の最後」が決まらないのだなあ。惜しい。ラストがどうしても物足りない。

「別れさせ屋」(チャ・テヒョン)
彼女の振り方悪くないけど、二人のラストシーンがイマイチ。
この二人が一番よく分からなかった。

姉妹とその恋に絞ってしっかり描いたら、物語に深みが出たのではないかと個人的に思いました。
その方が「ドラマ」として盛り上がって面白くなりそう。
題材も悪くなかったし。
ウソンssiには悪いけど、お姉ちゃんが一番分からなかった。
「まさに理想の女性」by ジヌssi
彼女のどこが???理想???
映画の中だけでは、私には理解できなかったわ。ごめんなさい。

これと「ユア・マイ・サンシャイン」と並べられたら、確かに迷わないなあ〜
ウソンssiの次回作、早く日本でも公開してくれないかしら。
これはとり合えず忘れよう。。。

画像


★12月公開「中天」の切ないポスターです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
チョン・ウソン
チョン・ウソンは、ストイックな役柄を演じることが多いですが、普段は温厚でユーモアのある俳優です。 ...続きを見る
韓流スター情報倶楽部
2006/11/20 14:15
サッドムービー
女でよかった!レディースディを有効に使って公開映画鑑賞中〜!! ...続きを見る
絶賛シネマ公開中!
2006/12/11 14:59
映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ ...続きを見る
茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行...
2007/01/19 01:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sad Movie  チョン・ウソン シン・ミナ 〜ある意味悲しい映画〜 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる