Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS いかさま師〜War of Flower〜 チョ・スンウ&キム・ヘス   チェ・ドンフン監督

<<   作成日時 : 2006/10/16 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

スゴイ人気でした。上映スケジュールを見たら、なんでこんなに「War of Flower」がいっぱいなの?それは宮崎アニメ以上のものがあったのではないかと・・・
韓国の旧盆に合わせて公開された映画の中では一番の興行記録だったそうで。
最初は見る気なんか全然なかったのですが、そんなに面白いのか?!と思って観てしまいました(笑)飛行機の時間に間に合うか?!(ソウル滞在の最終日)とちょっと焦りながら、それでも観てしまいました。
どうしようもなくつまらなかったら、途中で出ようと思っていたのですが・・・
結局ラストがすご〜く気になって、最後まで観てしまいました(苦笑)
個人的にそのラスト無茶気に入ってます。

田舎のちょっとワルガキくらいだったのに、花札の師匠に運命の出逢い!押しかけ弟子入り!そしてとうとう賭博師になってしまった一人の「イカサマ師」(チョ・スンウ)
その才能を独り占めしたいギャンブル場の魅惑のマダム(キム・ヘス)
組織の抗争、友情、恋 ETC・・・


家具工場で働くゴニ(チョ・スンウ)貧乏な暮らしにあきあきしていた。
そんなある日ゴニは工場の隅で花札賭博に手を出してしまう。そしてお金を騙し取られてしてしまった。それがイカサマだと知った後ゴニは、なんとか金を取り戻そうとする。
そして博打が行われていたある倉庫で、偶然伝説のタッチャ(いかさま師)であるピョン・ギョンジャンに出会う。そして失った金の5倍を儲けたら博打をやめるという約束をして、彼と一緒に本格的な博打の世界に入る。

いかさま師の道に入ったゴニは、マダムチョンに出会う。直感で互いに惹かれう二人。
お互いの利益のため、二人は組んでイカサマ賭博を行う。そしてゴニは師匠との約束を破り、マダムとの生活を選ぶ。
師匠との別れを決意したゴニ。
そして師匠は、列車の中で誰かに腕を切り落とされ殺されてしまうのだった・・・


それは、それは、ジェット・コースター・ムービーのように物語は展開します。
確かに長い!けども、連続TV小説総集編みたいな感じかなあ・・・
10小節くらいに話が区切られていて、意外とスムーズにお話に入っていけました。

18歳未満×なんですけど、18歳以上の子供さんと親子で来てたり、カップルから、おじさん、おばさん、若い女性まで!
みんな同じところで受けたり、泣いたり。
確かにヤクザ映画なんで、結構生々しいシーンも多いのですが、見終わってしばらくたつと、あー悪くなかったなあ〜と思えます。
そこには「義」があって、「友情」があって。
人間のいろんな要素が、(醜い部分も含めて)上手にエンターテーメントとして、映画の中で融合されていて、厭味さをほとんど感じさせません。

チョ・スンウ、他の作品では別になんとも思わなかったんですけど(ごめんなさい)
これで、可愛いな〜と思いました(苦笑)
この映画はホントに犯罪的カワイサだわ。

画像



とにかく「いかさま師」チョ・スンウをはじめ、出てるすべての役者さんが光ってました。
無茶苦茶なつなぎだなあ〜とか思っても、そんな気持ちはこの映画のいいところに吹き飛ばされますね。
笑わせ、泣かせ、ど迫力に魅せてくれる!不思議なヤクザ映画でした。
もう少し明るいと、青春映画に近いかもです。

マダムを演じたキム・ヘスはこの映画で改めて、その演技力が高く評価されたそうです。
体当たりと言いますか、たしかに度胸のいい姉さんて感じが演技だけでなく、スクリーンから伝わってきます。
好きなタイプの女優さんではないんですが、素直にすごいな〜と思います。
カッコいいです。


公式 サイト: http://www.tazza2006.co.kr

韓国語だけですけど、英語でメニューが書かれてます。
またこのHPもカッコいい作りなので、興味があれば是非ご覧下さい。
予告編なんかも色々バージョンがあって面白いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルにつられてやってきました(笑)
>人間のいろんな要素が、(醜い部分も含めて)上手にエンターテーメントとして、映画の中で融合されていて、厭味さをほとんど感じさせません。
それは面白そうですね。
いかさま師のいかさまは如何様と書き
本来、戦国時代、江戸時代に武家が
「そのとおり」という意味で如何様と使ったのが
その武士がはったりをかますために如何様と言う事が
多かったそうで、それが今日でも使われる
「いかさま」という意味になったそうですよ。

そんな名前の由来を気に入ってHNにした私なんで
こちらで上映があれば是非見に行きます( ^▽^)
ikasama4
2006/10/17 11:17
ikasama4さんへ
「ikasama=如何様」
そんな名前の由来があったのですね。
どうもありがとうございました!
ホントにこの映画不思議と面白かったです。

>こちらで上映があれば是非見に行きます( ^▽^)
来年くらいに「韓流シネマフェスティバル」なんかで、中央から下りて来てくれないかな〜と期待してます。また情報があったらご連絡します!
meihua
2006/10/18 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
いかさま師〜War of Flower〜 チョ・スンウ&キム・ヘス   チェ・ドンフン監督  Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる