Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 靴に恋する人魚 ビビアンスー&ダンカン・チョウ

<<   作成日時 : 2006/10/23 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

生まれつき足が不自由だった少女ドド。寝る前の両親が読んでくれる童話が一番の楽しみでした。
「人魚姫は両足とその美しい声を引き換えに、魔法使いに声をとられてしまったけど、私はどうなるのかなあ・・・」
手術のおかげで歩けるようになったのはいいけれど、いつの日か魔法使いがやってくるのではと気が気ではありませんでした。
しかし、いつしか少女は大人になり、ドドは誰よりも靴が似合う美しい娘へと成長したのでした。
彼女は靴を買うのに夢中になり、気に入った靴はすべてその場で買い集めました。靴を買うことで彼女は不満な現実から癒されていたのです。
そしてある日、待ち焦がれていた白馬の王子様と出逢いました。
ドドの王子さま・スマイリー(王維孝)が現れ、王子と姫君の幸せな生活が始まったのですが・・・

画像


最初のうちは、ドドの趣味(靴収拾)に寛容な王子様でしたが、そのうちドドのことがおかしく見え始め「なるべく我慢するように。」とやんわり靴をあまり買わないように言い聞かせました。
ある日通りのショーウインドーに飾ってあった“赤い靴”に魅せられたドドは、余所見をしたせいでマンホールに落ちせっかく手に入れた両足をなくしてしまいます。
それから会社にも行かなくなり、家にこもるようになってしまいました。
王子様は一生懸命にドドの心をノックしますが、最愛の王子様の言葉もドドには届かなくなってしまいました。
そんなある日、ドドの家にマッチ売りの少女がやってきました。

ドドは自分の「本当に大切なもの」に気づくことが出来るのでしょうか???


劉徳華(アンディ・ラウ)がプロデュースしたことでも有名なこの映画。

画像


★アンディ・ラウ

ファンタジーなのか不思議な雰囲気の映画でした。
好きか、嫌いかだったら「好き」な部類です。
童話って、残酷な元話が多いと思うのですが、そんな感じもしました。
ファンタジックで綺麗なつくりの画面とお話に、時々入り込んでくるスパイス。

「白い羊と黒い羊」両方とも、人生には不可欠なものです・・・


STORY
The story begins with Dodo bedridden as a young child. Crippled and unable to walk, she can only watch the other children playing. A miracle operation gives her the ability to walk, and also an addiction to buying more shoes than she can wear! This addiction also leads her to meet her future husband. (She uses toothbrushes to clean her shoes instead of her teeth!) After a dubious start (the dentist's treatment is painful), love blooms between them.

Dodo finds happiness with the dentist, whose name is Smiley. The only problem between them is Dodo's addiction to shoes. She even spends time with her shoes when she's asleep! Smiley asks Dodo to stop buying so many shoes that she never wears. She does as he asks, but this leads to an accident which robs her of her ability to walk again. (She looks at shoes in a shop window instead of where she's walking ... and falls down a manhole cover while dodging a car...)

Dodo loses all interest in life. Smiley and Dodo's friends do all they can to help her. Smiley soon becomes ill with worry, and can no longer work as a dentist. Fortunately, an encounter with a poor young girl selling matches brings Dodo alive again. When he sees her like that, Smiley also becomes well again. Dodo has another piece of good news for Smiley ... she's having a baby! Finally, with their daughter, Dodo and Smiley's life is complete.

This is a very lighthearted movie with many funny moments but also many emotional scenes. A beautiful modern fairytale that everyone should see!


監督:李芸嬋 ロビン・リー/LEE Yun-Chan )
Color / 35mm / 95min / 2005

http://www.ffcjp.com/kutsu/ 公式サイト(日本語版)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【2007-4】靴に恋する人魚(THE SHOE FAIRY 原題:人魚&#26421;&#2642...
本当の幸せとは、 ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2007/01/08 23:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
靴に恋する人魚 ビビアンスー&ダンカン・チョウ Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる