Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS イル・マーレ〜The Lake House〜(ハリウッド版)&時越愛 〜il mare〜(韓国版)

<<   作成日時 : 2006/09/27 22:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

今日やっと「ハリウッド版 イル・マーレ」を観てきました。
主演の二人がハリウッドで唯一好きな(笑)女優&俳優さん。
そして題材が、2001年に観て超感動した韓国映画「時超愛 il mare」
こうくると、かなり期待してしまいます・・・

どっちもそれぞれの良さがあったと思います。
韓国版で既にストーリーが分かっていたので、一体どういう話なんだと悩まずにすんだかも。

韓国版をなんの予備知識もなく見たら、最初は何が起こっているのか???ってところもあったので。

でもそれは、福岡アジア映画祭で3日続けて一日4本ずつ映画観て、遅くまで飲んで、また朝一から映画見て〜
そんな生活のラスト作品が「il mare」
そう言った訳で、最初は眠たくて集中できてなかったと(苦笑)
ストーリーが進むにつれて、眠気も覚めましたです、モチロン!

STORY
湖に建てられた美しい家。そこを引っ越すことになった女性は次の住人に手紙を残した。
「もし、私宛の手紙がきたら、次の住所に転送してください。この家での素晴らしい日々を祈って・・・」
その手紙を見て驚いたのは引っ越してきた男性。
手紙のラスト、日付が二年前。
「なんのいたずらなんだ?!」

それから、手紙を湖のポストに残していく不思議な文通生活が始まり、少しずつお互いが本当に時を越えて存在していることを驚きながら受け入れていく。

そのうち二人は強く魅かれてあっていくのだった・・・

二人は自分達を分かつ時の隔たりを乗り越えることが出来るのか?!

画像


「The Lake House」
悪くないと思いました。
韓国版と比べると、「現実の中で起きてる恋愛」って感じが強くて、題材は同じはずなのに、テイストはかなり現実的。

いらないところは削ぎ落とされていて、時間的にも、話的にも無理なところが少なくなっていた気がします。モチロン後で創られたから、そういうことも出来たんでしょうけど。

とても時を越えて恋愛をしてるようには見えなかったくらいに、二人の距離を近くに感じて、「大人のちょっと純愛・遠距離恋愛」でしたね。
ハリウッドの普通の恋愛映画を超久しぶりに観たって気がしたくらいです(笑)

それでも最後にはほろりときました。

画像


しかし・・・
モーガンはどうなったんだろう。。。
彼は必要だったのだろうか???
でも、あれこそが現実なのかもですね(苦笑)

http://wwws.warnerbros.co.jp/thelakehouse/ 日本版公式サイト
http://thelakehousemovie.warnerbros.com/ English web site


画像


「時越愛~il mare」

冒頭シーンから幻想的で詩情豊かな物語を予感させます。
こっちは本当に、観てるともどかしくなってくるくらい「時間」が隔たってます。
もう、会わせてやってくれよ〜と懇願したくなります(笑)
画像


★イ・ジョンジェ(キアヌ・リーブス役)が地下鉄駅で彼女を見送るシーン。
ハリウッドでは「小説」忘れてましたね。

韓国映画らしい、長い、長い引きです(苦笑)
でも、最初「どなたですか?」って台詞から始まってるところが憎らしいくらいに、素晴らしいです。
「ファンタジー・ピュア・ラブストリー」ですね。

画像


両方に共通しているポスト。
ハリウッド版の方が、ポストが生きてる(?)ようで、ここで何かが今起きてる!って感じが出てて面白かったなあ。
韓国版だと「ポスト、ポストだわ!」ってチョン・ジヒョンが驚きながら、可愛く教えてくれるんですけど。
あれはあれで可愛いからよし!

それから、韓国映画で相談相手は私の印象では、ほとんどが「親友」だったと思うんですが、ハリウッドでは「家族」が恋の相談にのってる。そんなところに一番目がいってしまいました。
これが文化の差なんだろうなあ・・・と思ってしまいました。

なんで今の時代に手紙?!って感じに2000年に韓国で公開された時にもイ・ヒョンスン監督訊かれたそうなんですけど・・・
「メールなんかで簡単に済ませられてる今だからこそ、手紙という人の体温が伝わるような温かいものを使いたかった。」と言ってらっしゃいました。

画像


「イル・マーレ」って題名も本当は「シ・ヲ・ニ(時越愛)」が韓国では原題で、その頃やたら英語や横文字の映画が多かったらしく、自分はそういうタイトルを付けたくなくて、韓国語で勝負したいと。

そう言ってた作品が、ハリウッドでリメイクされて監督はどんな気分なんでしょうね。

正直に言ったら、「時を越えたラブ・ファンタジー」として観れば韓国版がいいかなあ。
でも、ハリウッド版も捨てがたい。
これは両方ともいいです。

韓国版が「まだまだ発展途上系二人の恋愛」          
          だとすると・・・
ハリウッド版は「アンニュイ入った成熟系大人の恋愛」

かなあ・・・・・

ちなみにサントラだったら断然「韓国版」がオススメです!
綺麗な曲ばかりで、本当にいい音楽使ってるなあって思います。
韓国映画のサントラって当たりが多い気がします。
好みでしょうけど・・・

春夏秋冬オススメサントラ

春「春の日は過ぎ行く」

夏「イル・マーレ」
秋「リメンバー・ミー」
冬「八月のクリスマス」

★別にユ・ジテが好きな訳ではありません(苦笑)

個人的に面白いサントラは「新羅の月夜」でした。
画像


★イ・ソンジェは大好きです(笑)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
イルマーレ☆いつ、あなたに、会えますか。
今日は華仔のお誕生日だけど・・・ 観に行ってしまいました♪サービス・Dなんだモン(笑) ...続きを見る
☆お気楽♪電影生活☆
2006/09/28 08:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
韓国版の原題が「シ・ヲ・ニ(時越愛)」だとは知りませんでした。
まさしく時を超えた愛ですよね。

確かにモーガンはどうなったんでしょうね。
一番かわいそうな役どころでしたね。
悪い男ではないので、同情してしまいます。
koba
2006/09/29 00:59
kobaさん、コメントありがとうございます。

>韓国版の原題が「シ・ヲ・ニ(時越愛)」だとは知りませんでした。
私も、誰かが監督に「どうしてこの題名をつけられたのですか?」と質問されるまで気づきませんでした。この題名も「il mare」を指してると思ってました(苦笑)インターナショナル版のポスターにはハングルありませんし・・・

>まさしく時を超えた愛ですよね。
いいですよね〜。ハリウッド版は秋にぴったりの感じだなあと思います。

>悪い男ではないので、同情してしまいます。
本当に一番気の毒な役回りでしたね。
彼にも幸せになって欲しいものです。
めいほあ
2006/09/29 01:27
めいほあ 様☆
こんばんは。
初めてお邪魔いたしますm(_ _)m
私も「イルマーレ」見ました!オリジナルの韓国版が好きだったので、どういう風にリメイクされるのか、楽しみな気持ちと不安な気持ちで公開を待っていましたが。いい感じにハリウッド風になっていたので、かなり満足して劇場をあとにしました(*^_^*)
確かにモーガンは、かわいそうな役回りでしたね!最後の方までで出番あったのに、結局置いてけぼりでそのまま・・・(^^;)
マキサ
2006/09/29 20:25
マキサ様 こんばんは!
コメントありがとうございます!

>韓国版が好きだったので、どういう風にリメイクされるのか、楽しみな気持ちと不安な気持ちで公開を待っていました。

韓国版好きな人の多くが、期待と不安で待ってたことだと思います。私もその一人です。

>いい感じにハリウッド風になっていたので、かなり満足して劇場をあとにしました(*^_^*)

こちらも同じくです〜。
テイストが違ってたところが「ヨシッ!」って感じで、ラスト知ってるくせに、それでもちょっと泣けました。

みんな「モーガンかわいそう!」と思ってるみたいですね(^。^;)それだけで、モーガンも浮かばれることでしょう(合掌)
めいほあ
2006/09/29 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
イル・マーレ〜The Lake House〜(ハリウッド版)&時越愛 〜il mare〜(韓国版) Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる