Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 風の伝説〜イ・ソンジェ&パク・ソルミ〜

<<   作成日時 : 2006/08/04 02:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

文句なくイ・ソンジェ好きにはたまらない、彼出ずっぱりの「やるせなさ、艶っぽさに色気、男気、切なさ、愛らしさ」と全てを兼ね備えた一本です!
特にダンス・シーンはよくこれだけ頑張ったよなあと、心から拍手を贈りたくなりました。
エンドロールでダンス特訓のシーンが流れて、滑ったり、転んだりと凄く大変そうでした(汗)
「韓国版・Shall we Dance」って聞いてましたけど、私は日本版を実は見たことがない(稀少?)ので何ともいえませんが、確かに映画の半分、いや2/3は踊ってるんじゃないか〜
というくらいの勢いでしたね。
その踊ってる彼の「艶っぽさ」と言ったら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
近くで見たら卒倒しそうです(爆)
いや、確実に「魂を抜かれます」

ストーリーはまだ日本版が発売されてないし、もうすぐ発売になるので触りだけにしておきます。4行から後は、見終わってから読んだほうがいいかもです。。。ネタバレになってしまいました(苦笑)

STORY

「風が吹いた、そして彼は運命のパートナー「ダンス」に出会った」
詐欺事件を追い、潜入捜査をする女刑事・ソン・ヨンファ(パク・ソルミ)と、彼女の標的・ジゴロダンサーのパク・プンシク(イ・ソンジェ)
ダンスに恋をした二人の結末は???


韓国では社交ダンスをする場はもっぱら、ナイトクラブみたいなところで、高級マダムを相手にする職業ダンサーがジゴロと蔑まれているようです。(映画の中ではですよ、実際のところは知りません。。。)
それで社交ダンスをただ心から愛したプンシクも踊る場がなくて、仕方なくナイトクラブで淋しいマダムを相手に、最初は本当にただダンスで人を幸せにしてあげたいという気持ちからだったのに、最初のマダムが、彼にかなりのご執心になったせいで。
彼女から離れるためについたその場しのぎの嘘が・・・
「実は家業が上手くいってなくて・・・」
ところが次の日、彼女がお金を彼に渡してくれたもんだから・・・
そこから彼の生活は一変してしまうんですね。。。
決してお金目当てではなかったのに・・・

彼はその後、ダンスの上手い女詐欺師に騙されて、彼女のお兄さんから暴行を受けて病院に入院するんですけど、そこでヨンファ刑事と出逢います。仕組まれた出会いなんですけどね。
彼は、彼女にダンスを教えます。そしてヨンファもだんだんとダンスの虜に・・・
それと同時に彼から自白をとろうと、彼の人生を聞き出そうとするヨンファに、プンシクはダンスとの出逢いから、外国で5年も修行してきた話、妻から離婚された話等等を語って聞かせます。どう聞いても、彼はジゴロだ!そう思った瞬間、ヨンファは心を掴まれかけてた「ダンス」と共にプンシクを軽蔑します。そして彼の捜査から外して欲しいと願い出ます。

しかし、彼の悪友マンス(こちらは正真正銘のジゴロ)を逮捕して、プンシクが彼を騙した女性に会いに行ってると聞き、彼を止めたくて仕方ない衝動に駆られます。
車を飛ばしてクラブに急ぐヨンファ。
「無茶しないで・・・」彼に会いたくて、彼と躍りたくてたまらないヨンファ。
さてさて二人の運命のダンスは???


最初の一時間二十分、ほとんどパク・ソルミは出てきません(苦笑)
まさにイ・ソンジェの一人舞台(別な意味でも)です。
彼の過去が延々と語り続けられていくんですけどね。
コメ-ディーぽい要素もあって、笑えたりもします。
いや本人が真剣なんで、笑ってはいけないんでしょうが。。。
人が真剣に頑張ってる傍から見たらおかしな光景って、微笑ましいけど、どうしても笑いを誘います。
生真面目に工事現場のお兄ちゃんと踊るイ・ソンジェ相当いい感じです。

この映画も韓国映画のご多分にもれず、かなり長めです(笑)
後半ちょっと疲れてきますが、ラストシーンいいです。
ここでまた盛り返します!
そして綺麗にしめてくれます。
ヨンファがプンシクのことを心から理解して、彼について語るダンスシーン秀逸です。
でもって、最後の台詞が私は大好きです。
その一行で、この映画の全てが伝わってきます。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風の伝説〜イ・ソンジェ&パク・ソルミ〜 Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる