Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS You are my sunshine・ユア・マイ・サンシャイン(君は僕の運命) チョン・ドヨン

<<   作成日時 : 2006/08/18 17:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

実話をもとに作られた、人をどこまでも純粋に想う素朴で暖かな男性と、不幸の中で生き続けてきた女性が、真実の愛に辿りつくまでの「ヒューマン・ラブストーリー」


酒におぼれては暴力を振るう男(多分旦那)から逃げ回る生活を送っていたウナは、のどかな田舎町の喫茶店(普通のカフェではないですね)で働き始めた。その村で牧畜を営みながら静かに暮らす中年男性・ソクチュンは彼女に一目ぼれ。
恥じらいながらも、熱烈なアプローチを開始した。
最初はまったく相手にされなかった彼だが、嘘のない彼の素朴な優しさに次第に心を開いていくウナ。
そして二人はとうとう結婚することに!
だが、その幸せは長くは続かなかったのだ。

実はHIVに冒されていたウナ。そんな彼女を妻として迎え、何があっても愛し抜き、守り、共に生きていくと決めた純粋な男。

しかし周りはそんな二人を引き裂こうと必死になる。
愛する夫の為身を引こうと決意するウナ。
いなくなったウナを命がけで探そうとするソクチュン。

彼女はまだ自分がエイズだとは知らずにいた・・・

そしてある花街で彼女は警察に逮捕される。
それを知ったソクチュンは大慌てで、彼女に会いに行くが彼女は彼の将来を考えて、一向に会おうとしない。
彼の家族からも、もう会わないでくれと・・・・

しかし、彼は一途に彼女を愛しぬく。
全ての人・世間体を振り払い、彼女に会いに行く。

裁判の結果は有罪。

刑務所でもHIVということで好奇の目で見られ続けた彼女。

そして出所の日・・・
ソクチュンは待っていた。
雪の中、トラクターで二人はのどかな、あの農村へと帰っていく。
笑顔で・・・


凄くいい映画だと思います。
「頭の中の消しゴム」で大感動したかたにはオススメです。
それよりも遥かに現実的で、悲しくなります。


個別のシーン・シーンで見ても、やっぱり役者さん達、凄いなあという見所満載です。

私が一番好きなシーンは、ウナが何をしていたかを知って、口もきいてくれなくなった姑(つまりソクチュンの母)が、刑務所にの兄に連れられてウナに「絶縁願い」に行くんですけど、ずっとお兄さんが文句言ってて、ひどいこと言ってて。そんな中でお母さんがウナに優しい言葉をかけたか(?)からだの心配をするんですね。一度は家族になった嫁。しかも優しかった、美しく自慢だった嫁。このシーンはやられました。

あとはソクチュンが医者からウナがHIVに感染してると告げられて、自分も検査に行くように言われるんですが。検査結果を誰にも言おうともしないし、その病気のことを知ろうともしない。
感染してるのかしてないのか分からないまま、ストーリーはTHE ENDなんですけど。
(なんとなく予測はつきますが・・)
医者とのやりとりの表情が、なんとも言えなくいいです。

でもって、さすが韓国やるなあと思ったシーンは「面会室」でウナと対面した時に、ソクチュンがウナの方に行こうとするんです。壁というか、ガラスをよじ登ろうとして・・・勿論警官達に取り押さえられましたけど。愛の深さを見せ付けるシーンですね。



韓国で実際に起きた奇跡のような純愛を映画化した本作は、ネットユーザーが選ぶ、2005年の<最高の映画賞>を獲得したのを始め、観客が選ぶ数々の 映画賞で受賞し国民的支持を得た、この秋絶対に見逃せない韓国史上最高の感涙ラブストーリー。だそうです。
・ネットユーザーが選ぶ2005年最高の映画賞 (チョン・ドヨン、ファン・ジョンミン受賞)
・青龍映画賞7部門ノミネート / 監督賞 / 主演男優賞 / ベストカップル賞受賞
・大韓民国映画大賞 主演男優賞 / 主演女優賞受賞
・韓国映画評論家賞 主演女優賞受賞
・大鐘賞 女優主演賞受賞


これがまさしく「純愛」なんでしょうね。

公式サイト : http://www.sunshine-movie.jp/

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
一度きりの人生なのだから・・・。

いずれは誰もが死ぬ運命・・・。

つまらない上辺だけの愛し方なんかより・・・。

本当に一生を共に出来る貴方となら・・・。

たとえエイズだろうと・・・。

君を絶対に守り抜く・・・。

贅沢はさせれずとも、片時も君を離さない!

小さな、とても小さな幸せ見つけた☆彡

by めらんじぇ

すんごくよかったですよ〜!!
僕も全く同じに思った。純粋に愛し抜く。
男なら全力で守り抜く。
チョン・ドヨン、やってくれますね〜この演技はさぞかし大変だったと思います。
胸が締め付けられてきます。
{面会室}たまりませんでしたよ。ここ最近の韓国映画はラストにたまらないシーンを持ってきますね。
デイジーとは比べられませんが、都会の香りを上品に描いたわたけしより、田舎の匂いのする素朴な本作品が一枚も二枚も上のような気がします。
薦めてくれた、めいほあさんにまたまたシェイシェイ!

p.s ファン・ジョンミン、何となく渡辺徹に見えてしょうがない。(爆笑)
同じく、チョン・ドヨンは牧瀬里穂?イ・ジョンヒョン?
めらんじぇ
2006/08/28 03:21
>すんごくよかったですよ〜!!
それは何よりです。本当に土の匂いのする、華やかさのカケラもない映画でしたけど、それがいい味出してくれてます。
そうなんですねえ、やっぱりデイジーより受けるのですね?!
では私にススメテくれたJAMESに感謝です(笑)
今このDVDは英国にあります(苦笑)
彼も二回観た、凄く感動したと言ってました。

めいほあ
2006/08/28 17:44
>デイジーとは比べられませんが・・・
作品の意味合いが全く異なっているので比べられないかと。
わたけしよりはいいんですけど、
作品的には僕もデイジーのが好きですよ。
映像美と逆にあり得ないだろう話、それと音楽が良かった。
実話で泣かせてくれる、【君は僕の運命】
娯楽の映画ならではの泣かせな、【デイジー】
と、コメントを追加させていただきました。
めらんじぇ
2006/08/29 01:44
めらんじぇさんへ
わざわざ追伸どうもありがとうございます。
>映像美と逆にあり得ないだろう話、それと音楽が良かった。
あり得ないですよねえ、あんな話。
でも「君は僕の運命」これが実話って方があり得なさ度、私の中で上回ってます。凄いですもの、あの男の人。いいですよねえ、あんなに一途に想えるなんて。本当にいい映画というより、いいお話です。
悲しいけどHAPPYな気持ちにさせてくれます。
ラストシーンが素晴らしいです。
めいほあ
2006/08/29 01:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
You are my sunshine・ユア・マイ・サンシャイン(君は僕の運命) チョン・ドヨン  Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる