Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「デュエリスト 」注)感動した人は読まない方が。「Duelist」 a Korean movie

<<   作成日時 : 2006/05/02 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

画像


日本の予告編って、やっぱり凄い。

ということを教えられた一本でした。
ある意味、久しぶり「花嫁はギャングスター?」題名忘れたけど、その映画を韓国で見て以来の、三流とまではいかないけど、いい言い方すれば面白い香港B級映画(私はジョウ・シンチーのロボット人間「機器人」が一番好きです(笑))って感じ(笑)
もういっこ分かりやすく言えば、暇な時に何となく見る香港武侠ドラマかな。

カン・ドンウォン目当てであろう年配のご婦人で、結構劇場は混んでましたが、でもって泣いてらっしゃる方もいらして、泣きどころが理解できないわけじゃないけど、ほんと超久しぶりに途中で帰りたくなる(笑)映画に出会いました。

出だしから長い、長すぎ。韓国映画はなんでもシーン結構引っ張るけど…

唯一救われたのは、ラスト雪の中、幻想で二人が剣を交えつつ、心を重ねてたシーンかな。
あのシーンはきれいだった。
でもやっぱり長かった。

うーむ、もし感動してこの文章読んだ人いたらごめんなさい。感じ方は人それぞれですから。

けど、最近洗練された韓国映画を多く見てたので、余計にちょっと泥くさく感じたのかもしれません。こういうのもやっぱりあっていいと思います。あった方がいいのかもしれないな。人の好みは「十人十色」だし。私は「情け容赦なし」の方が好きでしたが・・・
いやー、でもカン・ドンウオン目当てで行っても、ほとんど彼の顔は仮面や髪の毛、何かで隠されてて、少しがっかりされるかもです。けど、確かに目は良かったですね。人生を諦めてるのか、表情が動かない。それを動かしたのが敵であるミンス刑事。
「四月の雪」でヨン様スマイルが見れなくて残念だったと思われる方は、多分似たような感じかな。「甘い人生」でもビョン様の笑顔がなくて・・・と無念だったと思われた方は・・・カン・ドンヲンもほとんど笑いませんので、気をつけて下さい。
「オオカミの誘惑」の彼が私は好きでした。

8月くらいに韓国に映画見に行ってきます。
でも、4年ぶりくらいかな?
その時にまたいいのがあったらいいなあ・・・
楽しみです(^。^)
韓国の映画館って、面白いところだと皆で遠慮なく大声で笑うんで、スカッとするし、楽しいです。是非韓国に行かれたら、映画館にも試しに行かれてみてください。
私は「ガン&トークス」をミョンドンで見た時、大人料金を自分から払おうとしたら、「ハクセン(学生ってこれで合ってます?)ハクセン」と親切なおじいさんに言われて、つい流されて学生料金で見てしまいました(苦笑)
もう、さすがに無理でしょうね(笑)

追記:前売りのおまけのDVDを今日になって見たんですが・・・
主役の2人に「どのシーンを一番見て欲しいですか?」って質問があって、
それに対して二人が二人して「ラストシーンです。」(苦笑)
やっぱりそこしか見せ場なかったんだ・・・ 5/2


story ”Duelist”

Once Upon a time, here is the Korean dynasty.
Recently Fake coins have started to circulate more and more.
the dynasty police started investigation.
A woman who is also detective ,she is so masculine but so cute.
She met a man who is a key person,pull the strings.
He has very sorrowful eyes ,she came to love him someday.
But he is enemy for her,it is impossible to love each other.
He is a orphans and he is working for a high ranking officer who found him.
But he also came to love her ,after than he finaly choiced her and he betrayed his master.He gave her the evidences about making fake coins.
Althgouh he was also killed by the dynasty police.
She say "I have to say to you"in the snow.
She is dreaming ,in that dream she is fihting with him and feeling love each other.
It is snowing・・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
今回の映画〜【デュエリスト〜(刑事Duelist)】〜
「「デュエリスト 」注)感動した人は読まない方が。「Duelist」 a Korean movie」について テレビスポットで気になっていた韓国映画【デュエリスト〜(刑事Duelist)】 観ました。詳しいレビューはめらんじぇのシネマストリートにて。 http://googoo777.blog19.fc2.com/ ...続きを見る
めらんじぇのうら夢ストリート
2006/05/04 06:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
Let me help again!
James
2006/05/03 23:17
Once upon a time in the Korean dynasty... Recently, counterfeit coins have been circulating more and more so the dynasty police begin an investigation. A female detective who is masculine but also cute meets a man who is a key person in the dynasty - he's accustomed to pulling the strings. He has very sorrowful eyes and she comes to love him. But he is her enemy and it is impossible for them to love each other.
James
2006/05/03 23:22
He is an orphan and works for the high ranking officer who found him when he was a child. He also comes to love the detective, and finally chooses her and betrays his master. He gives her evidence about the making of counterfeit coins, though he is killed by the dynasty police. She says "I have to say to you..." as he lays dying in the snow. She is dreaming - in the dream she is fighting with him but they feel love for each other. It is snowing...
James
2006/05/03 23:27
Seems like a sad movie! "Counterfeit" is a good word. It means the same as "fake". It can be used to describe fake coins, fake bank notes, fake documents (like passports) and CDs and DVDs. It is both a noun and a verb. "A counterfeit passport." "To counterfeit a passport." "An expert in counterfeiting."
James
2006/05/03 23:29
There are many words in English which are both nouns and verbs. It must be very hard for you to learn! There is nothing like this in 日本語ね? In English "to go golfing" - in 日本語 "ゴルフをする". むずかし。。。 だいじょうぶよ! It confuses English-speaking people, too!
James
2006/05/03 23:33
Did I write ゴルフ correctly? ちがうだともう。。。
James
2006/05/03 23:34
Hi James!
you are almost right!"ゴルフをする". da yo.
「ゴルフにいく」is correct.
I read your comment ,thank you very much for your helping.
meihua
2006/05/04 01:42
初めまして!
突然いきなりの書き込み失礼いたします。
めいほあさんの記事をたまたま読ませていただき、
僕も【デュエリスト】観て、殆ど同じ感想でしたので、(笑)
失礼とは思いましたがトラバさせていただきました。
【デイジー】も気になって入るんですが・・・。(^。^)

めらんじぇ
2006/05/04 07:31
日本の予告編は首を傾げたくなるような、商業的押し出しすぎ!
めいほあさんは【連理の枝】もご覧になっていますが、
本国と日本の予告の違いにがっかりです。
日本の宣伝ばかりでセンスのないHPに比べ、
とても可愛く素敵なセンスのあるHPになっています。
予告編は一つの作品(あのままミュージッククリップになりそう)
になってます。
フラッシュ多用で読み込みが多いですが、とても楽しめる内容です。
もう、ご覧になっているかもしれませんが、まだでしたら二つを見比べてみて下さい。

長々と失礼しました。

韓国HP http://www.thelovetree.co.kr/
日本HP http://renri-no-eda.com/
めらんじぇ
2006/05/04 07:45
めらんじぇ様へ
コメント有難うございました。
「連理の枝」はまだ見比べてなかったんで、見てみたいです。
韓国ってやっぱり日本より進んでるなあって、10年前位から実感してましたが、こういうところに歴然と現れますねえ・・・
日本は「SAYURI」もそうですが、海外とはポスターから違います。日本の「しおらしく顔伏せた着物姿のジャン・ツイイー」ですが、マレーシアで見たのは「漆黒の髪を振り乱し、蒼い目に真紅のルージュでキッとこっちを睨み付けてる。」こっちの方が全然映画の内容にあってるなあと思いました。日本は気をつけないけません。商売でしょうが、サギに近いぞ(苦笑)

「連理の枝」より「おおかみの誘惑」ですね。
meihua
2006/05/04 11:09
はっきり言って日本はサギです。(笑)
何だか過去の犯してきた日本が浮き彫りの様な・・・
以前の韓国は日本の足下にも及ばなかったのに、
気がついてみれば全く逆転してますね。
ひょっとしたら、岩井俊二監督の【Love Letter】(大好き!)
「お元気ですかぁ〜!!」が変えてしまったのかも?
あれに影響された韓国の方相当いますからね。(笑)
【八月のクリスマス】を逆に日本でリメークするなんて考えられません。
もっと日本頑張って欲しいなぁ。邦画ももっと!

では、お身体にはくれぐれもお気をつけて!
帰国しましたら是非、おみやげ話、映画トークに花を咲かせましょう。
めらんじぇ
2006/05/05 09:16
めらんじぇ様へ
>【八月のクリスマス】を逆に日本でリメークするなんて考えられません。
えーっと(苦笑)まったく同じ事を思いました。ありえんし・・と。見てないのでコメントはあまりしてはいけないのでしょうが、リメークしてる時点でアウトです。「僕のおじさん」観られたことありますか?邦画ですが、オススメです。
「ラスト・プレゼント」もだったし。昔は日本のパクッテたと言われてたのにですね、反対になってきたんですかね?まあ、韓国は国をあげて法律まであって自国の映画守ってますけど、(今はどうなってるかな?)一時はその法律が崩れそうになって、ハンソッキュらがデモしてた記憶が・・・それだけ、自国の映画に誇りを持ってる国なので、これからももっといい映画作って欲しいです。
しかし、韓流のお陰で昔なら絶対入ってこなかったどうでもいい映画までが、流れ込んできていて、田舎では中国映画が減ったんでそれが悲しいです(泣)

でも、昔は良質の映画でも入ってくるの難しかったからよしとするか・・・
映画祭位でしか見れなかったのに、凄い時代の変化だあ。。。

meihua
2006/05/05 12:16
それでは明日から留守にしますが、帰国したらまた遊びに行きます。
映画トークは最近は遠ざかってたんで、これを機会にまたお話できる方が出来て嬉しいですので、これからというか、また帰ってきたら話に花を咲かせましょう。

追伸:「お元気ですかぁ〜!!」を知らない韓国人に会ったことは本当にまだありません。政府観光局のえらいさんも、まだ20歳の女子大生も、反対に日本の女子大生が、この映画の存在自体知らなかったのに驚愕でした(笑)


meihua
2006/05/05 12:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
「デュエリスト 」注)感動した人は読まない方が。「Duelist」 a Korean movie Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる