Meihua's English Diary

アクセスカウンタ

zoom RSS 「長恨歌」鄭秀文(サミー・チェン)、梁家輝 (トニー・レオン)

<<   作成日時 : 2006/04/15 19:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3


ある撮影現場・・・
高校生のサミーが親友の女子高生に連れられてきた。そこで偶然出逢った女性アイドルを撮り続けているカメラマンのトニーレオン。
彼女に一目で惹かれてしまったトニーは彼女をモデルにスカウト。
よくある話で、実は親友の方がスターになりたかったから、サミーは辞退し続けた。
けど、サミーの母親に連れられて仕方なく・・・
そこから彼女の人生が変わっていく。
ミスコンに出る羽目になって、そこで当時の軍隊のお偉いさんに見初められ。
時は1948年の上海。歴史が大きく唸る時代に、まずサミーはその李主任を失い・・・
それから、また次に愛した男性には死なれ、
文化大革命で下放していたトニーが連れて帰った若い男の子を誘惑したんだが・・・
このこが闇市でいっぱい喰わされて、警察に終われる羽目に。
でもって、サミーに助けを求めに来るんだけど・・・
そんなサミーの恋愛遍歴を最後まで暗々とただ見てるだけのトニー。


楽しみにしてたのになあ・・・
これってサミーが「私は綺麗よ」って映画なんかい!
それともトニーの「たまゆらの女より」情けない男ぶりに唸るもの?
激動の新時代を迎える中国には、それぞれの新しい生活が・・・
っていうんだけどさ。
何が主題だったんかいまいちよく理解できなかった。
確かにサミーはこれまで多かったであろう、はねっかえりというか、
お茶目な役とはがらりと違って、本当に綺麗だった。
でもねえ、これはそれ以外に何を観ればいいのか本当によー分からんかった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
梁家輝は、レオン・カーフェイでは・・・?
トニー・レオンは梁朝偉と書きますよ〜!
ぴろこ
2007/02/24 13:02
ぴろこさん ご指摘有難うございます。
今は大抵そうなんですよね。
うっかりしとりました。
昔、家輝が朝偉よりも有名だったころは、こっちがトニーレオンで通ってた記憶が、そして最初にインプットした名前でつい^^;最近はすっかりレオン・カーフェイですね、確かに。

ご参考までに。
梁朝偉 (Tony Leung Chiuwai, トニー・レオン)
梁家輝 (Tony Leung Ka-fai, レオン・カーフェイ)
めいほあ
2007/02/25 08:26
いえいえ、私もたまたまこちらのブログを見つけて「あらっ?」と思って・・・(笑)
私もレオン・カーフェイの存在を知ったのは、つい昨年のことなので、偉そうなことは言えないですぅ・・・
ぴろこ
2007/02/27 13:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
「長恨歌」鄭秀文(サミー・チェン)、梁家輝 (トニー・レオン) Meihua's English Diary/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる